注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
2,407件

文芸・カルチャーの記事一覧

小説やエッセイなどの文芸作品を中心に、写真集、雑誌、絵本などの情報を取り上げます。いま注目の作品とは? 新刊、既刊問わずご紹介していきます。また、カルチャー関係のイベントや各種文学賞の情報もこちらのコーナーで扱っています。

直木賞作家・石田衣良が小説の書き方を公開指導! 本好きにはたまらないイベント満載の「本のフェス」開催間近

 本好きでもそうでない人でも気軽に楽しめるイベントが一堂に会した「本のフェス」が2017年3月12日(日)に開催される。  昨年も開催され、…

7人の敗者たちから描く宮本武蔵の真の姿は――『敵の名は、宮本武蔵』

『敵の名は、宮本武蔵』(木下昌輝/KADOKAWA)  剣豪・宮本武蔵の真の姿を、7人の敵側の視点から焦点を当てた『敵の名は、宮本武蔵』が、…

絵本・児童書にハマる大人が急増! あなたの心にもきっと届くはず─「大人の心も満たす絵本と児童書フェア」有隣堂で開催中

 子どもだけでなく大人にも読んでほしい―そんな絵本・児童書を紹介する「大人の心も満たす絵本と児童書フェア」が、有隣堂で2017年2月17日(…

100年前の教科書を読んでみたら…。やたらと読みにくい、あまりにも生々しい、まるで鬼姑…

『今じゃありえない!! 100年前のビックリ教科書~明治・大正・昭和の授業風景~』(福田智弘/実業之日本社)  子どもでも大人でも、学校の勉…

“匹”や“頭”など、動物の助数詞の意味とは?

『日本の助数詞に親しむ――数える言葉の奥深さ――』(飯田朝子/東邦出版)  ものを数える時の言葉を、日本語では助数詞と呼ぶ。この助数詞だが、…

15万部のロングセラー! 太平洋戦争当時の日系アメリカ人の葛藤をえぐり出した名著が、新訳で復刊! 移民二世の苦悩とは?

『ノーノー・ボーイ』(ジョン・オカダ:著、川井龍介:訳/旬報社)  1941年12月7日(現地時間)、日本軍の爆撃機がパールハーバーを襲う。…

非情な運命に見舞われた恋人たちの愛と別れを描く『桜のような僕の恋人』

『桜のような僕の恋人』(集英社)  テレビドラマ『スイッチガール』『主に泣いています』やドラマ・映画『信長協奏曲』といった作品で脚本家として…

婚活を放棄したOL、対人恐怖症の美女、57歳義妹がゴスロリ…欠点や弱点、悪い癖を自分から引きはがせずにあがく女たちの悲喜こもごも

『こんなわたしで、ごめんなさい』(平 安寿子/実業之日本社) 「女性らしさ」とは何なのだろうか。男性が、「いい女」とか「可愛げのある女」とか…

ひとりの青年の恋と成長が、ハレー彗星の回帰とシンクロしていく、ちょっと不思議な物語―『麻布ハレー』献本プレゼント実施中

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィン…

76年に一度だけ、君に会える――。ハレー彗星をめぐる、新境地恋愛SF。『月刊天文ガイド』連載作品が単行本化!!

『麻布ハレー』(松久淳、田中渉/誠文堂新光社)  とてもステキなお話だった。せつなさと爽やかさと、そしてちょっとミステリアスな雰囲気を漂わせ…

涙が止まらない! 今注目を集める”活版印刷”、川越が舞台の「三日月堂」には、今日も悩みを抱えたお客がやってくる…

『活版印刷三日月堂 海からの手紙(ポプラ文庫)』(ポプラ社)  今やパソコンとプリンターさえあれば、誰でも印刷物を作れる時代。しかし、かつて…

登場人物はみんな“猫”! 歌舞伎入門にぴったりの「ねこづくし」絵本

 歌舞伎ファンに人気の「ねこづくし」の世界が絵本になった、『どこじゃ? かぶきねこさがし かぶきがわかるさがしもの絵本』が2017年2月22…

すばらしき「鳥瞰イラスト」で歴史のハイライトが一目で分かる! 日本史ファン必見!「真田丸」や「真田郷」の詳細も要チェック!!

『鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台』(歴史群像編集部:編/学研プラス)  うーわー……、こういう本を見るとテンション上がっちゃうの私だけで…

「かいけつゾロリ」も今年で30周年! ゾロリ役の山寺宏一さんからお祝いコメント!

 長年に渡って子どもたちの心を掴み続けてきた「かいけつゾロリ」シリーズが、今年で30周年を迎える。元々は『へんしーんほうれんそうマン』(みづ…

プ女子が全力でプロレス技をかけあう! 話題の新感覚プロレス技図鑑第2弾『プ女子百景 風林火山』

『プ女子百景 風林火山』(広く。/小学館集英社プロダクション)  プロレスに魅せられた女子がプロレス技をかけあう姿を描いたイラスト集『プ女子…

『こまったこぐま こまったこりす』に4歳児も感動と興奮! 『からすのパンやさん』のかこさとしさんの名作が新装版で登場!

『こまったこぐま こまったこりす』(かこさとし/白泉社)  親から子へと読み継がれている絵本のなかで、今も大人気の『からすのパンやさん』や『…

わざわざ夜中に並ぶファン、なぜ? 0時ジャストに村上春樹の『騎士団長殺し』を買う人を追った

 7年ぶりとなる村上春樹の長編小説、『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日(金)に発売されました。村上春樹の長編といえば、発売前から関連イベ…

「#かいけつゾロリの思い出」でTwitterが大盛り上がり! 小学生に一番読まれている児童書『かいけつゾロリ』シリーズ30周年!

 子どもたちから絶大な人気を誇る児童書『かいけつゾロリ』シリーズ(ポプラ社刊)が2017年で30周年を迎えた。特設サイトの公開や本を買うとも…

東洋初の地下鉄・銀座線は上野から浅草を駆け抜けた!鉄道一筋の実業家が挑んだ地下鉄誕生物語!

『東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか』(東京地下鉄研究会/洋泉社)  アジア初の地下鉄が開業したのは、今から90年前の昭和2年(1…

日本の財政問題に警鐘を鳴らしたベストセラーの合本版も登場! 幸田真音作品が一挙電子化!

 米国系銀行や証券会社で債券ディーラーなどを経て1995年に作家へ転身した幸田真音氏の作品が、2017年2月25日(土)に電子版として一挙配…

ガリガリに痩せ衰えた阿弥陀如来、Vサインをする謎の菩薩… こんな仏像見たことない! 姿カタチが異様な仏像

『ミステリーな仏像』(本田不二雄/駒草出版)  日本各地の奇妙な仏像を厳選、オールカラーで掲載した『ミステリーな仏像』が2017年2月11日…

『騎士団長殺し』発売前に、実在する場所を“村上春樹フィルター”を通して見ると? 村上春樹の旅行記おすすめ4選!

 いよいよ明日2月24日(金)に発売される、村上春樹の長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)。大手書店が発売前のカウントダウンイベントを予告する…

「今書かないと手遅れになる」 社会を根底からくつがえす最大最悪の犯罪と陰謀とは?

 「相棒」シリーズの脚本で知られる太田愛さんが、作家としても注目を浴びるようになったのは4年ほど前。通り魔事件に隠された社会を揺るがす陰謀を…

ニャンコ知ってる? 猫好きなら覚えておきたい猫にまつわることわざ・慣用句

『マスクねこと猫のことわざ&慣用句』(にしかわ かな/主婦の友社)  ニャンニャンニャンの猫の日(2月22日)を記念し、『マスクねこと猫のこ…

猫の“ポロリ”ショット、クリームパンのような“おてて”…猫好きが悶絶する最新ねこ本5冊!【2月22日は猫の日】

 今日2月22日は「ニャン、ニャン、ニャン」の語呂合わせでお馴染みの「猫の日」。巷にあふれる「猫本」の中から選りすぐりの5冊を紹介します! …

僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた―「第23回 電撃小説大賞」受賞作『君は月夜に光り輝く』献本プレゼント実施中!

 株式会社ドワンゴが運営する日本最大級の書評サイト「読書メーター」と、株式会社KADOKAWAが発行する本とコミックの情報サイト「ダ・ヴィン…

応募総数4878本の頂点! 余命0。“難病もの”の方式通り、主人公は恋に落ちるが…“死”の圧倒的な存在感が愛の純度を増す! ラスト5行は必読!

『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜/KADOKAWA)  『ビブリア古書堂の事件手帖』の三上延、『探偵・日暮旅人』の山口幸三郎、『ちょっと今か…

前方後円墳は平和の象徴だった? 知れば知るほど面白い「古墳時代」

『前方後円墳の暗号』(関裕二/講談社)  古墳に興味がある方はいるだろうか? 私は大学で史学を専攻していたが、「古墳大好き!!」という人には…

大爆笑の神話の事実! あの五月女ケイ子による『古事記』入門書の(ある意味)最高峰が文庫化!!

『レッツ!!古事記(ポプラ文庫)』(五月女ケイ子/ポプラ社)  歴史オタクとしてやはり『古事記』を一度も読んだことがないと、モグリと言われか…

その数60冊以上! 村上春樹翻訳本、海外文学おすすめ4作品は?『最後の瞬間のすごく大きな変化』は女性にこそ読んでほしい!

 村上春樹の長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日に発売決定! 『1Q84』以来7年ぶりの長編とだけあって、Amazonでは予約注文…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ