読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

安曇潤平

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
あずみ・じゅんぺい

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

サイト「北アルプスの風」主宰

「安曇潤平」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

山の怪談の第一人者 安曇潤平氏サイン会&トークイベント開催

山の怪談の第一人者 安曇潤平氏サイン会&トークイベント開催

『ヒュッテは夜嗤う』(安曇潤平/メディアファクトリー)

『赤いヤッケの男』『黒い遭難碑』『ヒュッテは夜嗤う』など山にまつわるの怪談作品で知られる安曇潤平氏のサイン会・トークイベントが、2013年9月7日(土)に東京・神保町書泉グランデ7Fイベントスペースにて開催される。

 最新作の「山の霊異記」シリーズ第3弾『ヒュッテは夜嗤う』では、冬に閉ざされた無人の山小屋で起こった怪異を描いた「五号室」をはじめ、山と自然への敬意と畏怖がより際立つ作品を収録。外界でありながら閉ざされた地となりうる、山という「異界」の怖さに背筋が凍る短篇集だ。

 当日はサイン会の他に、書泉グランデ山コーナー担当の星野氏を交えてのトークショーも行われる。その後、安曇氏による怪談が語られるということだ。まだまだ残暑が厳しいであろう9月、このイベントで涼んでみてはいかがだろうか。

●イベント概要 開催日:2013年9月7日(土) 時間:15:30/開場 16:00/開始 17:30/終了予定 会場:神保町・書泉グランデ7Fイベントスペース 問い合わせ・ご予約:書泉ブックマート1階(神保…

全文を読む

恐怖と哀愁の男祭り『男たちの怪談百物語』イベント開催

恐怖と哀愁の男祭り『男たちの怪談百物語』イベント開催

 男性作家10名による怪談オムニバス作品『男たちの怪談百物語』の刊行を記念して、2012年12月1日(土)東京カルチャーカルチャーにて『男たちの怪談百物語』刊行記念 男だらけの怪談祭り!と題してイベントが開催される。  同書は、安曇潤平、黒史郎、黒木あるじ、松村進吉ら男性怪談作家10名を集め、会主に東雅夫、見届け人として京極夏彦を迎えて、東京・深川某所にてオールナイトで開催された「百物語怪談会」の模様を収録した怪談オムニバス作品。

 今回行われるイベントは、同書の刊行を記念して、その怪談会の一部を再現するというものだ。怪談のスタイルとして有名な百物語だが、実際に参加することなどはあまりないのではないだろうか。興味のある方は、男たちによる仁義なき怪談合戦にぜひ足を運んでみてほしい。

●出演者 ・安曇潤平(山岳怪談作家) ・紙舞(怪談師) ・黒史郎(『幽』怪談文学賞受賞作家) ・黒木あるじ(『幽』怪談実話コンテスト受賞作家) ・小島水青(『幽』怪談文学賞受賞作家) ・紗那(怪談師) ・朱雀門出(日本ホラー小説大賞受賞作家) ・松村進吉(『「超」怖い話』…

全文を読む

「安曇潤平」のおすすめ記事をもっと見る

「安曇潤平」の本・小説

山怪談 (HONKOWAコミックス)

山怪談 (HONKOWAコミックス)

作家
安曇潤平
伊藤潤二
伊藤三巳華
今井大輔
猪川朱美
吉富昭仁
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-07
ISBN
9784022758385
作品情報を見る
山の霊異記 幻惑の尾根 (角川文庫)

山の霊異記 幻惑の尾根 (角川文庫)

作家
安曇潤平
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-07-23
ISBN
9784041044766
作品情報を見る
山の霊異記 黒い遭難碑 (角川文庫)

山の霊異記 黒い遭難碑 (角川文庫)

作家
安曇潤平
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-05-25
ISBN
9784041057322
作品情報を見る
山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫)

山の霊異記 赤いヤッケの男 (角川文庫)

作家
安曇潤平
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-07-25
ISBN
9784041057339
作品情報を見る
山の霊異記 ケルンは語らず (幽ブックス)

山の霊異記 ケルンは語らず (幽ブックス)

作家
安曇潤平
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-02-17
ISBN
9784041057315
作品情報を見る
ヒュッテは夜嗤う 山の霊異記 (幽BOOKS)

ヒュッテは夜嗤う 山の霊異記 (幽BOOKS)

作家
安曇潤平
出版社
メディアファクトリー
発売日
2013-05-31
ISBN
9784840151993
作品情報を見る

「安曇潤平」人気の作品ランキングをもっと見る

「安曇潤平」の関連画像・写真

「安曇潤平」の関連画像・写真をもっと見る