LINE公式アカウントで連載小説の配信が始まる

文芸・カルチャー

2012/10/3

 無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」において、川村元気氏による小説『世界から猫が消えたなら』の連載が10月8日(月)より無料配信される。

 著者の川村元気氏は『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』などを手掛けた映画プロデューサー。
 余命わずかである主人公が、失われて初めて感じた「モノ」の意味や、大切な人や家族との絆に触れ、人生の幸せを見いだしていくという物語。その物語の世界観が「LINE」のコンセプトと合致することから、今回の先行配信の実現となったようだ。

 LINEユーザーであれば、『世界から猫が消えたなら』公式アカウント(LINE ID:#sekaneko)を「友だち追加」することにより、10月8日(月)より全6回の連載を読むことができる。アカウントの登録、小説の閲覧はすべて無料となっている。

⇒「LINE(ライン)」公式サイト

 同タイトルは10月25日(木)に単行本として発売される。
■『世界から猫が消えたなら』 川村元気 マガジンハウス 1470円(税込)