勝地 涼「衝撃の現実をただ受け止め、考えることにひたすら徹した一冊」

芸能

2012/11/8

 今は読めない……東日本大震災・被災地の真実を描いた、来春公開の映画『遺体~明日への十日間~』の撮影を終え、原作を手にしたけれど、キツくて。そこでした選択は、著者・石井光太の別の本を読むことだった。勝地さんが選んでくれたのは、アジア最貧層の現実を伝えた写真エッセイ集『地を這う祈り』。  「すごい衝撃でした。日本にいる... 続きを読む