読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一徹

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
いってつ

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1979年、埼玉県生まれ。公認会計士の勉強中にアダルトビデオのエキストラに応募し男優の道に。数々の作品への出演を経て、2008年に誕生した女性向けアダルトビデオレーベル・SILK LABOの専属男優となり大ブレイクした。業界では「エロメン」と呼ばれ、テレビ番組などにも出演。イベントは女性ファンで大盛況に。

「一徹」のおすすめ記事・レビュー

「好き」というマジックワードで、セックスの負担をかけ合うのはやめにしよう。AV男優・一徹さんインタビュー

「好き」というマジックワードで、セックスの負担をかけ合うのはやめにしよう。AV男優・一徹さんインタビュー

「あ、そのスマホケース、かわいいですね」

 インタビューをはじめようと思った矢先、唐突にそう言われて戸惑った。いや、ドキッとした。目の前にいたのは、人気AV男優の一徹さん。まるで少年のような笑顔を浮かべ、ぼくの持つスマホケースを見つめている。やがて、その目線がこちらに向く。

 あぁ、一徹さんがみんなに愛される理由がわかったかもしれない――。まだ一言、二言しか言葉を交わしていないにもかかわらず、そう思った。どこにいたって飾らず、素直で、正直者。だからこそ、聞いてみたい。どうして、『セックスのほんとう』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)という著書を出そうと思ったのか。

■セックスのリアルを伝えていくことが、これからの自分の役割

 本書は、一徹さんが「セックスのリアル」について、等身大の言葉で綴った一冊だ。

 ページを開くと、顔射や潮吹き、中イキなど、ストレートなAV用語が並んでいる。しかし、それらはセンセーショナルさを演出するために使われているわけではない。むしろ、その逆。これらの単語から連想される「セックスへの思い込み」をぶち壊そうとしているのだ。

 そう…

全文を読む

エロメンの真骨頂! あなたも“愛された”気分になれる、一徹ヌード写真集『光源』

エロメンの真骨頂! あなたも“愛された”気分になれる、一徹ヌード写真集『光源』

『光源』(双葉社)

 女性向けAVメーカー「SILK LABO」に所属し、数々の出演作で世の女性たちの欲求を満たしまくってきた“エロメン”こと一徹。彼のヌード写真集『光源』(双葉社)が、11月11日(金)に発売されました。

 2008年、雑誌『anan』(マガジンハウス)のセックス特集に登場した一徹は、女性たちの間でセンセーショナルな話題を呼び、一躍有名に。「女にだって性欲はある!」という、至って健全な主張が世に受け入れられるようになってきたのも、彼がパイオニアとなり、私たちを優しく導いてくれたから、と言っても過言ではありません!

 数多の女性を虜にする“エロメン”ながら、素顔はとても明るく爽やかな一徹さん(以下、一徹)。ファンはそんな彼のギャップに魅力を感じてしまうわけですが、今作品では彼のオトナの色気にフォーカス。彼が放つ、ただならぬエロスが、全ページにわたってギュッと凝縮されています。カメラマンは、アラーキーの愛弟子で、男性のヌードやベッドシーンでの姿を長年撮り続けてきた、女流写真作家の野村佐紀子さん。  裸を生業にしてきた一徹と、男性のヌード…

全文を読む

セクシー俳優の素顔は○○だった! 一徹、月野帯人が“生”でさらけ出した夜

セクシー俳優の素顔は○○だった! 一徹、月野帯人が“生”でさらけ出した夜

 かわいくって、ちょっとおバカでそしてエロイ! これに代わる最高の恋人の条件などあるだろうか。数年前に一世を風靡したおバカタレントたちの人気が未だ衰えないように、この三拍子が揃ったら無敵なのだ。たとえそれが男子でも!

 おバカは癒やし。エロはトキメキ。そんなことを再認識させられたのが、劇団Rexyの公演である。この劇団名を聞いたことがない人もいるだろう。それもそのはず、11月末に行旗揚げ公演が行われたばかり。劇団員は人気エロメン一徹をはじめとする7人のイケメン達なのだ。

 彼らはソフト・オン・デマンドの女性向けAVレーベル「SILK LABO」や女性向け動画サイト「GIRL’S CH」にていくつものタイトルを発表している人気俳優。通称エロメン。女性誌『an・an』の掲載で人気となった一徹氏や、月野帯人氏などが出演。新宿シアターモリエールにて『ロミオとジュリエットですが…』全7公演を披露した。

 普段は女性向け動画にて、アラレのない部分まで露出している彼ら。その彼らが舞台で「生」のパフォーマンスを客前で見せるとあって、会場は超満員。熱心な女性ファンで…

全文を読む

大人気エロメン「一徹さん」がなんとマンガの主人公に

大人気エロメン「一徹さん」がなんとマンガの主人公に

(C)Libre Publishing 2015(協力/株式会社シルクラボ)

 女性誌やテレビ番組でも取り上げられ、今熱い話題となっているのが「エロメン」だ。彼らとの恋を楽しめるのが、「e乙蜜コミックス(電子コミック)」。幼馴染み、初H、出会ったその日に…など様々なシチュエーションで、オトナ乙女を夢中にさせてくれる。 「e乙蜜コミックス」では、マンガのみの通常版と、エロメンのインタビュー&グラビア付きの特別版の2種類が配信されているのだが、2015年4月30日(木)から、あの大人気エロメン「一徹さん」をモデルとしたマンガの配信が決定した!  嬉しいことに配信にともない、一徹さんのインタビューが届いたので、ムネをドキドキさせながら読んでほしい。

(C)Libre Publishing 2015(協力/株式会社シルクラボ)

一徹さんインタビュー Q:自身がマンガの主人公になる感想は? 一徹さん:大丈夫なのかな、っていう…(笑)。実際の自分はマンガに描かれているような自分ではないので…。 Q:シルクラボ作品や乙蜜のように女性が官能的なものを楽しむことについて…

全文を読む

プロセスが大事!? 女性向け官能小説って、男性向けとどう違うの?

プロセスが大事!? 女性向け官能小説って、男性向けとどう違うの?

『女流官能小説の書き方』(藍川京/幻冬舎)

近年、女性の“性”が開かれつつある。女性スタッフだけで制作される女性向けAVメーカー「SILK LABO」が注目を浴び、人気男優の“エロメン”一徹はいまやテレビにも出演するほど。2013年には「TENGA」の女性版である「iroha」という自慰グッズも発売された。

同時に、じわじわと認知を高めつつあるのが、女性向けの官能小説だ。古くからある出版社のみならず、13年には集英社クリエイティブが「eベルベット文庫」、角川書店(現・KADOKAWA)が「クロスラブ」という官能小説レーベルをスタート。女性向け官能小説を掲載するWEB小説マガジン「fleur」もオープンした。

一方で、エロの世界では雑誌やマンガ、小説などの紙媒体が、時代とともに映像にユーザーを奪われ、読者のほとんどが高齢者に…などという話を聞くのも事実。しかし、女性にこそ官能小説が必要だ、と主張するのは『女流官能小説の書き方』(幻冬舎)の著者、藍川京氏だ。氏は、『華宴』『夜の宴』(幻冬舎)、『悦花芳香』(双葉社)などを書いた、女性向け官能小説家である。

「…

全文を読む

一徹が囁き、悩みにこたえる! ジョジョカン官能女子会開催

一徹が囁き、悩みにこたえる! ジョジョカン官能女子会開催

『恋に効くSEXセラピー』(一徹/KADOKAWA/メディアファクトリー)

 「一徹」なる男をご存じだろうか? 物腰やわらかく甘いマスクで女性たちを虜にしている人気急上昇中の彼は、しかし、アイドルなどではない。所属はSILK LABO。エロメンと呼ばれる、女性向けセクシービデオに出演するトップ男優なのだ。

 近年、“女性による女性のための官能=ジョジョカン”がメジャーになりつつある。男性だけでなく女性にも壇蜜が支持され、女性誌でもさかんにセックス特集が組まれていたり、大久保佳代子などオープンな発言をする女性に人気が集まったり。“ごくごく普通の女性”が、おしゃれをしたり、映画や買い物にいったりするのと同じ感覚で、エロティックなものを求めているのだ。

 そんな“ジョジョカン”を提唱しているのが、KADOKAWA メディアファクトリーのフルール編集部。同編集部から発売されたばかりの『恋に効くSEXセラピー』は、「彼にも聞けない女性たちの悩み」に一徹がこたえ、なおかつ彼のグラビア写真も収録されているという官能実用書だ。

 2月22日に新宿ロフトプラスワンで行わ…

全文を読む

注目の新刊 『【特典DVD付】いってちゅ。Ittetsu photo book』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

注目の新刊 『【特典DVD付】いってちゅ。Ittetsu photo book』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

「エロメン」として各メディアで話題を集める、一徹のフォトブックが登場。撮り下ろしのセクシーショットやコスプレ写真、これまで詳しく語られることのなかった自身のエピソードなどをたっぷり収録したファン必見の一冊だ。本書撮影風景などを収めたDVD付き。

全文を読む

WEB官能&BL カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ 女性向けAV「SILK LABO(シルクラボ)」で“エロメン”一徹さんと遭遇編

WEB官能&BL カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ 女性向けAV「SILK LABO(シルクラボ)」で“エロメン”一徹さんと遭遇編

カフェオレ・ライター マルコの官能リサーチ 第7回(前編):【フルール文庫創刊スペシャル!】女性向けAVレーベル「SILK LABO(シルクラボ)」を取材したら、なぜか“エロメン”の一徹さんと官能シーンを演じることになった。  大人気サイト「カフェオレ・ライター」管理人・マルコがWEB小説マガジン『fleur(フルール)』にて昨今の気になる恋愛・官能コンテンツについてゆる〜く語ります。電子ナビ出張版ではその前半部分を紹介!

 

※今回の記事はいつもよりもかなりオトナの話が登場します。直接的なキーワードも出てきますので、18禁ということでお願いします!

いよいよフルール文庫が創刊されますよ~! ということで、今回はフルール文庫創刊記念特別バージョンでお届けします! みんな大好きイケメンが登場するからお楽しみに!

……さてさて、AV(アダルトビデオ)というとどうしても男性向けのイメージが強いのですが、最近では女性向けのAVも登場しており、ひそかなブームとなっています。

女性向けといっても、"男性が作る女性ウケを狙ったAV"ではありません。2008年に設立さ…

全文を読む

「一徹」のおすすめ記事をもっと見る

「一徹」のレビュー・書評をもっと見る

「一徹」の本・小説

セックスのほんとう (ハフポストブックス)

セックスのほんとう (ハフポストブックス)

作家
一徹
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日
2019-06-28
ISBN
9784799324837
作品情報を見る
恋に効く SEXセラピー

恋に効く SEXセラピー

作家
一徹
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-01-31
ISBN
9784040662299
作品情報を見る
一徹写真集 『Caramel』 (ダ・ヴィンチブックス)

一徹写真集 『Caramel』 (ダ・ヴィンチブックス)

作家
一徹
野村佐紀子
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2014-04-25
ISBN
9784040667249
作品情報を見る

「一徹」人気の作品ランキングをもっと見る