読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「夏川草介」の関連記事

「お前はただの物知りになりたいのか?」すべての本好きに問う“本”を巡る話―『神様のカルテ』の夏川草介、初のファンタジー長編『本を守ろうとする猫の話』

「お前はただの物知りになりたいのか?」すべての本好きに問う“本”を巡る話―『神様のカルテ』の夏川草介、初のファンタジー長編『本を守ろうとする猫の話』

『本を守ろうとする猫の話』(夏川草介/小学館) ベストセラーシリーズ『神様のカルテ』で知られる、夏川草介による初の長編ファンタジー小説『本を守ろうとする猫の話』が2017年1月31日(火)に発売される。 主人公の高校生、夏木林太郎は、古書店を営む祖父と2人暮らし。生活が一変したのは祖父が突然亡くなってから。面識のなかった叔母に引き取られることになり、本棚の整理をしていた林太郎の前に、人間の言葉を話すトラネコが現れた。どうやら、このトラネコは本を守る…

もっと見る

国際アンデルセン賞〈作家賞〉受賞第一作 ――『鹿の王』刊行記念 特別対談 上橋菜穂子×夏川草介

国際アンデルセン賞〈作家賞〉受賞第一作 ――『鹿の王』刊行記念 特別対談 上橋菜穂子×夏川草介

 今年3月、児童文学のノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。代表作のひとつ『精霊の守り人』の実写映像化も決定するなど、ビッグニュースが相次ぐ上橋菜穂子さんの3年ぶり、待望の長編『鹿の王』が上梓された。  命の不思議を思わずにいられないこの新作の刊行を記念して『神様のカルテ』の著者であり、医師でもある夏川草介さんとの対談が実現! 生と死をめぐって、今、何を思うのか。おふたりの対話をお届けします。 (右)上橋菜穂子 うえはし・なほこ●1…

もっと見る

櫻井翔、映画『神様のカルテ』を通じて、生きることの意味を知る

櫻井翔、映画『神様のカルテ』を通じて、生きることの意味を知る

 8月27日(土)公開の映画『神様のカルテ』で主演を務める櫻井翔さんは、地方医療の現実に立ち向かう若き医師・栗原一止(くりはらいちと)を演じている。     2年ほど前に『ニュースゼロ』のキャスターとして医師の卵たちを取材したことがあるという櫻井さん。    「あのときは医師不足がテーマで、産婦人科医、小児科医が少なくなっていることがその入口でした。難しいですよね。訴訟を起こされるリスクが高いから産婦人科医を選ばないと言われれば、それも理解できるし、そういうことって善悪だ…

もっと見る

櫻井翔&宮崎あおい、映画『神様のカルテ』には原作にないサプライズが!

櫻井翔&宮崎あおい、映画『神様のカルテ』には原作にないサプライズが!

 「『櫻井さんと冒険がしてみたい』と強く感じました」 『神様のカルテ』の映画化を手がけた深川栄洋監督は、同作で主人公・栗原一止を演じた櫻井翔と話したときに、そう感じたという。     「僕にとことんつきあってくれる彼の『我慢強さ』がなければ、今回の栗原一止(くりはらいちと)は生まれなかったと思います」     同作は、夏川草介の同名小説を原作にした話題の映画だ。 「原作を読んでまず印象に残ったのは、愛らしい登場人物と、彼らが直面するシリアスな問題とのギャップ。ユーモラスな…

もっと見る