読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

伊藤比呂美

職業・肩書き
作家
ふりがな
いとう・ひろみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

詩人

「伊藤比呂美」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

村上春樹のアンデルセン文学賞授賞スピーチ全文掲載! 『MONKEY』最新号

村上春樹のアンデルセン文学賞授賞スピーチ全文掲載! 『MONKEY』最新号

『MONKEY』Vol.11(編集:柴田元幸/スイッチパブリッシング)

 翻訳家・柴田元幸責任編集による文芸誌『MONKEY』Vol.11が、2017年2月15日(水)に発売される。

 同号には、2月24日(金)に7年ぶりとなる本格長編小説『騎士団長殺し』の発売を控える村上春樹が、2016年10月にアンデルセン文学賞授賞式で行ったスピーチ「影の持つ意味」を英語訳とともに全文掲載。スピーチで紹介されたハンス・クリスチャン・アンデルセンの短篇『影』も掲載される。

 また特集では、「ともだちがいない!」と題し、ともだちがいなかったり見つかったり失われたりする話を掲載。谷川俊太郎による書き下ろしの詩10編を、谷川が幼い頃に描いた絵とともに掲載するほか、チャールズ・ブコウスキーの未訳短篇小説『アダルトブックストア店員の一日』と詩2編を、柴田の訳し下ろしで本邦初掲載する。

 そして、『コンビニ人間』の大ヒットで一躍時の人となった芥川賞作家・村田沙耶香と伊藤比呂美のインタビューを柴田が敢行。柴田の訳し下ろしで掲載する気鋭のアメリカ人女性作家、エミリー・ミッチェルの…

全文を読む

注目の新刊 『犬心』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『犬心』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

14年間ともに暮らした愛犬タケ(ジャーマン・シェパード)との最後の日々を綴ったエッセイ集。足が弱くなり階段から転げ落ちるタケ、寝相がどんどん死体っぽくなるタケ、寝たまま排泄するタケ……。重なるのはカリフォルニア・熊本間で遠距離介護をしていた父の姿だった。

全文を読む

注目の新刊 『閉経記』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

注目の新刊 『閉経記』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

「更年期は、障害どころじゃない。おもしろくてたまらない」。そう断言する著者が、『婦人公論』誌上に連載してきたエッセイの単行本化。閉経前後の日常と体の変化が、詩人ならではの大胆かつ軽妙な文体で綴られてゆく。老いを前向きにとらえた元気の出る一冊。

全文を読む

「伊藤比呂美」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤比呂美」の本・小説

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)

作家
伊藤比呂美
福永武彦
町田康
出版社
河出書房新社
発売日
2015-09-11
ISBN
9784309728780
作品情報を見る
父の生きる (光文社文庫)

父の生きる (光文社文庫)

作家
伊藤比呂美
出版社
光文社
発売日
2016-06-09
ISBN
9784334773069
作品情報を見る
石垣りん詩集 (岩波文庫)

石垣りん詩集 (岩波文庫)

作家
伊藤比呂美
出版社
岩波書店
発売日
2015-11-18
ISBN
9784003120019
作品情報を見る
なっちゃんの なつ (かがくのとも絵本)

なっちゃんの なつ (かがくのとも絵本)

作家
伊藤比呂美
片山健
出版社
福音館書店
発売日
2019-06-05
ISBN
9784834084665
作品情報を見る
良いおっぱい悪いおっぱい 完全版 (中公文庫)

良いおっぱい悪いおっぱい 完全版 (中公文庫)

作家
伊藤比呂美
出版社
中央公論新社
発売日
2010-08-21
ISBN
9784122053557
作品情報を見る
女の一生 (岩波新書)

女の一生 (岩波新書)

作家
伊藤比呂美
出版社
岩波書店
発売日
2014-09-27
ISBN
9784004315049
作品情報を見る
女の絶望 (光文社文庫)

女の絶望 (光文社文庫)

作家
伊藤比呂美
出版社
光文社
発売日
2011-03-10
ISBN
9784334749293
作品情報を見る
今日 (福音館の単行本)

今日 (福音館の単行本)

作家
下田昌克
伊藤比呂美
出版社
福音館書店
発売日
2013-02-15
ISBN
9784834027815
作品情報を見る

「伊藤比呂美」人気の作品ランキングをもっと見る

「伊藤比呂美」の関連画像・写真

「伊藤比呂美」の関連画像・写真をもっと見る