【最新話レポ】『名探偵コナン』「これ考えた青山先生天才すぎでしょ」コナンが辿り着いた“領域外の妹”の意味とは?/アニメ第1020話

アニメ

公開日:2021/10/2

名探偵コナン
『名探偵コナン』99巻(青山剛昌/小学館)

※この記事は最新話の内容を含みます。ご了承の上お読みください。

 2021年9月25日(土)に放送されたアニメ『名探偵コナン』第1020話。ついにコナンが“領域外の妹”の本当の意味に辿り着き、視聴者から「まさかそんな意味が隠されていたとは…」といった反響が巻き起こった。


advertisement

 今回注目を集めた“領域外の妹”とは、ホテルを転々とする世良真純の同居人・メアリーを表した言葉。現在メアリーはとある事情からコナンたちと同様に体が幼児化しており、もしもコナンが自身について訊いてきたら「領域外の妹」と告げるよう真純に指示を出していた。

 前話では赤井秀一扮する沖矢昴と真純のやり取りから、以前目撃した中学生くらいのメアリーは「2人の母親」で「昔海で会ったメアリーという女性と同一人物」であると踏んだコナン。同時に今までの情報を整理した結果、“領域外の妹”が指し示す本当の意味に辿り着くのだが――。

 迎えた今回のエピソードでは、その真実が明らかに。妹の英訳「SISTER」から「TERRITORY(領域)」の略称である「TER」を外すと“SIS”。SISとは“Secret Intelligence Service”の略でもあり、MI6の名でも知られる「イギリス情報局秘密情報部」を表している。

 今回明かされた真実には視聴者も大興奮のようで、SNS上には「領域外の妹=MI6のことだったのか!」「これ考えた青山先生天才すぎでしょ」「世良の妹と偽りつつ、ちゃんと意味を隠しているところがさすが…」といったコメントが。コナンがメアリーの正体に1歩近づいた今、物語はどう進展していくのだろうか。

アニメ『名探偵コナン』
放送日時:毎週土曜 18:00~
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎
公式サイト:http://www.ytv.co.jp/conan/

この記事で紹介した書籍ほか