読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

円城塔

職業・肩書き
作家
ふりがな
えんじょう・とう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1972年、北海道生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。2012年、『道化師の蝶』で第146回芥川龍之介賞、『屍者の帝国』(伊藤計劃との共著)で第31回日本SF大賞特別賞を受賞。17年、『文字渦』で第43回川端康成文学賞受賞。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2007年
『オブ・ザ・ベースボール』第104回文学界新人賞
2010年
『烏有此譚』第32回野間文芸新人賞
2011年
第3回早稲田大学坪内逍遙大賞 奨励賞
2012年
『屍者の帝国』第33回日本SF大賞特別賞
2012年
『道化師の蝶』第146回芥川賞
2014年
『Self‐Reference ENGINE』フィリップ・K.ディック賞特別賞(米国)
2017年
『文字渦』第43回川端康成文学賞

「円城塔」のおすすめ記事・レビュー

デビュー2年で早逝した作家・伊藤計劃の絶筆が異例の大ヒット

デビュー2年で早逝した作家・伊藤計劃の絶筆が異例の大ヒット

 作家・伊藤計劃が34歳の若さでこの世を去ってから3年。その絶筆『屍者の帝国』(伊藤計劃、円城 塔/河出書房新社)がよみがえり、本格派SF小説としては異例の大ヒットとなっている。

伊藤は、2007年『虐殺器官』(早川書房)でSF界に彗星のごとくあらわれ、世界標準の大型新人として注目を集めた。08年にはゲームのノベライズ『METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS』(角川グループパブリッシング)、そして傑作と誉れ高い『ハーモニー』(早川書房)を発表。しかし、残念ながら09年3月に肺がんで逝去する。20代でがんが見つかった伊藤は、作家デビューしてからも入退院を繰り返し、病室のベッドで執筆することもあったという。

その伊藤が亡くなる直前まで病床で執筆に取り組んでいたのが、この『屍者の帝国』なのだ。完成することなく残された原稿は、400字詰めの原稿用紙30枚と、2枚のA4用紙に書かれたアイデア書きのみ。それを書き継ぎ完成させたのは、芥川賞作家の円城塔だ。

伊藤と円城の出会いは、『虐殺器官』が小松左京賞の最終選考に残ったときにさか…

全文を読む

すでに20万部突破!第146回芥川賞受賞作 田中慎弥『共喰い』がついに電子書籍化!

すでに20万部突破!第146回芥川賞受賞作 田中慎弥『共喰い』がついに電子書籍化!

同じく第146回芥川賞受賞作で、ひとあし早く電子書籍化された円城塔『道化師の蝶』に続き、田中慎弥『共喰い』が電子書籍化され配信が始まっています!

■『共喰い』特設ページ(集英社e文庫)

<取り扱い電子書籍ストア> Reader Store、honto!、GALAPAGOS STORE、BookLive!、紀伊國屋書店BookWeb、その他

●『共喰い』 田中慎弥 集英社 1000円(税込) ※価格は書店によって異なる場合があります

<あらすじ> 女を殴る父と、同じ目をした、俺。 川辺の町で暮らす17歳の少年。セックスの時に暴力を振るうという父親の習性を受け継いでいることを自覚し、懼れ、おののく…。逃げ場のない、濃密な血と性の物語。

第144回芥川賞候補作になった「第三紀層の魚」も収録しています!

これで今回の芥川賞受賞作は両作品ともに電子書籍化されたことになります。 芥川賞受賞作は店頭で品薄になってしまうことが多いので、電子書籍化を待っていた方も多いのではないでしょうか。

全文を読む

芥川賞受賞作『道化師の蝶』が早くも電子書籍化!

芥川賞受賞作『道化師の蝶』が早くも電子書籍化!

第146回芥川賞を、田中慎弥『共喰い』と共に受賞した円城塔『道化師の蝶』が異例ともいえるスピードで電子化され配信が開始されています!

受賞決定からわずか2週間、選評と作品が掲載される『文藝春秋』(2月10日発売)より早く電子書籍になるのは前例がありません。 もちろん単行本はすでに発売されていますが、全国的に品薄が続いているようです。

現時点での日本語文学のひとつの頂点ともいえる円城作品をぜひ電子書籍でお楽しみください!

配信は1月31日から各電子書籍ストアで開始しています。 BookLive!、GALAPAGOS STORE、紀伊國屋書店BookWeb、その他

「講談社電書info」(講談社電子書籍サイト) 『道化師の蝶』作品紹介ページ(講談社公式サイト)

『道化師の蝶』 円城塔 講談社 1103円(税込)※金額は各サイトによって異なる場合があります・あらすじ 正体不明&行方不明の作家、友幸友幸。作家を捜す富豪、エイブラムス氏。氏のエージェントで友幸友幸の翻訳者「わたし」。小説内をすりぬける架空の蝶、び上がらせて通称「道化師」。世界各地で繰り広げられる“…

全文を読む

「円城塔」のおすすめ記事をもっと見る

「円城塔」のレビュー・書評をもっと見る

「円城塔」の本・小説

怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

作家
京極夏彦
有栖川有栖
山白朝子
恒川光太郎
円城塔
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-18
ISBN
9784041072677
作品情報を見る
文字渦

文字渦

作家
円城塔
出版社
新潮社
発売日
2018-07-31
ISBN
9784103311621
作品情報を見る
バナナ剥きには最適の日々 (ハヤカワ文庫JA)

バナナ剥きには最適の日々 (ハヤカワ文庫JA)

作家
円城塔
出版社
早川書房
発売日
2014-03-07
ISBN
9784150311506
作品情報を見る
屍者の帝国 (河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)

作家
伊藤計劃
円城塔
出版社
河出書房新社
発売日
2014-11-06
ISBN
9784309413259
作品情報を見る
これはペンです (新潮文庫)

これはペンです (新潮文庫)

作家
円城塔
出版社
新潮社
発売日
2014-02-28
ISBN
9784101257716
作品情報を見る
後藤さんのこと (ハヤカワ文庫JA)

後藤さんのこと (ハヤカワ文庫JA)

作家
円城塔
出版社
早川書房
発売日
2012-03-09
ISBN
9784150310622
作品情報を見る
これで駄目なら

これで駄目なら

作家
カート・ヴォネガット
円城塔
出版社
飛鳥新社
発売日
2016-01-21
ISBN
9784864104081
作品情報を見る
文学ムック たべるのがおそい vol.1

文学ムック たべるのがおそい vol.1

作家
穂村弘
今村夏子
ケリー ルース
円城塔
大森 静佳
木下 龍也
日下三蔵
佐藤弓生
瀧井朝世
米光一成
藤野可織
イ シンジョ
西崎憲
堂園 昌彦
服部 真里子
平岡 直子
岸本佐知子
和田 景子
出版社
書肆侃侃房
発売日
2016-04-15
ISBN
9784863852198
作品情報を見る

「円城塔」人気の作品ランキングをもっと見る

「円城塔」の関連画像・写真

「円城塔」の関連画像・写真をもっと見る