読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

永江朗

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ながえ・あきら

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

フリーライター

「永江朗」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

特集番外編1 2013年8月号

特集番外編1 2013年8月号

人に歴史あり、本屋にドラマあり

編集h  

今月号の特集は、

「わたしを本好きにしてくれた、わたしの街の本屋さん」。

超拡大56ページで、

関東甲信越/関西/北海道/中国・四国/九州・沖縄/東北/中部と、

全国各地のご当地本屋さんと、そこに集う人々のドラマをご紹介しております。

記事を作っていて思ったのは、本屋さんとその街のつながりの深さです。

どの本屋さんも街の人々に愛されているし、どの本屋さんも、

街の人たちに愛される店づくり、本棚作りを、していらっしゃいました。

そして、当たり前ですが、どの本屋さんも本が大好き!

自分の住む街に通える本屋さんがあるかどうかは

大げさではなく、その後の人生を大きく変えます。

こんな素敵な本屋さんに子どもの頃から通っていたら、

そりゃあ本好きになるよなあ、としみじみ思いました。

あらためて、私を本好きにしてくれた街の本屋さんに感謝。

私も地元に帰ったら、子どもの頃に通っていた本屋さんに

また立ち寄ってみようと思います。

特集内では、

「永江朗&山崎ナオコーラのぶらり東京書店めぐり」

「戸塚祥太(A.B.C-Z)アイドルが体験! 1日書店員…

全文を読む

紀伊國屋書店新宿店85年の歴史が一冊に! フェアも開催

紀伊國屋書店新宿店85年の歴史が一冊に! フェアも開催

 1927年以来、同業者も憧れる意思ある店として新宿から独自の文化を発信してきた紀伊國屋書店新宿本店。このほど同店のさまざまなエピソードを紹介した新書『新宿で85年、本を売るということ』(永江朗/メディアファクトリー)が刊行された。同店ではそれを記念して「メディアファクトリー新書フェア in 紀伊國屋書店新宿本店」が開催する予定。

 著者は、数多くの書店を取材してきたというライター・永江朗さん。 なぜ1階には他のテナントが入っていたのか? なぜ演劇ができる本格的なホールがあるのか? など、同店にまつわる疑問をさまざまなエピソードともに紹介しているほか、創業当時から今に至る新宿の歴史も垣間見ることができる一冊となっている。

 新宿本店のフェアには、同書と同時刊行される新書『うんちく居酒屋』(室井まさね/メディアファクトリー)の刊行を記念する意味も。フェアでは、メディアファクトリー新書が刊行された2010年からの全73タイトルを揃え、タイトルごとに異なったウンチクを『うんちく居酒屋』の主人公が叫ぶ、フェアオリジナルの帯をつけて販売する。

●フェア概要 メ…

全文を読む

注目の新刊 『本を味方につける本 自分が変わる読書術』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

注目の新刊 『本を味方につける本 自分が変わる読書術』 ダ・ヴィンチ2012年9月号

人間にはひとりになる時間が必要だ。その手助けになってくれるのは、本。だったら本を味方につけよう。探さなくていい、バラバラにしていい、忘れていい、歯磨きをしながら読んでもいい。本とうまくつき合うためのコツを10代読者に向けてレクチャーした一冊。

全文を読む

「永江朗」のおすすめ記事をもっと見る

「永江朗」の本・小説

インタビュー術! (講談社現代新書)

インタビュー術! (講談社現代新書)

作家
永江朗
出版社
講談社
発売日
2002-10-18
ISBN
9784061496279
作品情報を見る
こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

作家
阿川佐和子
泉麻人
井上ひさし
植草甚一
内田百閒
柏井壽
片岡義男
草森紳一
黒井千次
小島政二郎
佐野洋子
清水幾太郎
滝沢敬一
種村季弘
團伊玖磨
塚本邦雄
寺田寅彦
常盤新平
外山滋比古
永江朗
野呂邦暢
畑正憲
星野博美
湊かなえ
向田邦子
村上春樹
村松友視
森本哲郎
山口瞳
吉田健一
よしもとばなな
出版社
河出書房新社
発売日
2017-10-17
ISBN
9784309026190
作品情報を見る
世界を平和にするためのささやかな提案 (14歳の世渡り術)

世界を平和にするためのささやかな提案 (14歳の世渡り術)

作家
黒柳徹子
徳永 進
中川翔子
永江朗
伊勢崎 賢治
木村 草太
香山リカ
ヨシタケシンスケ
田中優子
島田裕巳
小島慶子
春香クリスティーン
辛酸なめ子
竹内 薫
最果タヒ
山本 敏晴
山極 寿一
上坂 すみれ
文月悠光
サヘル ローズ
池澤春菜
加古里子
出版社
河出書房新社
発売日
2015-05-26
ISBN
9784309616940
作品情報を見る
51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてから

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてから

作家
永江朗
出版社
六耀社
発売日
2016-02-01
ISBN
9784897378251
作品情報を見る
小さな出版社のつくり方

小さな出版社のつくり方

作家
永江朗
出版社
猿江商會
発売日
2016-09-26
ISBN
9784908260063
作品情報を見る
本を読むということ: 自分が変わる読書術 (河出文庫)

本を読むということ: 自分が変わる読書術 (河出文庫)

作家
永江朗
出版社
河出書房新社
発売日
2015-12-08
ISBN
9784309414218
作品情報を見る
四苦八苦の哲学──生老病死を考える

四苦八苦の哲学──生老病死を考える

作家
永江朗
出版社
晶文社
発売日
2018-09-21
ISBN
9784794970558
作品情報を見る

「永江朗」人気の作品ランキングをもっと見る

「永江朗」の関連画像・写真

「永江朗」の関連画像・写真をもっと見る