読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

亀山郁夫

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かめやま・いくお

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

ロシア文学者

「亀山郁夫」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『謎とき「悪霊」』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

注目の新刊 『謎とき「悪霊」』 ダ・ヴィンチ2012年11月号

ドストエフスキーの新訳で知られる著者が、江川卓の「謎解き」三部作を受けて、『悪霊』の謎解きに挑んだ。ドストエフスキーが提示した人類の普遍的なテーマ「救い」「悪」「神」とは何か? 青春の書に正面から対峙した、著者の意気込みが感じられる!

全文を読む

世界は文学でできている 沼野充義×亀山郁夫 講演会開催!

世界は文学でできている 沼野充義×亀山郁夫 講演会開催!

沼野充義『世界は文学でできている』(光文社)刊行記念として、「新・世界文学としてのドストエフスキー」と題して、世界文学の新訳を続ける二人の文学者、沼野充義氏と亀山郁夫氏の講演会が開催される。

今年の1月に『世界は文学でできている』 沼野充義(光文社 税込1785円)が刊行された。そこで取り上げられている「世界文学」とは、もはや日本文学と英文学、仏文学、独文学あるいはロシア文学の壁も取り払った、まったく新しい世界文学のかたち。 ヨーロッパ以外の地域の文学も注目を集める今、国を隔てる国境はもう文学の国境ではないのかもしれない。

今回の講演会は、同書で19世紀ロシア文学から現代日本文学に及ぶ熱い対談を行っている沼野氏と亀山郁夫氏によるもので、翻訳とは何か、世界文学とは何か、亀山氏の新訳で現代に蘇ったドストエフスキーを題材に公演が行われる。

亀山氏の新訳のドストエフスキーを「古典新訳文庫」(光文社)で読んで、世界文学の面白さに初めて触れた人も多いのではないだろうか。 まだ読んでない方もこの講演会で、圧倒的に面白い世界文学の世界に一歩踏み出してみてはいかがだろ…

全文を読む

「亀山郁夫」のおすすめ記事をもっと見る

「亀山郁夫」の本・小説

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

作家
ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2006-09-07
ISBN
9784334751067
作品情報を見る
カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

作家
ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2006-11-09
ISBN
9784334751173
作品情報を見る
罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈3〉 (光文社古典新訳文庫)

作家
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2009-07-09
ISBN
9784334751845
作品情報を見る
そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。: 仕事も人生も成功するドストエフスキー66のメッセージ

そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。: 仕事も人生も成功するドストエフスキー66のメッセージ

作家
亀山郁夫
出版社
小学館
発売日
2014-12-12
ISBN
9784093460866
作品情報を見る
罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

作家
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2008-10-09
ISBN
9784334751685
作品情報を見る
ゲンロン1 現代日本の批評

ゲンロン1 現代日本の批評

作家
東浩紀
鈴木忠志
大澤聡
市川真人
福嶋亮大
佐々木敦
安藤礼二
黒瀬陽平
速水健朗
井出明
亀山郁夫
上田洋子
ボリス・グロイス
クレイグ・オーウェンス
海猫沢めろん
出版社
株式会社ゲンロン
発売日
2015-12-04
ISBN
9784907188122
作品情報を見る
罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

作家
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2009-02-01
ISBN
9784334751739
作品情報を見る
白痴 1 (光文社古典新訳文庫)

白痴 1 (光文社古典新訳文庫)

作家
ドストエフスキー
亀山郁夫
出版社
光文社
発売日
2015-11-11
ISBN
9784334753207
作品情報を見る

「亀山郁夫」人気の作品ランキングをもっと見る

「亀山郁夫」の関連画像・写真

「亀山郁夫」の関連画像・写真をもっと見る