「向井理みたいな息子が欲しい!」お母さんにオススメの本

ニュース

現在、上演中の舞台『悼む人』。人の死を“悼む”旅を続ける主人公に向井理、そんな息子の帰りを待つ母役を伊藤蘭が演じているのだが、それと合わせて『文藝春秋』11月号ではふたりの対談を掲載。そこで、向井が“母の…

本文を読む