「やっぱりこの姿の方が落ち着くな…」覚醒前の姿に戻ったキングに視聴者歓喜/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第11話

アニメ

公開日:2021/3/30

七つの大罪 憤怒の審判
(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年3月24日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第11話。覚醒していたキングが元の姿に戻り、視聴者からは「やっぱりこの姿の方が落ち着くな…」といった反響が相次いだ。

 キングといえばもともと少年のような姿をしていた妖精王。最近“イケメン妖精王”へと進化したばかりで、見た目も強さも格段にレベルアップしていた。

advertisement

 前話ではメリオダスの魔神王化を阻止するために、「七つの大罪」の団員・マーリンが禁呪「時の棺(クロノ・コフィン)」を発動。これによって聖戦にも終止符が打たれたかのように思われたが、マーリンたちの前にはメリオダスの体を借りた魔神王が姿を現す。

 魔神王は「我が欲したのは若く強い新たな肉体そのものよ」と真相を告白。つまり彼はそもそもメリオダスに魔神王の座を譲るつもりはなく、メリオダスの体を自分の新たな“依り代”にすることが目的だったらしい。

 「七つの大罪」の団員たちは魔神王を倒すべく再び戦いを始めるも、すでに全員満身創痍の状態。ついにはキングが、「まずいな 連戦でもう魔力が限界だ」と“魔力切れ”を起こしてしまう…。

 魔力が切れた彼は覚醒前の姿へと戻り、久しぶりにかわいらしい少年姿を披露。この姿に対して、ネット上には「戦況的にはピンチだけど、久々にキングの元の姿を見れてうれしい!」「少年姿のキングは相変わらずキュートだね」などの声が上がった。

 とはいえ、魔神王との戦いは苦戦中。キングは再び覚醒することができるのだろうか。

アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』
放送時間:毎週水曜17:55~(テレビ東京系)/その他放送各局による
原作:鈴木央
監督:西澤晋
出演:梶裕貴、雨宮天、久野美咲、悠木碧、鈴木達央 ほか
公式サイト:https://7-taizai.net/

この記事で紹介した書籍ほか

七つの大罪(1) (講談社コミックス)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784063848021