読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

加瀬亮

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かせ・りょう

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1974年11月9日神奈川県生まれ。映画『五条霊戦記』で映画デビュー。2007年『それでもボクはやってない』で報知映画賞主演男優賞など数多くの賞を受賞。クリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』、ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』など海外の監督との仕事も多い。

「加瀬亮」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

羽海野チカ描き下ろし! 映画『3月のライオン』、神木隆之介演じる桐山零のイラスト入りクリアファイルが2万枚限定前売特典に!

羽海野チカ描き下ろし! 映画『3月のライオン』、神木隆之介演じる桐山零のイラスト入りクリアファイルが2万枚限定前売特典に!

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

 いよいよ公開が来春に迫った、羽海野チカの大人気コミック『3月のライオン』の実写映画。監督・大友啓史、主演には神木隆之介を迎え、2017年3月18日(土)より前編が、4月22日(土)には後編が全国公開される。  今回、神木演じる桐山零が川沿いで物思いにふける一瞬を切り取った写真をもとに、原作者である羽海野チカが繊細なタッチで描き下ろしたイラストが初解禁された。  さらに同イラストが入ったクリアファイルが、2017年1月14日(土)より発売開始する、前・後編セットの前売券の特典として、全国2万枚限定でプレゼントされることが決定。クリアファイルの表面は描き下ろしイラストが、裏面には桐山の初出し写真がデザインされている。 ※前売券の取扱いが無い劇場もあり。  また、同イラストの原画は、2016年12月23日(金・祝)~2017年1月3日(火)に博多阪急で開催される「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」に展示される予定なので、こちらも要チェックだ。 ■「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」 …

全文を読む

「写真見てるだけで胸が熱くなる」映画「3月のライオン」キャスト写真一挙公開で絶賛の声続出!

「写真見てるだけで胸が熱くなる」映画「3月のライオン」キャスト写真一挙公開で絶賛の声続出!

 いよいよ公開が来春に迫った、羽海野チカ原作の大人気コミック『3月のライオン』の実写映画。配役の発表、予告編、ポスターが公開されるたびに期待がうなぎのぼりに高まっているが、この度キャラクター画像を一挙披露。「どれもそっくりすぎて愛を感じる!」と大反響が上がっている。

 2017年3月18日(土)に前編、4月22日(土)に後編と2部作で公開される、映画『3月のライオン』。神木隆之介演じる主人公、桐山零をはじめ「神がかった配役!」とファンを熱くさせているのだが、公開されたキャラクター写真も神がかっている。佐々木蔵之介扮する島田開のなにかを睨む鋭い視線、加瀬亮演じる宗谷冬司のストイックさが漂う佇まい、倉科カナ扮する川本あかりの温かい笑顔など、それぞれの人生、闘い、愛情など、キャラクターたちのドラマチックな表情が切り取られている。

宗谷冬司(加瀬亮) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本あかり(倉科カナ) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本ひなた(清原果耶) (C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

川本モモ(新…

全文を読む

窪塚洋介、浅野忠信らも出演!遠藤周作『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督により映画化でファン大興奮

窪塚洋介、浅野忠信らも出演!遠藤周作『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督により映画化でファン大興奮

『沈黙』(遠藤周作/新潮社)

 『海と毒薬』『深い河』で知られる日本を代表する人気作家・遠藤周作の名作『沈黙』がマーティン・スコセッシ監督によって「沈黙-サイレンス-」のタイトルで映画化され2017年に公開されることが明らかとなった。豪華キャスト陣も発表されており、原作ファンからは「あの傑作小説がスコセッシで映画化とか…嬉しすぎて声にならない!!!」「うぉぉぉ~! 大好きな小説! 来年、絶対劇場に見に行くぞ!」とあちこちで興奮の声が上がっている。  人間の善悪や信仰心について常に鮮烈に問題提起をし、高い支持を得てきた名作『沈黙』。同作は、17世紀の日本で布教活動をしていたある高名な宣教師が「キリシタン弾圧」によって棄教したという話からはじまる。自分の師が信仰を捨てたと知った若い司祭・ロドリゴは衝撃を受け、その真偽を確かめるために日本に訪れる。しかしそこで目の当たりにしたものは、日本人信徒に加えられる残虐な拷問の数々。自分が信仰を捨てれば信徒は助かる、しかし捨てなければ信徒たちの殉教のうめき声を聞き続けることになる。キリストの踏み絵の前に立ち、究極の…

全文を読む

描き下ろし多数!人気マンガ家とコラボ、大好評「料理企画」もあり!『3月のライオン』ファンブック第2弾に「胸いっぱい」とファン大満足!

描き下ろし多数!人気マンガ家とコラボ、大好評「料理企画」もあり!『3月のライオン』ファンブック第2弾に「胸いっぱい」とファン大満足!

『3月のライオン おさらい読本 中級編』(羽海野チカ/白泉社)

 主演・神木隆之介に続き、佐々木蔵之介、加瀬亮、有村架純などの豪華出演陣が発表され、来年の実写映画公開への期待が高まっているマンガ『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)。今秋10月からのアニメ放送を控え、西武池袋本店にて開催された「羽海野チカの世界展~ハチミツとライオンと~」展も好評のうちに幕を下ろした。また、オフィシャルファンブック第2弾『3月のライオン おさらい読本 中級編』が発売され、ファンからは「インタビューを読んでいますが、何かもう胸いっぱいです(^◇^) やはり素敵なお話だなぁ♪( ´▽`)」「コンビニで発見し、はわーっ(*゚∀゚)=3となりました。 美しい。」といった声があがっている。中には「4軒回ってやっと手に入れた 」という読者も!

 本作は、作品と読者に対して、常にフルスロットルで愛情を注いでくれる羽海野先生の関連本だ。約180ページの中に、これでもか、これでもか、というくらいの企画とお楽しみが詰まっている。

 まず驚嘆すべきは表紙をめくってすぐに現れるカラーページ…

全文を読む

加瀬 亮「観るたびに好きなシーン、好きなせりふが変わるんです」

加瀬 亮「観るたびに好きなシーン、好きなせりふが変わるんです」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、俳優の加瀬亮さん。かねてから敬愛するホン・サンス監督とは、初対面だった対談の席で意気投合。その場で出演のオファーを受けた。主演映画『自由が丘で』の魅力を語る。

 韓国映画の鬼才・ホン・サンス監督の、実に独特でスリリングな撮影方法について、加瀬さんはこんなふうに振り返る。

「映画監督が脚本を書いてる姿を初めて見ました(笑)。その日の朝、書くんです。だいたい3シーン、10ページくらいなんですが、2時間ほどで書き上げる。書きあがったらその場で覚えないといけないので、役作りとかそういう感じではなかったですね。台本が面白くなかったらその方法はツライかもしれないですが、これがものすごく面白い。だから覚えなくちゃいけないというより覚えたい、みんなで早くやろうっていう感じになるんです。撮影期間は2週間。でもそれも今回は英語だったからで、これまでの監督の映画はほとんど6日間で撮ってると聞いて、びっくりしました。それですべての映画が…

全文を読む

映画公開間近!『SPEC』ノベライズ作品電子化

映画公開間近!『SPEC』ノベライズ作品電子化

多くの謎をはらんだまま終了したTVシリーズ『SPEC』全10話の"その後" が語られる『劇場版 SPEC~天~』 の公開が4月7日(土)に迫った。戸田恵梨香と加瀬亮が主演を務める映画のノベライズ作品が電子書籍で早くも配信開始された。

『SPEC』シリーズは、常識では考えられない特殊能力を持った犯罪者に、警視庁公安部の特別捜査官が立ち向かうストーリー。 監督・堤幸彦が描くシリアスかつ小ネタ満載の展開で人気を博している。

今回、『劇場版 SPEC~天~』のノベライズ作品だけではなく、『SPEC Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(ドラマ)と『SPEC ~翔~』(スペシャルドラマ)も加えた全5冊が電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」で配信されている。 映像だけでは物足りない!と、より深く味わいたい方は要チェックだ。

さらにApp Storeでは『SPEC』から生まれたスピンオフコミックがリリースされた。 連続ドラマ放映時にケータイの電子書籍サイト・TBSブックス★で配信されていたオリジナル版18話に、iTunes登場を記念して新たに書き下ろした新ネタ4話追加しての配…

全文を読む

加瀬 亮「ヘンリー、ミアと3人で遊びまわった、ハリウッド作品撮影現場のオフタイム」

加瀬 亮「ヘンリー、ミアと3人で遊びまわった、ハリウッド作品撮影現場のオフタイム」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、カンヌ国際映画祭、東京国際映画祭で上映されて絶賛を浴びた映画『永遠の僕たち』でヒロシ役を演じた加瀬亮さん。2度目のハリウッド作品出演作では、サント監督の自由で謎に満ちた魅力にも触れたという。そして楽しんだのは――。

「海外の撮影現場は、 カジュアルというかリラックスしているというか、 空気感が日本と全然違います。 どっちがいい、悪いとかはないんですけど」

撮影期間中、何と言っても楽しかったのは、 ヘンリー・ホッパーとミア・ワシコウスカと過ごした オフタイム。

「3人でいろんなことをしました。 ライブも、映画も、本屋も一緒に行きました。 人の家に遊びにも。 ヘンリーとはずいぶん仲良くなりました。 仲良くなり過ぎて、 芝居をしている時、相手が真剣な顔をしていると、 吹き出しちゃったりもしたくらいに(笑)。 ヘンリーとミアは、 これからハリウッドを担う役者になっていくでしょうね。 初々しくて、きれいで、 本当に素敵な2人だ…

全文を読む

「加瀬亮」のおすすめ記事をもっと見る

「加瀬亮」の本・小説

クイック・ジャパン83

クイック・ジャパン83

作家
麻生久美子
加瀬亮
三木聡
シティボーイズ
内村プロデュース
大竹まこと
きたろう
斉木 しげる
前田敦子
Chim↑Pom
関根勤
森見登美彦
雨宮処凛
出版社
太田出版
発売日
2009-04-11
ISBN
9784778311735
作品情報を見る

「加瀬亮」人気の作品ランキングをもっと見る

「加瀬亮」の関連画像・写真

「加瀬亮」の関連画像・写真をもっと見る