読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

加藤ミリヤ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かとう・みりや

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1988年6月22日生まれ、愛知県出身。14歳から作詞・作曲を始める。2004年、シングル「Never let go/夜空」でアーティストデビュー。デザイナーとしてファッションブランド「KAWI JAMELE」「Mirror」を手掛けるなど、若者のカリスマとして熱狂的支持を受ける。

「加藤ミリヤ」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

【本人コメント】加藤ミリヤ初のエッセイ『あらゆる小さな運命のこと』――恋について、仕事について、素直に綴ったその内容とは

【本人コメント】加藤ミリヤ初のエッセイ『あらゆる小さな運命のこと』――恋について、仕事について、素直に綴ったその内容とは

自分の人生を良くするのは自分しかいない。

巡ってくるチャンスを生かすも殺すも最後は自分なんだと思ったら、もう自分に甘さを許してはいられない。

『あらゆる小さな運命のこと』(加藤ミリヤ/河出書房新社)

 そんな、凛とした言葉が並ぶ『あらゆる小さな運命のこと』(河出書房新社)は、今年でデビュー15周年を迎える加藤ミリヤさんが「私生活でも結婚や出産など変化があったこともあり、アーティスト活動と個人としての人生を一緒に振り返ってみたいと思いました」と書き綴った初のエッセイだ。

 13歳でソニーミュージック・オーディションに合格し、「女子高生のカリスマ」とも呼ばれた彼女が、世の女性たちの心をさらってきたのは、単に恋の切なさを歌う歌詞が共感を呼んだからではない。さみしさや孤独に揺れ惑う弱さと同時に、それでも自分の足で立とう、立ちたいと願う自立した心を歌っていたからだ。彼女のもつ弱さと強さに対する強烈な共感と憧れ。その源泉が本作を読むとうかがいしれる。

 歌のイメージで“メンヘラ代表”“つらい恋ばかりしている二番手の女”と言われることが多く、それを“意図的に書いてき…

全文を読む

「加藤ミリヤ」のレビュー・書評をもっと見る

「加藤ミリヤ」の本・小説

  • ランキング

あらゆる小さな運命のこと

あらゆる小さな運命のこと

作家
加藤ミリヤ
出版社
河出書房新社
発売日
2019-09-03
ISBN
9784309028262
作品情報を見る
Miliyah’s fashion show BEST 100 STYLE

Miliyah’s fashion show BEST 100 STYLE

作家
加藤ミリヤ
出版社
講談社
発売日
2018-07-25
ISBN
9784065124581
作品情報を見る
28

28

作家
加藤ミリヤ
出版社
ポプラ社
発売日
2017-11-23
ISBN
9784591154168
作品情報を見る
幸福の女神

幸福の女神

作家
加藤ミリヤ
出版社
幻冬舎
発売日
2016-05-26
ISBN
9784344029453
作品情報を見る
UGLY (幻冬舎文庫)

UGLY (幻冬舎文庫)

作家
加藤ミリヤ
出版社
幻冬舎
発売日
2016-04-12
ISBN
9784344424555
作品情報を見る
Cupido-クピド-

Cupido-クピド-

作家
加藤ミリヤ
出版社
KADOKAWA/エンターブレイン
発売日
2014-10-02
ISBN
9784047299900
作品情報を見る
神様

神様

作家
加藤ミリヤ
出版社
幻冬舎
発売日
2014-01-29
ISBN
9784344025189
作品情報を見る
生まれたままの私を (幻冬舎文庫)

生まれたままの私を (幻冬舎文庫)

作家
加藤ミリヤ
出版社
幻冬舎
発売日
2013-08-01
ISBN
9784344420601
作品情報を見る

「加藤ミリヤ」人気の作品ランキングをもっと見る

「加藤ミリヤ」の関連画像・写真

「加藤ミリヤ」の関連画像・写真をもっと見る