読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

岡崎琢磨

職業・肩書き
作家
ふりがな
おかざき・たくま

「岡崎琢磨」のおすすめ記事・レビュー

「シリーズ10周年、原点に戻って安楽椅子探偵ものに挑戦」──「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨インタビュー

「シリーズ10周年、原点に戻って安楽椅子探偵ものに挑戦」──「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨インタビュー

 京都の裏路地にひっそりたたずむ珈琲店「タレーラン」。扉の向こうで待ち受けるのは、バリスタ・切間美星の笑顔。持ち前の推理力を生かし、彼女はさまざまな謎を解き明かす──。

「珈琲店タレーランの事件簿」は、『このミステリーがすごい!』大賞から生まれた人気シリーズ。美星の見事な推理、常連客アオヤマとの恋模様が読者の心をつかみ、累計発行部数235万部を誇る大ヒットとなっている。6巻ではふたりの仲が一歩進んだものの、最新作『珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』(岡崎琢磨/宝島社)では、アオヤマ君はほぼ登場しない短編集に。タレーランの客が謎を持ち込み、美星が鮮やかに解いてみせる、安楽椅子探偵ものの直球ミステリーになっている。

 なぜ、ここへ来て方向転換を図ったのか。収録された短編の共通点とは。そして、10周年を迎えた同シリーズの今後とは。著者の岡崎琢磨さんに話をうかがった。

取材・文=野本由起 写真:Atsuko Tanaka

キャラクターの要素を排し、ミステリーに真っ向から挑んだ意欲作

──このたび、2年4ヵ月ぶりに「珈琲店タレーランの事…

全文を読む

実希はトラブルでの責任を感じ異動願いを提出するも、大会の不正調査で「犯人像」が見えてくる/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて⑤

実希はトラブルでの責任を感じ異動願いを提出するも、大会の不正調査で「犯人像」が見えてくる/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて⑤

累計235万部突破!『このミス』大賞人気シリーズ『珈琲店タレーランの事件簿』第7弾。岡崎琢磨著の書籍『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第4回目です。「全国高校ビブリオバトル」での苦情を受け謝罪に訪れた、読裏新聞社社員・徳山美希。美希は事務局員として、「全国高校ビブリオバトル」のイベント運営を担当することになり、決勝大会当日、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが起こる。いったい誰がなんのために細工したのか!? 女性バリスタ・切間美星が珈琲店タレーランに持ち込まれる7つの謎を解いていく――。ビブリオバトル決勝大会で起きた実際の出来事をはじめ、日常にさりげなく潜む謎のかけらを結晶化した大人気喫茶店ミステリー『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』。シリーズファンはもちろん、はじめて読む人も楽しめる短編集! 抽選箱を細工した疑いは、大会のイベントに出演した作家にまで及んだ。局長と調査を進める実希は、責任を取り異動願いを提出し…。

※この物語は2020年1月に開催され…

全文を読む

実希は出場者の高校生に聞き取り調査を開始。そしてトラブルの被害者に連絡すると意外な言葉が!?/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて④

実希は出場者の高校生に聞き取り調査を開始。そしてトラブルの被害者に連絡すると意外な言葉が!?/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて④

累計235万部突破!『このミス』大賞人気シリーズ『珈琲店タレーランの事件簿』第7弾。岡崎琢磨著の書籍『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第4回目です。「全国高校ビブリオバトル」での苦情を受け謝罪に訪れた、読裏新聞社社員・徳山美希。美希は事務局員として、「全国高校ビブリオバトル」のイベント運営を担当することになり、決勝大会当日、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが起こる。いったい誰がなんのために細工したのか!? 女性バリスタ・切間美星が珈琲店タレーランに持ち込まれる7つの謎を解いていく――。ビブリオバトル決勝大会で起きた実際の出来事をはじめ、日常にさりげなく潜む謎のかけらを結晶化した大人気喫茶店ミステリー『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』。シリーズファンはもちろん、はじめて読む人も楽しめる短編集! Aブロックの生徒に対する聞き込み調査が終了。そしてトラブルの被害者・榎本さんにアポを取ろうと電話をすると、彼女の口から意外な言葉が!?

※この物語は2020年1…

全文を読む

一体誰がなんのために…。くじの抽選箱に細工した犯人を見つけるため、実希は調査をはじめる/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて③

一体誰がなんのために…。くじの抽選箱に細工した犯人を見つけるため、実希は調査をはじめる/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて③

累計235万部突破!『このミス』大賞人気シリーズ『珈琲店タレーランの事件簿』第7弾。岡崎琢磨著の書籍『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第3回目です。「全国高校ビブリオバトル」での苦情を受け謝罪に訪れた、読裏新聞社社員・徳山美希。美希は事務局員として、「全国高校ビブリオバトル」のイベント運営を担当することになり、決勝大会当日、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが起こる。いったい誰がなんのために細工したのか!? 女性バリスタ・切間美星が珈琲店タレーランに持ち込まれる7つの謎を解いていく――。ビブリオバトル決勝大会で起きた実際の出来事をはじめ、日常にさりげなく潜む謎のかけらを結晶化した大人気喫茶店ミステリー『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』。シリーズファンはもちろん、はじめて読む人も楽しめる短編集! 決勝大会で目を離したすきに抽選箱の番号を変えた犯人を探す実希。ひとりずつ電話で聞き取り調査をするも、手掛かりは見つからず…。

※この物語は2020年1月に開催さ…

全文を読む

「全国高校ビブリオバトル」の決勝が終了し、安堵したのも束の間。実希が作ったくじでトラブルが!? /珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて②

「全国高校ビブリオバトル」の決勝が終了し、安堵したのも束の間。実希が作ったくじでトラブルが!? /珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて②

累計235万部突破!『このミス』大賞人気シリーズ『珈琲店タレーランの事件簿』第7弾。岡崎琢磨著の書籍『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第2回目です。「全国高校ビブリオバトル」での苦情を受け謝罪に訪れた、読裏新聞社社員・徳山美希。美希は事務局員として、「全国高校ビブリオバトル」のイベント運営を担当することになり、決勝大会当日、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが起こる。いったい誰がなんのために細工したのか!? 女性バリスタ・切間美星が珈琲店タレーランに持ち込まれる7つの謎を解いていく――。ビブリオバトル決勝大会で起きた実際の出来事をはじめ、日常にさりげなく潜む謎のかけらを結晶化した大人気喫茶店ミステリー『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』。シリーズファンはもちろん、はじめて読む人も楽しめる短編集! 「全国高校ビブリオバトル」の予選で魅力的なプレゼンをし、決勝まで進んだ京都府代表の高校生・榎本純に注目していた実希。事務局員実希は、決勝大会の順番を決めるくじを…

全文を読む

本のプレゼンの競技大会。「全国高校ビブリオバトル」の事務局員になった、読裏新聞社社員・徳山美希だが…/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて①

本のプレゼンの競技大会。「全国高校ビブリオバトル」の事務局員になった、読裏新聞社社員・徳山美希だが…/珈琲店タレーランの事件簿7 悲しみの底に角砂糖を沈めて①

累計235万部突破!『このミス』大賞人気シリーズ『珈琲店タレーランの事件簿』第7弾。岡崎琢磨著の書籍『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』から厳選して全5回連載でお届けします。今回は第1回目です。「全国高校ビブリオバトル」での苦情を受け謝罪に訪れた、読裏新聞社社員・徳山美希。美希は事務局員として、「全国高校ビブリオバトル」のイベント運営を担当することになり、決勝大会当日、プレゼンの順番決めの抽選でトラブルが起こる。いったい誰がなんのために細工したのか!? 女性バリスタ・切間美星が珈琲店タレーランに持ち込まれる7つの謎を解いていく――。ビブリオバトル決勝大会で起きた実際の出来事をはじめ、日常にさりげなく潜む謎のかけらを結晶化した大人気喫茶店ミステリー『珈琲店タレーランの事件簿 7 悲しみの底に角砂糖を沈めて』。シリーズファンはもちろん、はじめて読む人も楽しめる短編集! 恋人との京都旅行中に純喫茶タレーランを訪れた実希は、謝罪したい相手と待ち合わせをしている。それは実希が事務局員を務める「全国高校ビブリオバトル」で起こった出来事…

全文を読む

最新刊は“自分なりの『屍人荘の殺人』”を書こうと… VR×本格ミステリについて、このミス作家・岡崎琢磨×伽古屋圭市が語る!

最新刊は“自分なりの『屍人荘の殺人』”を書こうと… VR×本格ミステリについて、このミス作家・岡崎琢磨×伽古屋圭市が語る!

(左)岡崎琢磨(右)伽古屋圭市

 累計200万部を超えるベストセラー「珈琲店タレーランの事件簿」シリーズで知られる人気作家・岡崎琢磨さんが新刊『Butterfly World 最後の六日間』を刊行。本作はVR(仮想現実)の世界を舞台にした異色の本格ミステリ&青春小説だ。この刊行を記念して、同じくVRを題材にしたミステリー『断片のアリス』の著作がある作家・伽古屋圭市さんとの特別対談を公開!

(取材・文=橋富政彦) 『Butterfly World 最後の六日間』(岡崎琢磨/双葉社)

(あらすじ)蝶の翅(はね)が生えた人型のアバター=バタフライが生息するVR空間〈バタフライワールド〉。現実世界で引きこもりのアキは、最低限の生命維持活動以外はこのバタフライワールドからログアウトせず、VR空間の住人として生きていた。そんなアキは決して現実世界に戻らないバタフライたちがいるという“館”の噂を聞きつける。その“紅招館”を訪問したアキは、自分も館の住人になりたいと願う。しかし、突然“紅招館”周辺一帯が隔絶されてアキと住人たちは閉じ込められてしまう。さらに住人のひとり…

全文を読む

ありふれた、けれど永遠に解けない 恋愛は究極の日常ミステリーです 岡崎琢磨インタビュー

ありふれた、けれど永遠に解けない 恋愛は究極の日常ミステリーです  岡崎琢磨インタビュー

 緑のなかをぐんぐん歩く。井の頭公園、代々木公園……歩調に合わせ、少しずつ変わっていく景色を眺めながらの思索の時間を、岡崎さんはとても大切にしているという。 「少し前に故郷の福岡から東京へと移り住んできたばかりなので、新たに目にする風景がいっぱい。好みの店が並ぶ下北沢のような街も好きだけど、やっぱり公園に行くことが多いですね。ネタに詰まると散歩ばっかり(笑)。歩いて、考えて、浮かんだものを持ちかえって」

岡崎琢磨 おかざき・たくま●1986年、福岡県生まれ。京都大学法学部卒。2012年、第10回「このミステリーがすごい!」大賞隠し玉として、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』で作家デビュー。現在4巻まで刊行されている、繊細な心理描写が評判の同シリーズは159万部突破の人気作となった。  

 岡崎さんが学生時代を過ごした京都の街をそぞろ歩くような心地になる『珈琲店タレーランの事件簿』は、デビュー作にして、シリーズ累計159万部を突破した。謎解きの好きな女性バリスタ・美星が鮮やかに解く“日常の謎”は、多くの読者を夢中にさせ続…

全文を読む

「岡崎琢磨」のおすすめ記事をもっと見る

「岡崎琢磨」のレビュー・書評をもっと見る

「岡崎琢磨」の本・小説

下北沢インディーズ ライブハウスの名探偵 (実業之日本社文庫)

下北沢インディーズ ライブハウスの名探偵 (実業之日本社文庫)

作家
岡崎琢磨
出版社
実業之日本社
発売日
2022-10-07
ISBN
9784408557588
作品情報を見る

「岡崎琢磨」人気の作品ランキングをもっと見る

「岡崎琢磨」の関連画像・写真

「岡崎琢磨」の関連画像・写真をもっと見る