西村賢太の芥川賞はお墓参り効果!? “墓マイラー”が急増中

文芸・カルチャー

2012/9/8

『苦役列車』(新潮社)で芥川賞に輝き、その無頼ぶりで注目を集めている作家・西村賢太だが、意外に信心深い一面があるようだ。今、発売中の『小説現代』(講談社)9月号の連載エッセイで、芥川龍之介の墓に3度も墓参りしていたことを明かしているのだ。 西村によると、1度目の墓参りははじめて芥川賞にノミネートされたときのこと。賞を... 続きを読む