「別の意味で縁結びの力がすごい(笑)」1つの神社に3人の指名手配犯が集結!?/サンデー10号『名探偵コナン』

マンガ

公開日:2021/2/9

週刊少年サンデー
『週刊少年サンデー』10号(小学館)

※この記事は最新号の内容を含みます。

 2021年2月3日(水)発売の『週刊少年サンデー』10号では、『名探偵コナン』新シリーズ第2話を掲載。ネット上では「別の意味で縁結びの力がすごい(笑)」などと、事件の舞台である“杯戸神社”に注目が集まっている。

advertisement

 “縁結びの神社”として有名な杯戸神社で起きた殺人事件。被害者は警察官の氷高創志で、境内にて見当たり捜査(指名手配犯の顔を記憶し、見つけ出して逮捕する捜査のこと)をおこなっている最中に何者かに殺害されてしまったようだ。

 今回の事件について、浮かび上がった容疑者は全部で3名。氷高が追っていた指名手配犯という理由から、万引き常習犯・社本鶴美、無免許&ひき逃げ犯・川野寅彦、結婚詐欺師・神内恭麻の3人の名前が挙がった。

 そもそも1つの神社に指名手配犯が3人も集結しているのも凄いことだが、驚くのはまだ早い。じつは3人は互いに被疑者・被害者関係にあり、たとえば寅彦がひき逃げした人物は鶴美の恋人。その恋人を養おうと彼女は恭麻の財布を盗み、恭麻は恭麻で寅彦の妹を詐欺のカモにしていたのだ。

 これには毛利蘭や遠山和葉も「さ、三竦みや…」「ジャンケンみたいな話だね」と思わず目が点。一方読者たちは杯戸神社の“縁結びの力”に注目したようで、ネット上には「縁結びが有名ってそういうこと!?」「偶々居合わせた指名手配犯たちがそれぞれ被疑者・被害者の関係って奇跡に近い話だよね(笑)」「杯戸神社の力恐るべし…」といった様々な反響が。

 果たしてこの3名のうち、犯人はいったい誰なのだろうか。

名探偵コナン
『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

この記事で紹介した書籍ほか

名探偵コナン (98) (少年サンデーコミックス)

著:
出版社:
小学館
発売日:
ISBN:
9784098500598