「ヘビロテ」「フラゲ」完コピで-35キロ! AKBダイエットが話題

ダイエット

2012/11/2

 昨今のアイドルブームと同時に流行しているのが、歌に合わせたダンスを完全にコピーして踊る“完コピ”。ライブ会場で一緒になって踊るだけでなく、学園祭やお遊戯会、会社の忘年会でも、いまやすっかり出し物の定番。AKB48や少女時代、KARAを踊りこなすことの達成感に、老いも若きも大盛り上がりだ。

 しかも、このアイドルダンスの完コピには、ダイエット効果もあるのだという。『五十嵐アスカのアイドル完コピダンスダイエット』(五十嵐アスカ:著、竹内しのぶ:監修/主婦と生活社)によれば、著者の五十嵐は約1年で35キロの減量に成功。83キロから48キロのスリム体型に大変身を遂げたのだ。

 五十嵐がアイドルダンスに目覚めたのは、Berryz工房のイベント「ベリ高フェス!」に参加したことがきっかけ。ここで「ダンスを完コピしたい」と強く思ったそうで、さらに出向いたハロー! プロジェクトの握手会で「細くて可愛い子を目の当たりにしてもっとやせなくちゃ!」と士気が高まったらしい。大好きなアイドルのPVを観ながら踊ることで体重が減るなんて、まさに夢のような体験ではないか。

 この本は、そんな彼女がダンスの先生となったDVDの付録つき。オリジナル曲のほか、AKB48の超ヒット曲『ヘビーローテーション』『フライングゲット』と、ドリフの振り付けも入ったももいろクローバーZの『Chai Maxx』が収録されているので、すぐにダンスダイエットが始められるのがうれしい。

 また、DVDのダンスをマスターして飽きたときには、自分で新たに目標曲を見つけるのもきっと楽しいはず。AKB48ならば、10月31日に発売されたばかりの“AKB48史上最高難度”といわれる新曲『UZA』に挑戦するのもよし、ももクロならば、エビ反りジャンプも飛び出す『行くぜっ! 怪盗少女』もよし。この他、全身をプルプル震わせる謎の動き&パンツもろ見せハイキックが登場するSKE48『片想いFinally』や、股関節強化につながりそうな℃-ute『Danceでバコーン!』、ジュディ・オングの“女は海~♪”ダンスの21世紀リノベーションともいうべき東京女子流『Bad Flower』あたりもダイエット効果を期待できそうだ。

 もちろん、ただ踊るだけでは減量も難しい。ダンスと合わせて、暴飲暴食や生活リズムの見直しもお忘れなきよう!