読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

れなれな

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
れなれな

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

アーティスト

「れなれな」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「読みながらレ・ミゼラブルが頭に流れてました」神田沙也加 宮部みゆき新刊にコメント

「読みながらレ・ミゼラブルが頭に流れてました」神田沙也加 宮部みゆき新刊にコメント

 宮部みゆき氏の最新作『過ぎ去りし王国の城』(KADOKAWA)が2015年4月24日(金)に発売され、話題を呼んでいる。各所から絶賛のコメントが届く中、ディズニー映画「アナと雪の女王」のアナ役の声優を務めたことが記憶に新しい、女優で歌手の神田沙也加からも推薦コメントが寄せられた!

神田沙也加(女優・歌手) 読みながらレ・ミゼラブルの「Castle on a Cloud」がずっと頭に流れていました。自己防衛本能は皆にある。でも「持っている」と「許されている」は違う。私にも自分の城が在って、今ここに居ます。  現代を生きる少年少女の成長物語をしっかりと捕らえたこの推薦文は、作品のテーマとなる部分を深く、鋭くえぐっている。さらに、書評家や書店員からも絶賛のコメントが届いているので紹介しよう。 松田哲夫(書評家『本の旅人 5月号』書評より) 現実を生きていく上で、何が大事であるかということを教えてくれる

高坂浩一(書店員・堀江良文堂書店 松戸店) 辛いエピソードを積み重ねながらも"生きる"ことに前向きになれる素敵な作品。物語の全貌が見えてからのスピード感に…

全文を読む

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき本人の朗読を聴いてみた

『過ぎ去りし王国の城』宮部みゆき本人の朗読を聴いてみた

 宮部みゆきの最新単行本『過ぎ去りし王国の城』(KADOKAWA)が2015年4月24日(金)に発売される。それにともない、2014年末に実施された、大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆきの自作朗読会「リーディングカンパニー ファイナル」にて朗読された音声の一部が公式WEBサイトで公開となった! 『過ぎ去りし王国の城』が発売される前に是非、宮部氏の声で本の世界に入り込んでおこう。 ⇒ 宮部みゆきが読む『過ぎ去りし王国の城』

宮部氏自身、自著の朗読をすることはほとんどないが、イベントは最後の朗読会ということもあり、新規の作品を特別に朗読しようと思った、という宮部氏の想いから初めて実施された。自らが書いた文章が心地よい抑揚で語られていくこの音源は、透明感にあふれ、すがすがしく、物語の世界に本当に入り込んでしまったような錯覚を得られる。

また、深く世界を知りたい方には、すでに再生回数14万回を超えているイメージビデオも合わせて観ておくことを強くお勧めする。 ⇒『過ぎ去りし王国の城』イメージビデオ ストーリー 早々に進学先も決まった中学3年の2月、ひょんなことから中…

全文を読む

黒板アートのメイキング映像を公開!宮部みゆき最新作『過ぎ去りし王国の城』の装画を担当した話題の女子高生

黒板アートのメイキング映像を公開!宮部みゆき最新作『過ぎ去りし王国の城』の装画を担当した話題の女子高生

 2015年4月24日(金)に直木賞作家・宮部みゆきの最新単行本『過ぎ去りし王国の城』(KADOKAWA)が発売される。それに伴いイメージビデオが解禁となった。作品のカバーイラストは、ハンドルネーム"れなれな"という女子高生が描いたもの。2015年1月に休日の学校にて「アナと雪の女王」のビジュアルを黒板に描いた写真をTwitter上にアップし、5万リツイートもの反響を呼んだ女子高生だ。イメージビデオの内容は、彼女が黒板にイラストを描く模様を取り入れた、一種のメイキング映像と思える仕上がりとなっている。宮部みゆき氏最新作のイメージを垣間見ることができるこの映像を是非一度体感してほしい!

『過ぎ去りし王国の城』は、現代の闇と光をあぶり出し、今を生きるすべての人にあたたかなエールを贈る、人の“居場所”を探す物語。宮部みゆき氏よりコメントも寄せられた。

『過ぎ去りし王国の城』関連記事 異例の大抜擢! 黒板アートで話題の女子高生が、宮部みゆき最新作カバーイラストを担当! 『過ぎ去りし王国の城』ストーリー 居場所なんか、どこにもなかった…

全文を読む

異例の大抜擢! 黒板アートで話題の女子高生が、宮部みゆき最新作カバーイラストを担当!

異例の大抜擢! 黒板アートで話題の女子高生が、宮部みゆき最新作カバーイラストを担当!

 2015年4月24日(金)に発売される宮部みゆき最新単行本『過ぎ去りし王国の城』(KADOKAWA)のカバーデザインが解禁となり話題となっている。

カバーイラストを描いたのは、ハンドルネーム“れなれな”という少女。2015年1月に休日の学校にて「アナと雪の女王」のビジュアルを黒板に描いた写真をTwitter上にアップし、5万リツイートもの反響を呼んだ女子高生だ。

 この絵を見たKADOKAWAサイドが、宮部さんの新作のイメージにぴったりということでオファーをかけ、今回の異例の大抜擢となった。カバーイラストに使われる黒板アートは、宮部氏の新作『過ぎ去りし王国の城』の世界に登場する“ヨーロッパの古城”をイメージしたもの。制作に6時間をかけ完成した秀逸な一品となっている。

『過ぎ去りし王国の城』ストーリー 居場所なんか、どこにもなかった―― 気まぐれな悪意と暴力、蔑みと無関心が、いたいけな魂を凍りつかせる。 ネグレクト、スクールカースト、孤独や失意……ふるえる心が共振するとき、かつて誰も見たことのない世界が立ち現れる――。 早々に進学先も決まった中…

全文を読む

「れなれな」のおすすめ記事をもっと見る

「れなれな」の関連画像・写真

「れなれな」の関連画像・写真をもっと見る