ヘッダー画像

「死の描写が生々しくてグッときた」――看護師の目を通じてリアルな「人の死」が表現されたマンガが先日、ツイッターで話題になりました。認知症患者さんの看護、暴れる患者さん、看取りの現場、患者さんとの心のふれあい…知られざる病院の裏側を描く本格医療系マンガ『じたばたナース』が1週間限定連載です。50p以上の描き下ろしを加えた書籍が絶賛発売中。

「死の描写が生々しくてグッときた」――看護師の目を通じてリアルな「人の死」が表現されたマンガが先日、ツイッターで話題になりました。認知症患者さんの看護、暴れる患者さん、看取りの現場、患者さんとの心のふれあい…知られざる病院の裏側を描く本格医療系マンガ『じたばたナース』が1週間限定連載です。50p以上の描き下ろしを加えた書籍が絶賛発売中。

<プロフィール>
水谷緑●神奈川県生まれ。第22回コミックエッセイプチ大賞・B賞を受賞した『あたふた研修医やってます。』シリーズでデビュー。好きなものはモチモチした食べ物。著書に『まどか26歳、研修医やってます!』、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記との共著『コミュ障は治らなくても大丈夫』(いずれもKADOKAWA)。小学館『いぬまみれ』にて犬漫画「ワンジェーシー」連載中。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ