【最新話レポ】「こんな怖い環奈ちゃん初めて見た」広瀬すずの親友・橋本環奈に隠されていた衝撃的事実に視聴者騒然!/ドラマ『ネメシス』第8話

エンタメ

公開日:2021/6/6

ネメシス
『ネメシス』6巻(著:青崎有吾、松澤くれは/講談社)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年5月30日(日)に放送されたドラマ『ネメシス』第8話。四葉朋美(橋本環奈)の驚くべき“正体”が判明し、「こんな怖い環奈ちゃん初めて見た!」と視聴者を震え上がらせたようだ。

advertisement

 今回のエピソードでは、栗田一秋(江口洋介)と風真尚希(櫻井翔)が長年追い続けていた“菅研究所(カンケン)”にまつわる事件が急展開を迎えることに。前話で美神アンナ(広瀬すず)が世界初の“ゲノム編集ベイビー”だと判明しており、事件に関する辛い真実を知ったアンナは「探偵事務所ネメシス」を飛び出してしまう。

 アンナは親友の朋美とともに水族館へ身を潜めたものの、朋美に真実を伝えられるはずもない。すると朋美の態度が一変。急に笑い声を上げたかと思うと、「天才的な閃き力にインドの古武術をマスターして格闘技もでき、冬の日本に来ても風邪はひかない。おまけに顔も可愛い。それだけ完璧にいろいろ揃ってるのに何が不満なんですか」と冷たく言い放つ。

 困惑するアンナに対し、朋美は「それだけパーフェクトな体と頭脳を持って生まれてきたのに何ぐだぐだ言ってるんですか? ねぇ!」と語気を強めるばかり。そんな朋美が明かしたのは、“菅朋美”という本名。なんとカンケンを立ち上げた菅容子(今村美乃)の娘だったのだ。

 朋美の豹変ぶりに、ネット上は「目の前でこんな態度取られたら泣くわ」「親友だと思ってたのに、いきなりの裏切りでビビった!」と騒然。果たして彼女がアンナに近づいた目的とは……。

ドラマ『ネメシス』
放送日:毎週日曜 22:30~
出演:広瀬すず、櫻井翔、勝地涼、中村蒼、江口洋介 ほか
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/nemesis/

この記事で紹介した書籍ほか

ネメシス6 (講談社タイガ)

著:
出版社:
講談社
発売日:
ISBN:
9784065238202