読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吉井和哉

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
よしい・かずや

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1992年にTHE YELLOW MONKEYとしてメジャーデビュー。数々の伝説を残し2004年に解散。03年にはYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。ソロデビュー10周年を迎えた13年に初のベストアルバムをリリース。

「吉井和哉」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

若手注目俳優・落合モトキ 、10年来の愛読書は吉井和哉の日記本 

若手注目俳優・落合モトキ 、10年来の愛読書は吉井和哉の日記本 

 「吉井和哉さんは僕の憧れの人。出会いは中学生の頃、当時、ザ・イエローモンキーを親父がよく聴いていて、“いいなぁ!”と。ビジュアルを観た途端、そのルックスがあまりにもかっこよくて。いい意味で、病的にヤバそうな感じにヤラれた(笑)」

 そんな落合少年がお小遣いで買ったのが『吉井和哉の㊙おセンチ日記』。“イエモン”ブレイク前夜の1992年から3年余りにわたって綴られた数多のコラムは、“そうきますか!”と、ふいを突かれる独特な視点から切り取られた日常が、時に繊細に、時に下世話に、煽情的に、赤裸々なまでの言葉で綴られている。

 「こういうルックスの人って、ストイックで怖いんだろうなと思っていたら、ギャグセンス満載でかなり笑えた。“ここ、いいじゃん!”という個所が読むたびに変わるのも魅力。20年も前に書かれた日記なのに、現代にリンクするような問題を投げかけているのもすごい」

 この日記を吉井和哉が書いたのは26歳から29歳にかけて。落合さんもあと数年で、当時の著者の年代に差しかかる。

 「この日記が書かれていたのは、“イエモン”の活動が軌道に乗る前の時期から。僕も…

全文を読む

落合モトキ「“今”が映るWEB上の活字は、読むのも書くのも楽しみです」

落合モトキ「“今”が映るWEB上の活字は、読むのも書くのも楽しみです」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、沖縄発の新感覚エンターテインメント映画『ハイザイ~神さまの言うとおり~』で、キュートな下っ端ヤクザを演じた落合モトキさん。ロケ地・沖縄で満喫したこと、そして普段の楽しみとは――。

一週間あまりの沖縄ロケでは、夜の撮影シーンがなかったため、共演した深水元基さんと毎晩オリオンビールを飲みつつ、ゆったりオフの時間も楽しんだという落合さん。

「ロケ中は、ちょうど プロ野球のオープン戦も開催されていて、 中日ドラゴンズの選手にサインしてもらったり(笑)とか、 プライベートもけっこう満喫していましたね」

普段の楽しみのひとつは、『ほぼ日刊イトイ新聞』など、WEB上の活字を読むこと。

「今はネット上の読み物がすごく面白くて、 本よりそちらに傾いていたのですが、 この間、友だちに、 岸田國士の戯曲集を借りて読んだら、 すーっと染み込むように入ってきて。 かなり前の時代に書かれたものなのに、 違和感なく読むことができて、 戯曲の面白さに…

全文を読む

「吉井和哉」のおすすめ記事をもっと見る

「吉井和哉」の本・小説

吉井和哉の(秘)おセンチ日記

吉井和哉の(秘)おセンチ日記

作家
吉井和哉
出版社
ロッキングオン
発売日
1998-12-10
ISBN
9784947599469
作品情報を見る

「吉井和哉」人気の作品ランキングをもっと見る

「吉井和哉」の関連画像・写真

「吉井和哉」の関連画像・写真をもっと見る