読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「みうらじゅん」の関連記事

なぜセックスの最中に笑ってはいけないのか? みうらじゅんと宮藤官九郎が世の中の“曖昧”を斬る!

なぜセックスの最中に笑ってはいけないのか? みうらじゅんと宮藤官九郎が世の中の“曖昧”を斬る!

なぜ男と女はわかりあえないか? ペニスはデカいほうがいいのか、そうでもないのか? 男女の友情は成立するのか? オッパイやオシリのチラ見は何秒まで許されるのか? ――考えれば考えるほど、性愛は謎めいている。 みうらじゅん、宮藤官九郎。日本サブカル界…

もっと見る

「エロライク・ゾーンが広がりすぎて困っています」 ――みうらじゅん&田口トモロヲの大人気連載、待望の書籍化!

「エロライク・ゾーンが広がりすぎて困っています」 ――みうらじゅん&田口トモロヲの大人気連載、待望の書籍化!

『POPEYE』の大人気連載が待望の書籍化を果たした『男気の作法 ブロンソンならこう言うね。』が、2017年9月14日(木)に発売された。 1994年に『STUDIO VOICE』誌上で、みうらじゅん&田口トモロヲによる「ザ・ブロンソンズ」が男気あふれる人生相談の連載を…

もっと見る

自由奔放、女癖、クズさが魅力!? 「バンドマンの生態」を知るマンガ3選!

自由奔放、女癖、クズさが魅力!? 「バンドマンの生態」を知るマンガ3選!

近年、世間を賑わせているバンドマンの恋愛事情。不倫が発覚して謝罪したり、SNSでネタにされたりと、大盛り上がりですよね。バンドマンといえば、長年「女性が彼氏にしてはいけない3B職業」に名を連ねていることもあり、3Bの称号も伊達じゃないな、と、個人…

もっと見る

ローラが語る“おせんべい愛”! あなたの「好きすぎるもの」は何ですか?『FRaU』3月号は「偏愛のある人生」特集

ローラが語る“おせんべい愛”! あなたの「好きすぎるもの」は何ですか?『FRaU』3月号は「偏愛のある人生」特集

「偏愛のある人生」を特集した、ライフスタイル誌『FRaU』3月号が2017年2月10日(金)に発売された。 「好きすぎるものがある人生って充実してそう!」との思いから始まったという「偏愛」特集。表紙を飾るのはローラ。誌上では、「完全におせんべい中毒なの…

もっと見る

「クソゲー」とは愛情表現の一種!? ファミコン時代に生み出された「クソゲー」の数々を回顧する

「クソゲー」とは愛情表現の一種!? ファミコン時代に生み出された「クソゲー」の数々を回顧する

2016年11月10日に発売された『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』という商品が爆売れし、品薄が続いている状態なのは記憶に新しい。これはどのような商品なのかというと、1983年7月に発売された『ファミリーコンピュータ(以後「ファミコ…

もっと見る

音楽の視覚的要素にのみスポットを当てると…。BSの人気深夜番組『笑う洋楽展』が書籍化! 爆笑ものの洋楽映像を紹介する音と無関係な音楽論

音楽の視覚的要素にのみスポットを当てると…。BSの人気深夜番組『笑う洋楽展』が書籍化! 爆笑ものの洋楽映像を紹介する音と無関係な音楽論

音楽とは文字通り「音を楽しむもの」として知られている。しかし、ミュージックビデオ(MV)やライブ映像が流通するようになってからは視覚的な楽しみにも注目が集まるようになった。誰もが無料の動画サイトでミュージシャン本人の映像を鑑賞できる時代で、…

もっと見る

台本なし、打ち合わせなしの即興演奏的トーク番組を書籍化! みうらじゅん&安齋肇の『笑う洋楽展』

台本なし、打ち合わせなしの即興演奏的トーク番組を書籍化! みうらじゅん&安齋肇の『笑う洋楽展』

「『笑う洋楽展』の時間でございます」 みうらじゅん氏のひとネタのあとのこの言葉で幕を開ける、NHK BSの深夜番組『笑う洋楽展』。内容は、MCのみうら氏と安齋肇氏が、毎回違うテーマ(「めがね男」「口パク女王」など)で集められた洋楽ミュージックビデオ…

もっと見る

大人になったけどわからないことはわからない。そうだ、みうらじゅん&クドカンに聞いてみよう!

大人になったけどわからないことはわからない。そうだ、みうらじゅん&クドカンに聞いてみよう!

子どもにはわからないことも大人になるとわかるはず―。きっと多くの男性たちはそう思いながら生きてきたはずだ。しかし、社会人になり、結婚をして、子どもが生まれてわからないことはわからない。それどころか、変に知識がついてしまったがためにますます悩…

もっと見る