早川書房の新刊、刊行翌月から電子配信開始

文芸・カルチャー

2012/10/4

 早川書房は、2012年10月刊行の新刊より、著作権者の承諾が得られた作品について、刊行翌月に電子版の配信を開始する。

スタートとなる10月刊(11月配信)は、全世界で最速4000万部突破の超話題作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(E・L・ジェイムズ)をはじめ、「老人と宇宙」シリーズのジョン・スコルジーがフィリップ・K・ディックの名作に捧げた宇宙活劇『アンドロイドの夢の羊』、ベン・アフレック監督・主演で映画化されるノンフィクション原作『アルゴ』(メンデス&バグリオ)、第二回アガサ・クリスティー賞受賞作『カンパニュラの銀翼』(中里友香)など多彩なラインナップとなっている。

現在、配信中の「グイン・サーガ」シリーズ、9月に全100点が完結したアガサ・クリスティー文庫、名作配信プロジェクト「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」を加えて、2013年末には1000点を超える電子書籍の配信を目指す。

配信されるタイトルなどは公式サイトにて。
⇒「新刊の翌月電子書籍配信、11月よりスタート」(ハヤカワオンライン)

●取り扱い電子書籍ストア
Reader StoreLISMO Book Store楽天koboRaboo紀伊國屋書店BookWebPlushontoBookLive!東芝Book PlaceセブンネットショッピングGALAPAGOS STORE