注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
224件

映画の記事一覧

スタジオジブリなどのアニメ映画だけではなく、邦画、洋画などの映画作品全般を紹介。小説などの映画原作も合わせてレビューしており、映画鑑賞の際に大いに役立つはずです。映画製作秘話や舞台挨拶レポートなども!

朝井リョウらが大絶賛!リリー・フランキー主演映画『美しい星』の原作は、三島由紀夫のUFOマニアぶりが炸裂!

『美しい星』(三島由紀夫/新潮社)  邦画界のヒットメーカー・吉田大八監督の『美しい星』が5月26日(金)、全国劇場公開される。  各界の第…

全世界が騙された! 娼婦の母親、11歳で女装売春、ドラッグ…90年代に大絶賛された“J.T.リロイ”の自伝的青春小説は、妄想癖によるでっち上げだった!

『サラ、いつわりの祈り』(金原瑞人:訳/アーティストハウス)  90年代後半、カルチャー界の話題をさらったJ.T.リロイといえば、金髪の美少…

『この世界の片隅に』片渕監督に「もの凄い“嫉妬心”しかない」。『機動戦士ガンダム』富野監督は「すず」をどう捉えたのか?【後編】

キャラクターや舞台設定の巧みさ ――「すずさん」というキャラクターですが、原作での描かれ方と映画とで異なる部分に注目も集まりました。監督は、…

『この世界の片隅に』は宝――「実写以上に」戦時中の日常を描ききっている! 富野監督が片渕監督に伝えたかった言葉とは?【前編】

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会  2016年11月に公開されて以来、大ヒット上映中の映画『この世界の片隅に』。3月3日…

時間を作るには寝なければいい!? 『君の名は。』プロデューサーで小説家、川村元気が寝る間も惜しんで小説を書く理由/[対談]川村元気×高山一実(乃木坂46)

(左)高山一実さん、(右)川村元気さん  雑誌『ダ・ヴィンチ』の人気連載「乃木坂活字部!」のWEB出張版です。今回は現役アイドルで小説を連載…

なぜあのシーンにあの本が! ?「007」ボンドガールの役名は下ネタだらけ…町山智浩の新しい映画評論が話題!

『映画と本の意外な関係!』(町山智浩/集英社インターナショナル)  映画にはいろんな楽しみ方がある。例えば『彼らが本気で編むときは、』(2月…

広瀬すず主演、映画『チア☆ダン』はまさかの実話! 福井発、チアダンスで全米を制覇した女子高生の感動ノンフィクション

『チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実』 (円山夢久/KADOKAWA)  アクロバティックな動きや掛け…

生田斗真がトランスジェンダー役に挑戦する話題の映画!――孤独な少女が知る、世の中の「普通」と「普通じゃないこと」

『彼らが本気で編むときは、』(荻上直子:原作、百瀬しのぶ:ノベライズ、今日マチ子:絵/パルコ)  普段、気に留めることはないけれど、マンショ…

妻夫木聡が週刊誌記者に! 満島ひかりが育児放棄の疑いで逮捕される妹を演じる! 映像化不可能だった問題作『愚行録』がついに公開!

『愚行録』(貫井徳郎/東京創元社)  意図せず誰かを傷つけていたりする経験は、誰にでもあるもの。ましてやSNS時代は、何気ない投稿が誰かの妬…

映像の魔術師・ティム・バートン史上、最も奇妙! 原作『ミス・ペレグリン』の読みどころ

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(上・下)』(ランサム・リグズ :著、金原瑞人、 大谷真弓:訳/潮出版社)  来る2月にティム・バートン…

ゴジラのエネルギー源は? 「日本はイケる」という感想は正しい? 22人の識者による22通りの『シン・ゴジラ』論

『「シン・ゴジラ」をどう観るか』(河出書房新社)  2016年の実写日本映画として、最大のヒットとなった『シン・ゴジラ』。興行収入は80億円…

新作『ローグ・ワン』に絶賛の声!『スター・ウォーズ』の世界が壮大なのにリアルな理由って?

『スター・ウォーズ 制作現場日誌 エピソード1~6 CREATING THE WORLDS OF STAR WARS 365 DAYS』(玄…

「色々な地獄があるけれど、陽が射す瞬間がある」芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【後編】

 著書『ヘヴン』で、ひどいいじめを受ける“僕”とコジマが、少しずつ心を通わせながらも、辛い現実にさらされる様子を描いた川上未映子さん。映画『…

いじめ、母親からの虐待…思春期の闇と光、逃げることもできない15歳を描くリアリティとは? 芥川賞作家・川上未映子×映画『イノセント15』甲斐博和監督対談【前編】

(左)甲斐博和さん、(右)川上未映子さん  思春期という、誰もが通過する、甘酸っぱいけれど残酷な時代。大人と子どもの間のような複雑な心境は、…

長澤まさみ、松田龍平、映画『散歩する侵略者』で初共演&初の夫婦役! 2017年9月公開!

 『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気…

「あのゾクゾク感をどうやって映像化するんだ」 吉高由里子、5年ぶりの主演映画は“人間の死”が心の拠り所の悲しき殺人者役!

(C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会  2012年、「大藪春彦賞」受賞、「本屋大賞」ノミネートをはたした沼田ま…

妻から夫へ、読まれることのなかった手紙… 映画「永い言い訳」公式サイトで書き下ろし短編小説『ラブレター』公開

 現在ロングランヒットを続けている映画「永い言い訳」の公式サイトで、2016年11月22日(火)=いい夫婦の日を記念して、書き下ろし短編小説…

【今週の大人センテンス】映画「この世界の片隅に」が描いた日常の尊さと愛おしさ

『上』 『中』 『下』  巷には、今日も味わい深いセンテンスがあふれている。そんな中から、大人として着目したい「大人センテンス」をピックアッ…

ハリー・ポッター最新作! スリザリンに組分けされた息子・アルバスが、マルフォイの息子と過去を変える冒険に出かける!

『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(松岡佑子:訳/静山社)  目の前にしか道は作れないのに、人は過去を悔い、変…

東野圭吾作品の中で異彩を放つ“笑撃”の雪山サスペンス『疾風ロンド』映画公開迫る!手掛かりはスキー場のテディベア?

 東野圭吾原作、阿部寛主演のサスペンス映画「疾風ロンド」が2016年11月26日(土)から公開が始まる。  実は原作の『疾風ロンド』は、20…

新海誠「夢中でページをめくった」 星野源も推薦する『世界から猫が消えたなら』の著者・川村元気の2年ぶりの最新小説登場!

 佐藤健主演で映画化もされた『世界から猫が消えたなら』の著者・川村元気の2年ぶりとなる最新小説『四月になれば彼女は』が、2016年11月4日…

壇蜜が元カレに土下座した理由とは? 真っ赤なドレス姿で『インフェルノ』を朗読

 ハーバード大学の宗教象徴学者であるロバート・ラングドン教授が、美術史や象徴学など幅広い知識を駆使して様々な謎を解明する「ラングドン・シリー…

紀伊國屋書店で映画「インフェルノ」と書籍がコラボレーションした前代未聞の参加型企画始動!

 映画「ダ・ヴィンチ・コード」の日本公開より10年。ダン・ブラウンの世界的ベストセラーを原作に、トム・ハンクスが宗教象徴学者ロバート・ラング…

1枚の写真スキャンダルに日本社会が騒然!? 話題の福山雅治主演映画「SCOOP!」シナリオノベルズ早くも登場

『シナリオノベルズ THE MOVIE SCOOP!』 (大根仁/KADOKAWA) (C)2016映画「SCOOP!」製作委員会  福山雅…

トリンドル玲奈、ダチョウ倶楽部のおでん芸を知らず。片岡鶴太郎と映画『インフェルノ』公開記念イベントで謎解きに挑戦!

 世界中で大ブームとなった映画『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、『天使と悪魔』(09)に続くシリーズ第3弾『インフェルノ』が、ついに10月2…

「ダメなおじさん役似合いすぎ!」松田龍平が、貧乏で屁理屈ばかりこねて居候する残念なおじさんを演じる映画『ぼくのおじさん』

 北杜夫の名作児童文学『ぼくのおじさん』が満を持して映画化され、2016年11月3日(木)から全国で公開される。北自身がモデルだという“おじ…

今、このスイッチを押せば人類の半分が死ぬ。全てはお前次第だ―。大ヒットシリーズ最新作・映画『インフェルノ』公開迫る!

『インフェルノ』上(著:ダン・ブラウン、訳:越前敏弥/KADOKAWA)  ダン・ブラウンの世界的ベストセラーを原作に、トム・ハンクスが宗教…

「俳優陣の演技力、ズバ抜けています。こんなに辛い気持ちになるとは…」渡辺謙、綾野剛、森山未來ら実力派キャストが集結した映画『怒り』に絶賛の嵐

 映画「悪人」の小説家・吉田修一と、映画監督・李相日が再びタッグを組んだ映画「怒り」が2016年9月17日(土)に公開された。公開前から豪華…

誰も経験したことのなかったアニメーションの新領域! 新海誠監督映画『君の名は。』が圧倒的な映像美とスケールで社会現象に!

 新海誠監督の長編大作アニメーション映画『君の名は。』が快進撃をみせている。興行収入は65億円を突破、まだまだその数字は更新される勢いだ。い…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ