読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

吉永小百合

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
よしなが・さゆり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

女優

「吉永小百合」のおすすめ記事・レビュー

吉永小百合×ジブリ美術監督・男鹿和雄 原爆を語り継ぐ『ヒロシマの風 長崎から』刊行

吉永小百合×ジブリ美術監督・男鹿和雄 原爆を語り継ぐ『ヒロシマの風 長崎から』刊行

平和への祈りを込めて語り継ぐ  日本を代表する映画女優・吉永小百合が、ライフワークとして四半世紀に渡って続けてきた原爆詩の朗読。朗読会は日本だけでなく海外でも開かれ、世界中の人々の心を打ってきた。そんな吉永の詩に、ジブリ作品の美術監督・男鹿和雄(おが かずお)が挿絵を付けた『第二楽章 ヒロシマの風 長崎から』が、2015年7月8日(水)に発売された。  同書は、過去に発売された「広島」と「長崎」の原爆詩集を初めて一冊にまとめたもの。表紙絵を描き下ろし、英訳の改訂を施した「第二楽章」決定版の詩画集として見事生まれ変わった。なお、2015年8月下旬には、最新刊『第二楽章 福島への思い』も刊行予定となっている。  戦後70年を経てもなお残る、その哀しさを忘れないために…。 吉永小百合 東京都生まれ。おもな主演映画「キューポラのある街」「伊豆の踊子」「ふしぎな岬の物語」など。2015年12月公開の「母と暮らせば」は 119本目の出演作となる。反核、平和を願いライフワークとして続けている朗読活動は今年で30年目。「第二楽章」シリーズとして「ヒロシマの風」「…

全文を読む

吉永小百合は新ミステリーの女王・湊かなえのファンだった

吉永小百合は新ミステリーの女王・湊かなえのファンだった

 この秋に公開される吉永小百合主演の映画『北のカナリアたち』。この作品の原案は、『告白』(双葉社)で知られる湊かなえ、さらに『告白』の主人公同様、吉永小百合が元教師役を演じるということで、話題を集めている。まさか、あの吉永小百合が、生徒たちの牛乳にHIVウイルスを混ぜたり、“ドッカーン”と爆弾を爆発させたりするのだろうか? しかも、湊作品を原案に推挙したのは吉永本人だというから驚きだ。

 吉永がそのいきさつについて語ったのは、8月2日に発売された文庫版『往復書簡』(幻冬舎)内におさめられた「文庫化によせて」でのインタビュー。吉永と湊作品との出会いは、ベストセラーとなった『告白』がきっかけ。まず映画を先に観た吉永に、元テレビプロデューサーの夫が「映画だけじゃだめだ。あの本は最高なんだから、読んでみなさい」と薦めたそう。

 そして、『北の零年』の脚本家と新たな映画の企画を進めていたときに、たまたま『往復書簡』の新聞広告を発見。進行していた映画の企画と設定が通じる部分があり、なんと吉永じきじきに「何とかしてこの、湊さんの「二十年後の宿題」を映画の中に取り入…

全文を読む

「吉永小百合」のおすすめ記事をもっと見る

「吉永小百合」のレビュー・書評をもっと見る

「吉永小百合」の本・小説

歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る

歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る

作家
岸 惠子
吉永小百合
出版社
世界文化社
発売日
2014-07-02
ISBN
9784418145027
作品情報を見る
詩画集 小さな祈り

詩画集 小さな祈り

作家
男鹿和雄
吉永小百合
出版社
汐文社
発売日
1998-02-01
ISBN
9784811301839
作品情報を見る
篠山紀信版源氏物語 太秦映画・千年の恋

篠山紀信版源氏物語 太秦映画・千年の恋

作家
篠山紀信
吉永小百合
出版社
講談社
発売日
2001-10
ISBN
9784062109277
作品情報を見る
私が愛した映画たち (集英社新書)

私が愛した映画たち (集英社新書)

作家
吉永小百合
立花 珠樹
出版社
集英社
発売日
2018-02-16
ISBN
9784087210224
作品情報を見る
憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言 (岩波ブックレット657)

憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言 (岩波ブックレット657)

作家
井筒 和幸
木村 裕一
黒柳徹子
辛酸なめ子
中村 哲
半藤 一利
松本侑子
美輪明宏
森永卓郎
吉永小百合
出版社
岩波書店
発売日
2005-08-03
ISBN
9784000093576
作品情報を見る

「吉永小百合」人気の作品ランキングをもっと見る

「吉永小百合」の関連画像・写真

「吉永小百合」の関連画像・写真をもっと見る