読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

乙一

乙一 写真=川口宗道
職業・肩書き
作家
ふりがな
おついち

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1978年福岡県生まれ。17歳の時に『夏と花火と私の死体』でジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、デビュー。2003年には『GOTH リストカット事件』にて第3回本格ミステリ大賞を受賞。『ZOO』『暗いところで待ち合わせ』『きみにしか聞こえない』など人気作多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1996年
『夏と花火と私の死体』第6回ジャンプ小説大賞
2003年
『GOTH リストカット事件』第3回本格ミステリ大賞 小説部門
2012年
『くちびるに歌を』第61回小学館児童出版文化賞

「乙一」のおすすめ記事・レビュー

時間がなくてもサクっと楽しめる。1巻完結で気持ちよく騙される! おすすめミステリーマンガ5選

時間がなくてもサクっと楽しめる。1巻完結で気持ちよく騙される! おすすめミステリーマンガ5選

精巧に練られたミステリー漫画に“騙される”感覚は、何物にも代えがたい気持ちいいものだが、その分、作品を丹念に読み込まなくてはならない。「素晴らしいミステリーに騙されたいけれども、ゆっくり読む時間が取れない…」そんなあなたにおすすめしたいのが、人気マンガ家たちが描いた“1巻完結”のミステリーマンガだ。人気小説のコミカライズ作品から、マンガ史に残る名作、そして海を越えて日本でも愛される海外のマンガまで、1時間弱でサクッと楽しめる必読のおすすめ5作品を紹介する。

このまとめ記事の目次 ・外天楼 ・山羊座の友人 ・告白 コンフェッション ・11人いる! ・5秒童話

■『それ町』作者が描く渾身のミステリー! ただの短編集かと思いきや…?

『外天楼』(石黒正数/講談社)

 日常コメディの傑作『それでも町は廻っている』(石黒正数/少年画報社)の主人公・嵐山歩鳥(あらしやま・ほとり)は大のミステリー好きだが、その作者の石黒正数もまたミステリーマンガを描いている。『外天楼』(講談社)は、ミステリー系の文芸誌『メフィスト』に連載された連作短編集。増築が繰り返されておかし…

全文を読む

新たな描き下ろしカバーで登場! 乙一氏原作のコミックス3作品が待望の電子書籍化

新たな描き下ろしカバーで登場! 乙一氏原作のコミックス3作品が待望の電子書籍化

 人気作家・乙一氏原作のコミックス『傷』『きみにしか聞こえない』『失踪HOLIDAY』が、2018年4月4日(水)に一挙電子書籍化された。

 今回電子化された3作品はいずれも乙一氏原作、マンガを清原 紘氏によるもの。待望の電子化に伴い、新たに清原氏が描き下ろしたイラストを使用したカバーで登場! ファンはもちろん、まだ読んだことがないという人もこの機会にチェックしてみては?

■傷の深さも痛みも、二人で半分――。

『傷』

 小学校の特殊学級に所属する、ケイゴとアサト。少年たちは大人たちから押しつけられた、傷も、痛みも、何もかもすべて、自分の殻の中に閉じこめていた。追いつめられた二人が出会う、イノセントストーリー。

■着信は自分と同じさみしさを抱える少年からのSOSだった…。

『きみにしか聞こえない』

 主人公・相原リョウの頭の中で作り出した空想の携帯電話。電話がかかってくるはずのないその電話に、なんと着信があった!? その相手は、リョウと同じく心にさみしさを持つ男の子からの着信だった…。

■わたしを誘拐したのは…わ・た・し!

『失踪HOLIDAY』

 大金持ちのひ…

全文を読む

松田 凌「乙一作品から受ける生々しさは、どんな役者でも表現できないじゃないでしょうか」

松田 凌「乙一作品から受ける生々しさは、どんな役者でも表現できないじゃないでしょうか」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、舞台『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で、主人公の一人・翔太を演じる松田凌さん。ふだんあまり小説を読むほうではないという松田さんが、強烈に心を揺さぶられ、惚れ込んでしまったという乙一の小説『暗黒童話』について話を訊いた。

 事故で左目と記憶を失った女子高生が、眼球移植によって得た新たな眼の記憶をたよりに、監禁されているはずの少女を探す旅に出る。『暗黒童話』には、主軸となる物語のほかに、目のない少女のために鴉(からす)が眼球を集める童話が挿入されている。

「もしこの作品を演じることがあるなら、何より鴉をやりたいですね。……いや、違うな。演じたいというよりも、僕は鴉になりたいんだと思います。彼の目を通じて世界を見てみたい。初めて『暗黒童話』を読んだとき、本編よりもまず先に、鴉が語り、人間の心を理解して、人間のために眼球を集めるというその設定に衝撃を食らった。それですっかり鴉に惚れてしまったんです。 だけど実際に演じるとなると、ど…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2016年5月号】「乙一」特集番外編

【ダ・ヴィンチ2016年5月号】「乙一」特集番外編

“越境”する才能をひも解く! 編集T

 乙一さんが今年作家生活20周年を迎えられます。集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビューされたのが17歳の頃でしたから、すでに人生の半分以上を作家として過ごされているわけです。    20年間の乙一さんの作品は小説だけに留まらず、マンガや絵本、演劇の原作、映画脚本にまで及びます。その創作活動の幅広さを一言で表すとすれば、まさに“越境”ではないでしょうか。  ダ・ヴィンチ5月号ではそんな乙一さんの“越境”する才能をひも解く為に、20(周年)+1 のキーワードを設けました。さらに、20周年の節目にこれまでの“越境”の盟友たちが集結。「ジョジョ」の荒木飛呂彦さんをはじめ、舞城王太郎さん、古屋兎丸さん、映画監督の佐藤信介さん、俳優の本郷奏多さんなど、各界の第一線で活躍される皆さんがコメント、書き下ろし/描き下ろし作品を寄せてくださいました。他にも、「ゲーム実況」好きの乙一さんからのリクエストで、超人気ゲーム実況者・キヨさんとの対談も実現! そして、なんといってもご注目いただきたいのは、「中田永一」さん…

全文を読む

本格ミステリー作家・乙一が20年越しで挑んだ  異世界ファンタジー、「アークノア」シリーズ開幕

本格ミステリー作家・乙一が20年越しで挑んだ  異世界ファンタジー、「アークノア」シリーズ開幕

『Arknoah 2 ドラゴンファイア』(乙一:著、toi8:イラスト/集英社)

 兄弟そろっていじめられっこのアールとグレイは、不思議な絵本『アークノア』の世界に迷いこんでしまった。[冷凍庫峠][図書館岬][ギロチン渓谷][もどかしい階段の丘][最果ての滝の部屋]……。一説によればこの世界には、910万9千109個の部屋があるという。住人たちはみな、死を知らず、老いることもない。すべては「創造主」の意志によるものなのだという。

 外の世界に戻るための条件は、自分の心が生み落とした巨大な「怪物」を殺すことだ。その使命をサポートしてくれるのが、「ハンマーガール」というあだ名のリゼ・リプトンと、犬の頭を持ったカンヤム・カンニャム。ボケツッコミの利いた会話を繰り広げながら、でこぼこパーティーは「怪物」を殺す旅に出る――。

 このほど第2巻が刊行された『アークノア』は、第3回本格ミステリ大賞受賞作『GOTH』などで知られる乙一(おついち)が初挑戦した、異世界ファンタジーの長編シリーズだ。もともと乙一は17歳の時、ライトノベルの新人賞でデビューしている。当時…

全文を読む

注目の新刊 『Arknoah(アークノア) 1 僕のつくった怪物』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『Arknoah(アークノア) 1 僕のつくった怪物』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

父親を亡くした兄弟・アールとグレイ。いじめっ子から逃げるうち、2 人は不思議な世界〈アークノア〉に迷いこんでしまった。その世界から抜け出すためには、恐ろしい〈怪物〉に立ち向かわなくてはいけないが……。乙一による書き下ろし新シリーズ、ここに開幕!

全文を読む

注目の新刊 『ボクのかしこいパンツくん』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

注目の新刊 『ボクのかしこいパンツくん』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

「イェーイ! ボクはパンツくんだ! ヨロシク!」。算数の授業中に、ボクの白いブリーフパンツが突然しゃべった。そして、ボクたちは友達になった。一番の友達に。人気作家の異色短編を、『チーズはどこへ消えた?』などの装画を手がけたイラストレーターが絵本化。

全文を読む

節電効果抜群!? 読むだけで涼しくなれる怪談・ホラー作品ベスト10

節電効果抜群!? 読むだけで涼しくなれる怪談・ホラー作品ベスト10

 夏本番! 暑さを楽しむのもよいけれど、ジリジリした陽射しさえ凍りつく、そんな体験もしてみたいもの。 そこで、ダ・ヴィンチ読者による、オススメ怪談・ホラー作品ランキングをチェック。      1位 『リング』 鈴木光司 2位 『黒い家』 貴志祐介 3位 『屍鬼』(全5巻) 小野不由美 4位 「ゴーストハント」シリーズ(1~4巻) 小野不由美 5位 『夜市』 恒川光太郎 6位 『現代百物語 新耳袋』(全10巻) 木原浩勝、中山市朗  7位 『ぼっけえ、きょうてえ』 岩井志麻子 8位『夏と花火と私の死体』  乙一 9位 『ZOO』(全2巻) 乙一 10位 『怪談 小泉八雲怪奇短編集』 小泉八雲/作 平井呈一/訳       1位は、映画シリーズの印象も鮮烈な『リング』。ビデオを見た人が死ぬという設定や、明治時代に実際にあった千里眼事件などを題材にしたところなどが、怖さに奥行きを与えた作品だ。      現代作家による新しい作品が並ぶ中、10位には古典名作がランクイン。次点には『Another』(綾辻行人)が入っている。    涼みがてら書店へ行っ…

全文を読む

「乙一」のおすすめ記事をもっと見る

「乙一」のレビュー・書評をもっと見る

「乙一」の本・小説

怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

怪談専門誌 幽 VOL.30 (カドカワムック 763)

作家
京極夏彦
有栖川有栖
山白朝子
恒川光太郎
円城塔
澤村伊智
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-18
ISBN
9784041072677
作品情報を見る
百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)

作家
中田永一
出版社
祥伝社
発売日
2010-08-31
ISBN
9784396336080
作品情報を見る
くちびるに歌を (小学館文庫)

くちびるに歌を (小学館文庫)

作家
中田永一
出版社
小学館
発売日
2013-12-06
ISBN
9784094088816
作品情報を見る
([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)

([え]2-2)少年探偵団 江戸川乱歩・少年探偵2 (ポプラ文庫クラシック)

作家
江戸川乱歩
乙一
出版社
ポプラ社
発売日
2008-11-18
ISBN
9784591106204
作品情報を見る
The Book 〜jojo's bizarre adventure 4th another day〜 (集英社文庫)

The Book 〜jojo's bizarre adventure 4th another day〜 (集英社文庫)

作家
乙一
荒木飛呂彦
出版社
集英社
発売日
2012-11-20
ISBN
9784087450125
作品情報を見る
エムブリヲ奇譚 (角川文庫)

エムブリヲ奇譚 (角川文庫)

作家
山白朝子
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-03-25
ISBN
9784041037164
作品情報を見る
ZOO 1 (集英社文庫)

ZOO 1 (集英社文庫)

作家
乙一
出版社
集英社
発売日
2006-05-19
ISBN
9784087460377
作品情報を見る
GOTH―リストカット事件

GOTH―リストカット事件

作家
乙一
出版社
角川書店
発売日
2002-07
ISBN
9784048733908
作品情報を見る

「乙一」人気の作品ランキングをもっと見る