サザエと波平がサシ飲み! 一生懸命考えた“親孝行”に「うるっときた」/アニメ『サザエさん』

アニメ

公開日:2021/10/3

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
サザエさん
『サザエさん』14巻(長谷川町子/朝日新聞出版)

 9月26日に放送された『サザエさん』では、サザエが親孝行に奮闘し話題を集めている。

 話題のエピソードは、作品No. 8314「親孝行のすすめ」。ある日のテレビ番組で、子どもから豪華客船旅行をプレゼントされた老夫婦を見たサザエ。自分も親孝行せねばと、マスオに相談すると、マスオも「お父さんたちに親孝行できないのは僕も同じだよ」として2人で案を出し合うことに。高級レストランでの食事や、都内のホテルで一泊などさまざまな意見が出るが、実際に提案したのは温泉旅行。しかし、フネから「親孝行ならもう十分にしてもらっていますよ」と誘いを断られてしまい、結局計画は振りだしに戻ってしまう。

 そんななか、サザエが頭を悩ませていると、フネから「何も特別なことをしてくれなくてもいいですよ」「サザエがお父さんと一緒に散歩するだけでいいんじゃない?」と声をかけられる。これにサザエは「散歩か!」と納得。後日、散歩にでかけようとする波平を呼び止め、連れて行ったのはなんと居酒屋。「ここで一杯やっていかない?」と誘うと、一杯注ぎながら「父さん昔、早くお前たちと酒が飲める日がくるといいなって言ってたでしょ」と大人のサザエだからこそ出来る親孝行を実施。「こんなことしかできなくてごめんなさいね」と謝ると、波平は「何を言っとる。これで十分だ」と満面の笑み。

advertisement

 一方同じころ、マスオもフネを誘って甘味処へやってきていた。「マスオさんから誘われるなんて夢にも思わなかったわ」と嬉しそうにするフネに対し、マスオは「僕、前から一度お母さんとデートしたいって思ってたんです」と言い、フネは驚きつつも「サザエに言いつけちゃおうかしら!」などと茶目っ気溢れるやりとりを交わすのだった。

 旅行や高価なプレゼントではなく、あえて親子水入らずの時間を作ったサザエとマスオ。そんな2人のあたたかな親孝行に、視聴者からは「いい親孝行だね サザエさんが飲むの珍しい」「めっちゃいい話やん? フネさんとマスオのデート、レアすぎる」「サザエさんが親孝行つって波平と飲みに行ってるの見てうるっときてる」「心穏やかに健康で過ごしてくれてるだけで 親孝行だと思うよ」「マスオさんがフネさんに『ぼく一度お義母とデートしたかったんです〜』って言ってたのに不覚にも萌えた」などと反響があがっている。

 なかなか外出がはばかれるいま、こうした身近でできることから親孝行を始めたいものだ。

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

サザエさん 14巻

著:
出版社:
朝日新聞出版
発売日:
ISBN:
9784022588142