本のソムリエ・書店員オススメの“食欲を刺激される小説”

文芸・カルチャー

2012/11/11

  毎日膨大な量の本に接し、本の知識なら誰にも負けない“本のソムリエ”としてとっても頼りになる書店員さん。そこで今回は、書店員歴6年、喜久屋書店倉敷店で文芸書を担当している大倉千晶さんに、“食欲を刺激される小説”をセレクトしてもらった。 ■『精霊の守り人』 上橋菜穂子/作 二木真希子/絵 偕成社 945円  言わずと... 続きを読む