「役者じゃなきゃだめなんです」 綾野剛が語る“自分”と“孤独”

芸能

2012/9/7

 作家・村上春樹の特集号となる『ダ・ヴィンチ』10月号の表紙を飾るのは、NHK朝ドラ『カーネーション』の周防、ドラマ『Mother』の“虐待男”浦上などを演じ、瞬く間に旬の役者となった綾野剛。特集内でも、『1Q84』の主人公・天吾を演じたグラビアを撮り下ろしており、同号はまさに綾野づくしとなっている。  クールで、寡... 続きを読む