第19回「電撃大賞」受賞作が決まる 大賞は2作品に

マンガ・アニメ

2012/10/11


 アスキー・メディアワークスが主催する作家・イラストレーターの新人登竜門「電撃大賞」第19回の受賞作品が発表された。小説部門の大賞は同賞史上初となる2作品同時受賞となった。

 19回目となる今回は、小説部門・イラスト部門合わせて過去最多となる6771作品が集まった。残念ながらイラスト部門の大賞受賞作は該当作なしという結果になってしまったが、小説部門からは、桜井美奈『きじかくしの夏』と、茜屋まつり『ハロー、Mrマグナム』の2作品同時受賞となった。大賞受賞作品には正賞に加えて副賞として賞金100万円が送られる。

 現在はすでに第20回の募集も始まっており、「20回記念特別賞」や学校単位で応募できる「電撃学校大賞」が制定され、賞金の額も増額されている。

 同賞からは、『アクセル・ワールド』(川原礫)、『灼眼のシャナ』(高橋弥七郎)、『図書館戦争』シリーズ(有川浩)など数々のヒット作が生まれており、テレビアニメ化されるなど幅広いメディア展開をみせている。

●第19回電撃大賞 受賞作品・受賞者
大賞 『きじかくしの庭』 桜井美奈
大賞 『ハロー、Mrマグナム』 茜屋まつり
金賞 『明日、僕は死ぬ。君は生き返る。』 藤まる
金賞 『エーコと【トオル】と部活の時間。』 柳田狐狗狸
銀賞 『塔京ソウルウィザーズ』 愛染猫太郎
メディアワークス文庫賞 『玉響通り綾櫛横丁加納表具店』 行田尚希
電撃文庫MAGAZINE賞 『失恋探偵百瀬』 岬鷺宮
選考委員奨励賞 『サマー・ランサー』 天沢夏月

くわしくは公式サイトにて。
⇒「第19回電撃大賞」特設ページ(アスキー・メディアワークス)
⇒「第20回電撃大賞 応募要項」特設ページ(アスキー・メディアワークス)