注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
316件

スポーツ・科学の記事一覧

スポーツと科学の話題を扱うコーナーです。「スポーツ」では、競技の観戦方法から、その歴史や選手たちのインタビューなど、幅広いテーマの記事を。「科学」では、宇宙、生物など、それぞれ多彩な記事をお読みいただけます。

スティーブ・ジョブズは、自分の子どもにはスマホを使わせなかった!? 「ゆりかごから墓場まで」国民総スマホ時代を迎えた日本へ警鐘‼

 幼児からシニア世代まで、国民総活躍社会より一足先に、日本は国民総“スマホ時代”を迎えている。しかし、急速に普及するスマホはたとえるなら、ま…

「秘伝のたれはなぜ腐らないの?」「地球上に人間は何人まで暮らせるの?」“日本人の9割が答えられない”理系の大疑問

『日本人の9割が答えられない 理系の大疑問100』(編:話題の達人倶楽部/青春出版社)  「ずっと気になっていたけど…」「理系オンチにはなぜ…

おうち料理で科学を学ぼう! GWにもオススメ 家族でできる「おいしい実験」

『おもしろい! 料理の科学(世の中への扉)』(平松サリー/講談社)  今年のゴールデンウイークは、カレンダー通りだと5連休。遠出も十分可能な…

宇宙人が見つかったらどうする?… 各分野のトップ科学者18人の究極の回答とは?

『科学者18人にお尋ねします。宇宙には、だれかいますか?』(佐藤勝彦/河出書房新社)  2017年2月某日、NASAが「太陽系外惑星について…

「サッカー本大賞 2017」決定! 大賞は史上初の2作品に

photo:松岡健三郎  “よりよいサッカー書籍が、日本のサッカー文化を豊かにする”をコンセプトに、選考委員によって質の良いサッカー書籍が選…

何人目から本気で付き合えばいい? セックスは? いつ身を固めればいい? 恋愛に潜むパターンを、数学が解明!

『恋愛を数学する』(ハンナ・フライ:著、森本元太郎:訳/朝日出版社)  数学なんて人生の役にたたないのになんで勉強するの? そう学生時代に思…

Jリーグが全てのクラブの目標ではない? ゴン中山も参戦した地方クラブの現実

『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ』(宇都宮徹壱/カンゼン) 「日本にはサッカーの文化が根づいていない」  そ…

ドラえもんのひみつ道具「通りぬけフープ」の仕組みから考える、文系でもわかる世界一やさしい「量子力学」の本

『先生、それって「量子」の仕業ですか?』(大関真之/小学館)  科学の基礎知識を『ドラえもん』で学んだという人は、少なくないだろう。『先生、…

ニセの記憶は簡単に植えつけられる!全米で話題の「記憶ハッカー」が明らかにした、あいまいな人間の記憶の実態とは?

『脳はなぜ都合よく記憶するのか 記憶科学が教える脳と人間の不思議』(ジュリア・ショウ:著、服部由美:訳/講談社)  旧友と昔話に花を咲かせる…

止まったボールが打てない理由とは? ゴルフが「上手い人」と「下手な人」の明暗をわける「Aスウィング」は何がスゴイのか?

『デビッド・レッドベター「Aスウィング」』(デビッド・レッドベター/ゴルフダイジェスト社)  「プロ」の条件とは何だろう? 様々な意見はある…

「4回転新時代」が幕を開けたフィギュアスケート男子―羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスを育てた名コーチが語る秘話

『チーム・ブライアン 300点伝説』(著:ブライアン・オーサー、監修:樋口豊、構成・翻訳:野口美惠/講談社)  羽生結弦、ハビエル・フェルナ…

生物界で繰り広げられる過酷なオスとメスの駆け引き…モテないオスの生存戦略とは?

『オスとメスはどちらが得か』(稲垣栄洋/祥伝社)  「異性」という存在がなければ、もっとラクに生きられたのではないかと思うことがある。男と女…

直撃取材で引き出された本田圭佑の本音。足掛け7年にわたる一流選手とスポーツライターの魂のぶつかり合い

『直撃 本田圭佑』(木崎伸也/文藝春秋)  海外で活躍する日本人サッカー選手でスーパースターは誰かと言われれば、多くの人が本田圭佑と答えるだ…

2017年の箱根駅伝は何かが変わる!? 5区の距離短縮がもたらすものとは?

『新・箱根駅伝 5区短縮で変わる勢力図(角川新書)』(酒井政人/KADOKAWA)  私たちはなぜ、毎年年初めに“箱根駅伝”の歓喜と興奮のド…

「サンキュー大作戦」で箱根駅伝三連覇に挑む! 青学・原監督がポジティブなスローガンを掲げる理由とは?

 2017年1月2日(月)と3日(火)に行われる「第93回箱根駅伝」。2016年12月に行われた記者発表会で、3連覇がかかった青山学院大学の…

長友佑都が“ヨガ友”を実演! ヨガ友誕生秘話も明らかになったイベントをレポート!

『長友佑都のヨガ友』(長友佑都/飛鳥新社)  インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)所属の長友佑都による初のヨガ入門書『長友佑都の…

犯罪者を「脳トレ」で更生? 行動をコントロールするのは「自分の意識」ではない? 私はどこまで私なのか―『あなたの知らない脳』

『あなたの知らない脳 意識は傍観者である』(デイヴィッド・イーグルマン:著、大田直子:訳/早川書房) 「このところ自分のことがよくわからない…

スーパームーンや流星群のひみつもわかる! Eテレ『サイエンスZERO』ナビゲーター・竹内薫が解説する宇宙の疑問

『誰かに教えたくなる宇宙のひみつ 理系親子になれる超入門』(竹内薫/徳間書店)  寒さが増す昨今だがその分、空気が澄み天体観測に適した季節に…

150年以上前の講義を味わう ファラデーが説くロウソクの科学と彼の人柄とは

『ロウソクの科学』(ファラデー:著、三石巌:訳/KADOKAWA)  読者は19世紀に活躍した科学者ファラデーをご存じだろうか。「ファラデー…

なぜ今年カープは神っていたのか? 惜しくも日本一を逃すも、大躍進の原動力とは

 日本シリーズで日本ハムと熱戦を繰り広げた広島カープ。惜しくも日本一は逃したものの、25年ぶりのセ・リーグ優勝はファンを大いに湧かせ、なんと…

イチローがイチローを演じてきた理由とは? 大リーグ関係者の言葉で明らかに!

『イチローがいた幸せ』(杉浦大介/悟空出版)  2016年8月7日、イチローがメジャー通算3000安打を達成した。大リーグでの殿堂入りも確実…

負けても負けても「広島カープ」のために投げ続けた。”豪放磊落な野武士”と”孤高のダンディー” 2人の名投手エピソード!!

『二人のエース』(鎮勝也/講談社+α文庫)  25年ぶりにセ・リーグを制し、32年ぶりの日本一を目指す広島カープ。引退を表明した黒田博樹の魂…

「人気がないから話題にもならん」 人生は紙一重!? 野村元監督が名捕手から名監督になるまで

 プロ野球の人気は低下の一途をたどっているという。東京オリンピックでは3大会ぶりに競技復活をとげたにもかかわらずだ。そんな時節に、その知性と…

オリンピックの経済効果アピール・メダル獲得ランキングはNG?! 『東京オリンピック 「問題」の核心は何か』

『東京オリンピック 「問題」の核心は何か(集英社新書)』(小川 勝/集英社)  リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック大会が終わり、次…

親が子に見る夢は子の夢にあらず!メッシになれなかった子供達から学ぶべきこと

『カンプノウの灯火 メッシになれなかった少年たち』(豊福 晋/洋泉社)  フットサルで小学生の男子2人と知り合った。彼らはサッカー部に所属し…

「ジャポニカ学習帳」の昆虫写真家×大人気の昆虫学者の『わくわく昆虫記』! 憧れの虫たちに出会えるフォトエッセイ

『わくわく昆虫記 憧れの虫たち』(丸山宗利:文、山口進:写真/講談社)  小生は幼い頃、よく草むらに入り込み、バッタやカマキリなんかを追いか…

原爆の壊滅的な被害から復興を目指して作られた広島カープ! “強さ”以上に変わったこと、”カープ出身の選手たち”の貢献力とは?

『すごい!広島カープ』(赤坂英一/PHP研究所)  瞬間最高視聴率は70%を超え、商店街で道行く人が互いにハイタッチをし、破格の優勝セールを…

年間30億円近くあった赤字も解消! 5年間最下位争いでも横浜DeNAベイスターズが“連日満員”のワケ

『空気のつくり方』(池田純/幻冬舎)  菓子、車、スポーツ……。あらゆる商品をヒットさせ、ブームを生み出してきた著者がマーケティングのすべて…

リオの熱狂は続く! パラリンピック前に知る“障がい者スポーツ”の世界

『目の見えないアスリートの身体論』(伊藤亜紗/潮出版社)  史上最多、日本が前大会を上回る41個のメダルを獲得したリオ五輪。毎日のように寝不…

研究室の飲み会は、実験道具を使うってホント? 実験あるある満載の『ゆかいな実験器具図鑑』

『ビーカーくんとそのなかまたち:この形にはワケがある! ゆかいな実験器具図鑑』(うえたに夫婦/誠文堂新光社)  ある漫画に、ビーカーで沸かし…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ