読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

一穂ミチ

職業・肩書き
作家
ふりがな
いちほ・みち

プロフィール

最終更新 : 2021-06-15

小説ディアプラス2007年ナツ号『雪よ林檎の香のごとく』(新書館)でデビュー。『イエスかノーか半分か』(新書館ディアプラス文庫)は20年12月に劇場版アニメが公開され、話題に。同シリーズ番外編の2作『つないで イエスかノーか半分か番外篇4』『OFF AIR 2 イエスかノーか半分か』(共に新書館ディアプラス文庫)は「このBLがやばい!」2021年度小説部門1位となった。ほか、『is in you』(幻冬舎ルチル文庫)、『きょうの日はさようなら』(集英社オレンジ文庫)など著作多数。

「一穂ミチ」のおすすめ記事・レビュー

第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

 第165回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月14日(水)、都内で開催され、「芥川龍之介賞」は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』に、「直木三十五賞」は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定した。

【第165回芥川賞受賞作品】

『貝に続く場所にて』(石沢麻依/講談社)

『貝に続く場所にて』(石沢麻依/講談社)

【あらすじ】 コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。 ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。

【プロフィール】 石沢麻依(いしざわ・まい)●1980年、宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、ドイツ在住。2021年、「貝に続く場所にて」で第64回群像新人文学賞を受賞。

『彼岸花が咲く島』(李琴峰/文藝春秋)

『彼岸花が咲く島』(李琴峰/文藝春秋)

【あらすじ】 記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う…

全文を読む

「気持ちって物理なんだと思う」彼女がクラスで孤立している理由を聞いて/コミカライズ版『スモールワールズ』③

「気持ちって物理なんだと思う」彼女がクラスで孤立している理由を聞いて/コミカライズ版『スモールワールズ』③

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を漫画家の嵐山のりがコミカライズ! 金魚すくいの合間に菜々子の「事情」を聞き、つい「分かる」と口にした鉄二は…。

<続きは小説でお楽しみください>

全文を読む

近所の悪ガキの暴言を「魔王」が一喝…!/コミカライズ版『スモールワールズ』②

近所の悪ガキの暴言を「魔王」が一喝…!/コミカライズ版『スモールワールズ』②

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を漫画家の嵐山のりがコミカライズ! 同級生の女子が店番しているお店を覗くと、子どもが暴言を口にしていて…。

<第3回に続く>

全文を読む

嫁ぎ先から突然実家に戻ってきた姉…弟の学校に出現して目立ちまくる/コミカライズ版『スモールワールズ』①

嫁ぎ先から突然実家に戻ってきた姉…弟の学校に出現して目立ちまくる/コミカライズ版『スモールワールズ』①

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を漫画家の嵐山のりがコミカライズ! 嫁ぎ先から突然実家に帰ってきた姉、あだ名は魔王。なにやら事情はありそうだけど…。

<第2回に続く>

全文を読む

姉にぶつけた「秘密」のこと。そして金魚すくい選手権本番で…/一穂ミチ『スモールワールズ』⑥

姉にぶつけた「秘密」のこと。そして金魚すくい選手権本番で…/一穂ミチ『スモールワールズ』⑥

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を全6回でお届け。「魔王」とあだ名される姉がなぜか実家に出戻ってきた! 高校生の弟はそんな姉に翻弄されながらも姉の「秘密」が気になって…。

『スモールワールズ』(一穂ミチ/講談社)

 夕方、家に帰ると姉は庭先で洗濯物を取り込んでいるところだった。 「遅かったのう、何しとったんじゃ。テストが終わった途端遊び呆けよんか、ええご身分じゃのう」 「姉ちゃん」 「何じゃ」 「勇さんのこと、聞いてきた」  姉はさっと顔を強張らせると、洗濯物をいっぺんに抱えて縁側に放り投げ、鉄二に背中を向けた。 「姉ちゃん」 「誰にも言うな」 「言わねえけど……どうすんの?」 「分からん」  途方に暮れた、魔王にあるまじき声だった。 「管につながれて、まぶたも動かせん、声も出ん、そんな姿を見られとうないって言われたんじゃ。元気な姿だけを覚えていてほしい、それが一生のお願いですって言われたら、わしゃどうすりゃあええ。……いつか新しい薬やらができて治るかもしれん、言うたら、奇跡…

全文を読む

姉の夫の実家に行き、ついに知った姉の「秘密」/一穂ミチ『スモールワールズ』⑤

姉の夫の実家に行き、ついに知った姉の「秘密」/一穂ミチ『スモールワールズ』⑤

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を全6回でお届け。「魔王」とあだ名される姉がなぜか実家に出戻ってきた! 高校生の弟はそんな姉に翻弄されながらも姉の「秘密」が気になって…。

『スモールワールズ』(一穂ミチ/講談社)

 期末の最終日、「きょうお店来る?」と机に近寄ってきた菜々子に、鉄二は「ちょっと行くとこがある」と答えた。 「どこ?」  リュックの中から一枚のはがきを取り出す。 「勇さん……姉ちゃんの旦那の母親から届いた年賀状に住所書いてあった。ハローページ見たけど電話番号は載ってなかったから、直接ここに行って勇さんの母ちゃんに話聞いてみようと思って」  JRと私鉄を乗り継いで二時間くらいかかる距離だったので、さすがに試験が終わるまでは動けないと我慢していた。 「よし、じゃあ今から行こう。きょう、おばあちゃんにお店頼む」  菜々子が即座に乗ってきたので驚いた。一緒に来てくれればそれは心強いのだけれど。 「いいの?」 「え、誘ってくれたんじゃないの?」 「でも、留守かもしんない。空振…

全文を読む

夫のもとになかなか帰らない姉。弟が姉の部屋で見つけた驚きのもの/一穂ミチ『スモールワールズ』④

夫のもとになかなか帰らない姉。弟が姉の部屋で見つけた驚きのもの/一穂ミチ『スモールワールズ』④

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を全6回でお届け。「魔王」とあだ名される姉がなぜか実家に出戻ってきた! 高校生の弟はそんな姉に翻弄されながらも姉の「秘密」が気になって…。

『スモールワールズ』(一穂ミチ/講談社)

 森山姉弟は週三のペースで菜々子の店に通い、金魚すくいの練習をすることになった。菜々子によると、金魚すくいの大会を催す都市は全国にいくつもあり、その中では小規模なほうらしい。自分たちが出入りするせいでほかの常連客を蹴散らす結果になるのでは、と鉄二は危惧したが、子どもたちは初めおそるおそる、すぐに堂々とやってきて姉と鉄二に慣れた。どころか姉を見つけると「魔王だ!」と子犬のようにじゃれついていく。存在自体がアトラクションな姉はSwitchに負けず劣らず面白いのか、肩車をねだったり隠れんぼに誘ったり、その流れで鉄二までキャッチボールにつき合わされる日もあった。高二男子の放課後の過ごし方として正しいのか甚だ不安ではあったが、ちびっ子相手とはいえバットの振り方を教えて尊敬の眼…

全文を読む

同級生女子のヘビーな話に硬直…女子とふたりっきりでしゃべってるなんて/一穂ミチ『スモールワールズ』③

同級生女子のヘビーな話に硬直…女子とふたりっきりでしゃべってるなんて/一穂ミチ『スモールワールズ』③

6つの家族の光と影を描き出す6編からなる連作短編集『スモールワールズ』。本書に収録された1編「魔王の帰還」を全6回でお届け。「魔王」とあだ名される姉がなぜか実家に出戻ってきた! 高校生の弟はそんな姉に翻弄されながらも姉の「秘密」が気になって…。

『スモールワールズ』(一穂ミチ/講談社)

 姉がしゃがみ込むと、そよそよ水中をたなびいていた金魚の隊列が一斉に乱れて散っていく。そりゃそうだ、人間だって逃げ出すもんな。 「反対側で構えたほうがいいですね。水槽に影が落ちるようにして、しばらくじっとしててください。金魚が、安全だと思って寄ってくるんで」 「案外賢いんやの」  姉は水槽の向かい側に移動し、殺し屋のような目つきで獲物に狙いを定めポイを突っ込んだが、すくい上げるより先に金魚の抵抗であっけなく破れた。 「おえん!」 「こつがあるんですよ」  本気で悔しがる姉の隣に菜々子がすっと屈み、新しいポイを大胆な手つきで水中に沈める。 「濡れた部分と乾いてる部分があるから破れやすくなるんです。こうして全部濡らしちゃえば意外と大丈夫。構えは水面に対して水平じゃなくて…

全文を読む

「一穂ミチ」のおすすめ記事をもっと見る

「一穂ミチ」のレビュー・書評をもっと見る

「一穂ミチ」の本・小説

パラソルでパラシュート

パラソルでパラシュート

作家
一穂ミチ
出版社
講談社
発売日
2021-11-26
ISBN
9784065260746
作品情報を見る
アンティミテ (ディアプラス文庫)

アンティミテ (ディアプラス文庫)

作家
一穂ミチ
山田2丁目
出版社
新書館
発売日
2019-08-10
ISBN
9784403524875
作品情報を見る
魔王の帰還 (アフタヌーンKC)

魔王の帰還 (アフタヌーンKC)

作家
一穂ミチ
嵐山 のり
出版社
講談社
発売日
2021-10-21
ISBN
9784065251645
作品情報を見る
スモールワールズ

スモールワールズ

作家
一穂ミチ
出版社
講談社
発売日
2021-04-22
ISBN
9784065222690
作品情報を見る
イエスかノーか半分か読本 Color Bar(CDつき)

イエスかノーか半分か読本 Color Bar(CDつき)

作家
一穂ミチ
竹美家らら
出版社
新書館
発売日
2020-12-04
ISBN
9784403221323
作品情報を見る
OFF AIR(2)

OFF AIR(2)

作家
一穂ミチ
竹美家らら
出版社
新書館
発売日
2019-10-31
ISBN
9784403221293
作品情報を見る
メロウレイン~ふったらどしゃぶり~

メロウレイン~ふったらどしゃぶり~

作家
一穂ミチ
竹美家らら
出版社
新書館
発売日
2018-10-29
ISBN
9784403221248
作品情報を見る
キス (ディアプラス文庫)

キス (ディアプラス文庫)

作家
一穂ミチ
yoco
出版社
新書館
発売日
2017-12-09
ISBN
9784403524424
作品情報を見る

「一穂ミチ」人気の作品ランキングをもっと見る

「一穂ミチ」の関連画像・写真

「一穂ミチ」の関連画像・写真をもっと見る