読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「押切蓮介」のレビュー・書評

2期放送直前ファネッフー!『ハイスコアガール』、コミック&アニメの魅力を解き明かす!

2期放送直前ファネッフー!『ハイスコアガール』、コミック&アニメの魅力を解き明かす!

10月4日(金)25:05より、TOKYO MXほかにてアニメ『ハイスコアガール』ROUND 13~15 TV初放送 10月25日(金)25:05より毎週金曜、TOKYO MXほかにてROUND16~放送 90年代のゲームセンターで起きた奇跡のボーイ・ミーツ・ガール  観るたびに、どこか懐かしくて、なぜか切なくて、いつしか胸が熱くなる。ゲームブームの渦中で起きた奇跡…

もっと見る

雪深い田舎町で起きた惨劇を描いた『ミスミソウ』。いじめや復讐をテーマにした衝撃作にこめた、押切蓮介の想い

雪深い田舎町で起きた惨劇を描いた『ミスミソウ』。いじめや復讐をテーマにした衝撃作にこめた、押切蓮介の想い

『ミスミソウ』(押切蓮介/双葉社)  2018年4月7日(土)に公開される映画『ミスミソウ』。これは押切蓮介さんの同名マンガを原作としたものだ。はっきり言って、この作品が実写映画化されると聞いたときは、「まさか!」と思った。いや、正確に言うならば、実写化してもらいたいとは思いつつ、「無理だろうな」と感じていたのだ。このご時世、こんなにも残酷で胸を抉るような作品が映画になるなんて、と。  著者である押切さんの名前を世間に知らしめたのは、『ハイスコ…

もっと見る

恐怖で恐怖を支配しろ! 女子力(物理)は悪霊さえも退治する

恐怖で恐怖を支配しろ! 女子力(物理)は悪霊さえも退治する

 『うしおととら』『月光条例』で有名な藤田和日郎先生が、「<憎悪>で読み手は爽快の淵に叩き込まれる。信じられん。」と絶賛した作品が本作、『ゆうやみ特攻隊』。悪霊に復讐したい少年と、女子力(物理)を極めた除霊を敢行する隊長とで、悪霊怨霊をぼっこぼっこと殴り飛ばして除霊します。  気弱な少年、辻翔平(つじ しょうへい)は高校1年生。幼い頃に姉を惨殺した悪霊に復讐すべく、「どんな霊をも除霊することができる大霊能者がいる」という噂の、姫山高校心霊探偵部に入部希望者として…

もっと見る

懐かしき名作ゲームと思春期の合体技に俺の心がコンティニュー!

懐かしき名作ゲームと思春期の合体技に俺の心がコンティニュー!

みなさん、お早うございますコンニチハ今晩は。初めてゲーセンで『源平討魔伝』を目にした時の感動を今も鮮明に覚えている中國卓郎です。嗚呼その辺のセピア色な思い出を文字数フンダンに使ってネットリ濃厚に書きたい…ならブログで書けよバカ! って話ですね申し訳ないです。 時は1991年。『ストリートファイター2』こと通称“スト2”がゲームセンターに登場した年よりこの物語は始まる。“ガイル使い”としてそれなりの腕を持つ矢口ハルオ(小6)は圧倒的な強さを誇る“ザンギエフ使い”に…

もっと見る

ゲームの変遷と共に描かれる著者の“ゲーオタ”な青春記

ゲームの変遷と共に描かれる著者の“ゲーオタ”な青春記

◆ゲームの進化と僕らの青春 僕は今年でアラサーの仲間入りを果たしたが、同世代や少し上の世代の男性はみな めまぐるしく進化を遂げるゲームハードに魅了され、数々の名作ソフトを楽しんだはずである。 そこでそんなゲーム好きな大人にオススメするのが押切蓮介の『ピコピコ少年』だ。 すでにタイトルの『ピコピコ』からして懐かしい響きである。 (余談だが僕の母親もゲーム機全般の総称としてピコピコを採用していた) ◆懐かしいなぁ、もう! もちろんタイトルだけでなく、…

もっと見る

一度読んだらクセになる、トホホなお化けたちとの同居生活!

一度読んだらクセになる、トホホなお化けたちとの同居生活!

子どもの頃、『アダムス・ファミリー』や『怪物くん』に出てくるような、お化け屋敷に住んでみたいと思ったことはありませんか? あるある、と答えたあなた(同志ですね!)に是非オススメしたいのがこの作品。10代の姉弟とお化けたちとの一軒家での共同生活を描いた、ギャグホラー4コマ『ぼくと姉とオバケたち』です。 舞台となっている家(墓場の跡地に建っているらしい)には、幽霊はもちろんなぜかカッパまで、数え切れないほどのお化けが棲みついています。四六時中、あの手この手…

もっと見る

笑えてブッとんでる!? 新感覚のホラーまんが

笑えてブッとんでる!? 新感覚のホラーまんが

毎日暑いですね!! 矢澤りえかです。   こんな季節にゃ背筋がゾクゾクするこわ~~い話を読みたくなる方が多いのではないでしょうか? 私も、夏になると読みたくなります。    でもこわい話って読んだ後、恐怖の余韻がずっと残っちゃうんですよね。   こちらの作品もその恐怖が残り…ません!!!! もちろん怖いんですよ?   怖いんですけど、著者である押切氏の感性というか、遊び心が炸裂していて、ゲラゲラ笑ってしまいました。幽霊とか妖怪がでてくる作品で、こんなに…

もっと見る