真夏にぴったり!“怖い”世界に足を踏み入れるための10冊

文芸・カルチャー

2012/8/11

 小野不由美という作家をご存知だろうか。『魔性の子』『屍鬼』『ゴーストハント』、そして7月に2冊同時発売された『鬼談百景』『残穢(ざんえ)』──。わたしたちに恐怖することの愉悦を教えてくれる作品を数多く輩出している彼女を、ダ・ヴィンチ9月号で大特集。小野さんがこよなく愛する怪談&ホラー名作をコメントつきで紹介している... 続きを読む