kobo Touchがついに発売。Kindleも上陸間近!! 電子ブックリーダー いまが買い!?

ピックアップ

2012/8/6

 2010年から毎年のように電子書籍元年と言われながら、なかなか身近にならない電子書籍。しかし、楽天の子会社であるKobo Inc.が日本での電子書籍サービスを7月19日にスタートさせ、アマゾンのKindleも近日中に日本上陸。いよいよ本格的な幕開けがやってきそうだ。最新サービスとハードをチェックしてみよう!

取材・文=まつもとあつし 

電子ブックリーダー 3大勢力を把握する

電子書籍はいろいろなハードで読むことができる。利用シーンや好みに応じて使い分けることも可能だ。

軽くて読みやすい・本好き向き! <電子ペーパー搭載型>
 

 

kobo Touch
楽天が買収したカナダKobo社が展開するリーダー。世界標準フォーマットEPUB3を採用し、英語はもちろん日本語にも対応する。7980円という手頃な価格や、楽天スーパーポイントが書籍購入の際使えることも魅力だ。マイクロSDカードに対応し、PDFなども表示できる。

kobo Touch●楽天〈kobo〉 7980円〜 幅114㎜/高さ165㎜/厚さ10㎜/重さ185g

⇒さらに詳しい情報はこちら


 

kindle Touch
アマゾンが2007年から手がけるリーダー。外出先でも通信費無料で本を購入したり、読書情報(どこまで本を読んだかといった情報)が他の端末とも同期できる機能を備える。日本からも3G回線に対応したモデルがすでに購入可能だ。ストアは近日オープン予定。

Kindle Touch●アマゾン 99〜189ドル 幅120㎜/高さ172㎜/厚さ10.1㎜/重さ213g(+3G版は220g)

紙の本に最も近い!!
アマゾンのKindle Touchや楽天kobo Touch、ソニーの“Reader”が採用するのが、電子ペーパー(E Ink)だ。実際に手に取ると分かるが、文字が紙に印刷されているかのように表示され、とても読みやすい。重さも200g前後と文庫本一冊くらいで、ハンドバッグにも難なく収まる。

読書家を自任するあなたに
電子ペーパー搭載で通信機能も備えているものもあるが、描画速度は劣るためTwitterやLINEなどを楽しむのには無理がある。ネットサービスはスマホで利用し、電子書籍は紙の本と同じ感覚でじっくり読みたいという「本好き」にうってつけなのがこのタイプだ。

カラー大画面で雑誌やマンガも! <汎用型タブレット>
 

 

iPad
2010年にAppleが発表して以来、汎用型タブレットの代名詞的存在。最新型が採用するRetinaディスプレイは、印刷物と同等以上の精細さを備える。電子ブックサービスiBooksは日本語書籍をほとんど扱っていないので、別途ストアアプリをインストールする必要がある。

iPad●Apple 4万2800円〜 幅185.7㎜/高さ241.2㎜/厚さ9.4㎜/重さ652g


 

GALAPAGOS A01SH
シャープが展開する電子書籍サービス向けハードウェア。片手でも持てる7インチディスプレイとGoogleのOS「Android」を採用し、様々なアプリをインストールして使うことができる。GALAPAGOSストアでは、新聞や雑誌の購読(自動更新)にも対応している。

GALAPAGOS A01SH●シャープ オープン価格 幅195㎜/高さ122㎜/厚さ11.9〜12.6㎜/重さ389g

万能型の優等生◎
7〜9インチ以上の高精細カラー画面を備えるタブレット端末は、電子書籍はもちろん、マンガや雑誌も快適に読める。電子ペーパー端末に比べると2〜3倍の重さがあり、屋外では画面の反射もあるが、ネットサービスとの親和性は高く汎用性は随一。

何でも1台で済ませたいあなたへ
重たい代わりにスマホの数倍バッテリーが持つ汎用タブレットは、読書だけでなく、ネットを見たり、キーボードをつなげばノートパソコン代わりになったりとまさに万能選手。1台カバンにいれておけば、情報入手も発信も行えるのはタブレットならでは。

アプリで電子書籍リーダーに! <スマートフォン>
 

 

iPhone
スマホの代名詞的存在でデザインや使い勝手に一日の長あり。電子書店はじめ対応アプリも豊富。最新モデル(4S)ではiPad同様Retinaディスプレイを備える。

iPhone 4S●Apple オープン価格 幅58.6㎜/高さ115.2㎜/厚さ9.3㎜/重さ140g


 

Android携帯 GALAXY S Ⅲ
「Android」を搭載。電子書籍の購入手続きにキャリア決済が使えるなど、iPhoneよりも柔軟な仕組みを備える。画面サイズが大きいものや、ペン入力が可能な機種も。

GALAXY S Ⅲ●サムスン オープン価格 幅137mm/高さ71mm/厚さ9.0〜9.4mm/重さ139g

すぐにはじめられる!
急速に進むスマホシフト。いわゆるガラケーから乗り換えた人も多いはずだ。スマホなら好みの電子書籍アプリをインストールすれば、様々な作品を楽しむことができる。スマホはもっとも身近な電子書籍リーダーなのだ。

手軽に体験したい人へ
「電子書籍と言われてもなんだか難しそう」という人もまだまだ多いはず。けれどもアプリを追加するだけで、スマホは電子書籍リーダーに早変わりする。画面は小さいけれど、まず手軽に体験するにはうってつけだ。

STEP2ではメジャーな電子書店4サイトを紹介!