読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

岩合光昭

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
いわごう・みつあき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1950年、東京都生まれ。70年にガラパゴス諸島を訪れたのを機に動物写真家を志す。82年から84年まで、アフリカのセレンゲティ国立公園に家族とともに移住して撮影した写真集『おきて』は、全世界で20万部を超えるベストセラーに。『地球動物記』『岩合光昭のネコ』など著書多数。

「岩合光昭」のおすすめ記事・レビュー

映画「ねことじいちゃん」予告に癒される人続出「タマが可愛すぎて何度も見ちゃう」

映画「ねことじいちゃん」予告に癒される人続出「タマが可愛すぎて何度も見ちゃう」

 2019年2月22日(金)公開の映画「ねことじいちゃん」の本予告が公開された。「タマが可愛すぎて何度も見ちゃう」「本当に癒される」と歓喜の声が続出している。

 原作となる同名漫画は、年寄りと猫ばかりが暮らしている小さな島の物語。妻を亡くした大吉が、年老いた猫のタマと一緒にのんびりとした時間を過ごす生活が描かれている。映画監督初挑戦となる岩合光昭は、動物写真家。数多くの猫写真集を発表し、テレビ番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」では映像でも猫を撮影してきた。

 映画で描かれるのは、大吉とタマに訪れる人生の転機の物語。大吉は妻が遺したレシピ作りを趣味として生きていたが、ある日突然倒れてしまう。今までにない体の不調に不安を感じ始めた矢先、ずっと寄り添ってくれていたタマが行方不明に。大吉とタマは生まれ育った島で生きるため、それぞれの決断を下す――。

 予告映像では立川演じる大吉や島の猫たちが登場し、柴咲コウ、小林薫など共演者の姿も映し出されている。映像を見た人からは、「さすが岩合さん! いい映像撮るなぁ」「全編岩合さんのセンスで作られる映画なんて楽しみ!」「可愛す…

全文を読む

こわもてなボスネコがたくさん! 岩合光昭氏の最新写真集『ネコおやぶん』

こわもてなボスネコがたくさん! 岩合光昭氏の最新写真集『ネコおやぶん』

 NHK のBS プレミアムで放送されている「岩合光昭の世界ネコ歩き」でおなじみの動物写真の第一人者・岩合光昭氏が手がけた最新写真集『ネコおやぶん』(岩合光昭/辰巳出版)が発売された。

『ネコおやぶん』(岩合光昭/辰巳出版)

「おやぶん」をテーマにした本書には、日本や世界各地で暮らすボスネコたちのさまざまな表情が収録されている。作品内では「食いしん坊親分」「こわもて親分」「グータラ親分」「名物親分」といった章が設けられているため、個性豊かなボスネコの姿も楽しめる。

©Mitsuaki Iwago

©Mitsuaki Iwago

 これまでにも野生動物の撮影を数多くこなしてきた岩合氏は、ネコの中でも顔が大きく強そうなネコを特に好み、「親分さん」と声をかけながらシャッターを切ってきた。そんな岩合氏の優しさがたっぷりと込められた本書にはボスネコの荒々しさだけでなく、ネコたちの生命力や美しさも見事に写し出されている。

©Mitsuaki Iwago

©Mitsuaki Iwago

 また、人間と共生するネコたちのユニークな姿が収められているのも本書ならではの魅…

全文を読む

自由気ままな「猫さま」を探して世界を旅する! 絶景とかわいい猫に癒される『世界のねこみち』

自由気ままな「猫さま」を探して世界を旅する! 絶景とかわいい猫に癒される『世界のねこみち』

『世界のねこみち』(岩合光昭/朝日新聞出版)

 ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、オセアニア、アジアの世界5大陸を股にかけた猫探しの旅の魅力がたっぷり詰まった『世界のねこみち』が、2017年4月20日(木)に発売された。

 大好評だった『日本のねこみち』に続き、自由気ままな「猫さま」を探して世界に飛び出した著者の岩合光昭。イタリア・アルベルベッロの“とんがり帽子”を背景に「あっかんべー」をしているような表情を見せるいたずらっ子は、舌に毛が絡まって必死の形相になってしまう。

 スペインの小さな村・アタルベイタルで出会った猫はベランダの手すりから身を乗り出して、行きかう人々を眺めている。

 他にも、トルコの湖で見事な泳ぎを披露するオッドアイの猫、モロッコの「青の迷宮」で挨拶をかわすオスたち、ガラパゴスでのイグアナとの対決、インドネシアのカリマンタンでオラウータンと共存する猫など、絶景と猫の組み合わせで幸せな気分に浸ることができる。

 同書では、8時間に及ぶ岩合の“猫撮影”に密着した撮りおろしルポも収録。猫との距離が近い愛情いっぱいの写真の秘密も知ることが…

全文を読む

まるで人間のようにビーチに寝そべる“イケメン猫”! 『アサヒカメラ』に岩合光昭撮影の猫カレンダーが一足早く登場

まるで人間のようにビーチに寝そべる“イケメン猫”! 『アサヒカメラ』に岩合光昭撮影の猫カレンダーが一足早く登場

 『アサヒカメラ』12月号が2016年11月19日(土)に発売された。特別付録として、今まで毎年1月号の特別付録だった動物写真家・岩合光昭撮影の猫カレンダー「猫にまた旅2017」が今年は一足早く付いてくる。

 カレンダーの表紙を飾るのは、ブジラル・リオのコパカパーナで撮影された猫。ネコを題材にしたドキュメンタリー番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」のロケなどで世界中を飛び回る岩合が、リオ五輪で盛り上がるブラジルを訪れコパカパーナのビーチを歩いていたところ、まるでバカンスを満喫する人間のように寝そべっている猫を発見したという。背景よし、表情よし、仕草よし。思わずシャッターを押した一枚が、表紙の写真だ。

カレンダーの写真は毎年、岩合さんと編集部で選びますが、今回の表紙の1枚については即座に満場一致で決定。しかし、月ごとの12枚を選ぶのは至難の業でした。何しろ岩合さんが回った国々の多いこと。ラトビア、イギリス、ペルー、インドネシア(バリ島)、チェコ、クロアチア、オートラリア、ルーマニア、そしてアメリカ(ニューヨーク)。あまりの名作ぞろいなので、「365日ネコち…

全文を読む

心奪われた世界中の愛すべき猫たちに贈る、動物写真家・岩合光昭のエッセイ写真集

心奪われた世界中の愛すべき猫たちに贈る、動物写真家・岩合光昭のエッセイ写真集

『ネコへの恋文』(岩合光昭/日経BP社)

 動物写真家・岩合光昭が、日本で、そして海外で心奪われた愛すべきネコたちに贈る写真とエッセイでつづった“恋文”写真集『ネコへの恋文』が、2016年10月3日(月)に発売された。  地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する動物写真家・岩合の、美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されている。カナダでホッキョクグマ、中国でジャイアントパンダやトキ、知床でオオワシやヒグマ、屋久島でヤクシカやヤクザルなど、野生動物の写真を次々と発表している。

 一方で、最近はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れており、愛猫の一生を写真に収めた『海ちゃん』や、日本各地で撮影された、『ニッポンの猫』『地中海の猫』など、ネコ中心の写真集も多く発表している。同氏のネコ好きは写真集にとどまらず、NHKBSでは『岩合光昭の世界ネコ歩き』が好評放映中。同番組は、世界各地で撮影された愛らしい猫の映像の数々で人気を博し、写真展も開催された。

 同書は、日本や世界で撮影された愛らしい猫の写真とともに、優しい言葉でつづられた“恋文”が…

全文を読む

これは見に行くしかないニャ!世界のネコたちに出会える岩合光昭の“ネコ”写真展

これは見に行くしかないニャ!世界のネコたちに出会える岩合光昭の“ネコ”写真展

 NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」で人気の岩合光昭の“ねこ”の写真展が全国各地で開催されている。

 「ネコが幸せになればヒトも幸せになり、地球も幸せになる!」と語る岩合。彼が撮るネコたちの愛情あふれる写真は、多くのひとを魅了する。会場別に、計5つの展覧会を実施しており、会場によっては岩合本人によるギャラリートークとサイン会が行われるので、この機会に行ってみるニャ!

人気番組の写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き」 NHK BSプレミアムの人気番組の写真展。ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、番組未公開映像を加え、約200点で構成されている。「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」という岩合の言葉にも納得の、世界各地の個性豊かなネコたちが楽しめる。 ・東武百貨店 船橋店:2015年12月19日(土)~12月30日(水) ・名古屋三越 栄店:2015年12月26日(土)~2016年1月11日(月) ※ギャラリートーク&サイン会:2016年1月6…

全文を読む

津軽の四季、そこに生きる子ネコたちの物語 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」開催

津軽の四季、そこに生きる子ネコたちの物語 岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」開催

 世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭(いわごう みつあき)。同氏の写真展「ふるさとのねこ 津軽の四季、子ネコたちの物語。」が、渋谷ヒカリエで2015年7月25日(土)より開催される。  岩合が各国を巡り撮影を続ける中で、見つめ続けている対象がある。それは、日本人の心の中の「ふるさと」。四季それぞれの美しさが際立つ日本。春夏秋冬を通じて、日本の原風景に出会う時、そこに「ふるさと」を感じるのではないだろうか。  青森県津軽地方。花咲く春、夏の祭り、リンゴ実る秋、そして深く長い冬。岩合は、この地に日本の原風景を見、1年をかけて子ネコと人との暮らしを撮影した。津軽の四季、そこに生きる子ネコのたちの物語。写真からは、どこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれる。 <春> 引き締まるような空気の冷たさ、そこに差し込む強い日差し。津軽に遅い春がやってくる。ウメ、サクラの花が散り、やがてリンゴ、モモの花が満開になる。ネコのコトラが子ネコを生んだ。

<夏> 津軽の夏は朝夕が涼しく、子ネコにとって楽しい季節。摘果した青いリンゴに寝ころび、遊ぶ。ねぷた、花火祭り…

全文を読む

【eBookJapan】 2月22日は猫の日! 猫関連本ポイント22倍!

【eBookJapan】 2月22日は猫の日! 猫関連本ポイント22倍!

 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJapanでは、「にゃんにゃん特集」を開催中。3月6日(木)までの期間限定で、特集に掲載されている作品すべて、にゃんこにちなんでポイントが22倍に!

  対象作品には、『進撃の巨人』の著者・諫山創氏も推す、捕食関係にある魚と猫が繰り広げるシュールなギャグを描く『さかな&ねこ』(森井ケンシロウ)や、2匹とひとりの生活をリアルに描いた杉作氏の『クロ號』、猫写真家として有名な岩合光昭氏の猫写真集『ちょっとネコぼけ』や『ハートのしっぽ』などもラインナップしている。猫好きにはたまらないこれらの作品を「猫の日」にたっぷり堪能してみては?

 また、eBookJapanでは、3月31日(月)までの間、「にゃんこの肉球 フォトグランプリ★2014」を開催。まずは、肉球写真を応募しよう。応募写真は、肉球ソムリエによって、色・つや・柔らかさ(想像)などを基準に選考され、厳選された10位までの写真を、サイト上で発表する。受賞者は、ルンバや高級猫缶、eBook図書券などがもらえる。さらに応募された肉球写真を1冊にまとめた…

全文を読む

「岩合光昭」のおすすめ記事をもっと見る

「岩合光昭」のレビュー・書評をもっと見る

「岩合光昭」の本・小説

ねこ diary schedule 2020

ねこ diary schedule 2020

作家
岩合光昭
出版社
クレヴィス
発売日
2019-09-04
ISBN
9784909532275
作品情報を見る
写真集「ねことじいちゃん」

写真集「ねことじいちゃん」

作家
岩合光昭
出版社
クレヴィス
発売日
2018-12-18
ISBN
9784909532121
作品情報を見る
猫の恋(毎日文庫)

猫の恋(毎日文庫)

作家
岩合光昭
石 寒太
出版社
毎日新聞出版
発売日
2019-07-13
ISBN
9784620210278
作品情報を見る
こねこ

こねこ

作家
岩合光昭
出版社
クレヴィス
発売日
2019-07-27
ISBN
9784909532282
作品情報を見る
かぴばら (IWAGO'S BOOK 5)

かぴばら (IWAGO'S BOOK 5)

作家
岩合光昭
出版社
クレヴィス
発売日
2018-08-05
ISBN
9784909532107
作品情報を見る
ねことはな (IWAGO'S BOOK4)

ねことはな (IWAGO'S BOOK4)

作家
岩合光昭
植物同定協力 多田多恵子
出版社
クレヴィス
発売日
2018-05-28
ISBN
9784909532008
作品情報を見る
ユリイカ 2019年3月号 特集=岩合光昭 ―猫を撮るひと―

ユリイカ 2019年3月号 特集=岩合光昭 ―猫を撮るひと―

作家
岩合光昭
ねこまき
菊田秀逸
出版社
青土社
発売日
2019-02-26
ISBN
9784791703623
作品情報を見る
岩合光昭の日本犬図鑑

岩合光昭の日本犬図鑑

作家
岩合光昭
出版社
文溪堂
発売日
2018-06-04
ISBN
9784799902103
作品情報を見る

「岩合光昭」人気の作品ランキングをもっと見る

「岩合光昭」の関連画像・写真

「岩合光昭」の関連画像・写真をもっと見る