「まさに相手の意表を突いた戦術…」欠陥科学忍具を逆手にとったボルトたちの逆転劇/アニメ『BORUTO』第186話

アニメ

公開日:2021/2/20

BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』13巻(原作・監修:岸本斉史、漫画:池本幹雄、脚本:小太刀右京/集英社)

 2021年2月14日(日)に放送されたアニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』第186話。科学忍具を巧みに使ったボルトたちの戦術に対し、視聴者から「そう来たか!」「まさに相手の意表を突いた戦術…」といった反響が相次いだ。

 霧隠れの元忍・青(アオ)とボルトたちの戦いが描かれた今回のエピソード。第七班は見事な連携技で攻撃を仕掛けていくものの、科学忍具を巧みに使う青を倒すのは決して容易ではない。一瞬の隙をついたボルトが奇襲をかけるが、青に先手を打たれて攻撃をふせがれてしまった。

advertisement

 しかもその際に剣型のチャクラ刀をうっかり落とし、切り札であった武器が青の手中へ渡ることに。もはや絶体絶命のピンチかに思われたが、ここで形勢が一気に逆転する。

 じつはボルトが落とした剣は、“チャクラの消耗量が激しい”という問題を抱える試作段階の科学忍具。そうとは知らず刀を握った青は否応なくチャクラを消費され、動きが鈍ったところでボルトの螺旋丸を食らってしまうのだった――。

 ボルトたちの意表を突いた戦術には、ネット上も「あの欠陥レーザーソードがここで生きてくるとは…!」「見事に科学忍具を逆手にとったね」「これは完全にボルトたちが1枚上手だったな」「今週のバトルシーン、めちゃくちゃ見ごたえあった」などのコメントが続出。

 かつては科学忍具を嫌い、青から“どんなものも使い方次第だ”と教わっていたボルトだが…。皮肉にもここで青の教えが役に立ったようだ。

アニメ『BORUTO -ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』
放送日時:毎週日曜 17:30~
放送局:テレビ東京系
原作:岸本斉史
出演:三瓶由布子、菊池こころ、木島隆一 ほか
公式サイト:https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/

この記事で紹介した書籍ほか

BORUTO―ボルト― 13 ―NARUTO NEXT GENERATIONS― (ジャンプコミックス)

著:
出版社:
集英社
発売日:
ISBN:
9784088825373