読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

久坂部羊

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
くさかべ・よう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

医師

「久坂部羊」のおすすめ記事・レビュー

発売後すぐに重版決定! “医療現場のリアル”を、皮肉とブラックユーモアで不気味に抉る『嗤う名医』が話題!

発売後すぐに重版決定! “医療現場のリアル”を、皮肉とブラックユーモアで不気味に抉る『嗤う名医』が話題!

『嗤う名医』(久坂部 羊/集英社)

 麻痺して回復が見込めない手足を巡る鮮烈なデビュー作『廃用身』(幻冬舎文庫)に始まり、日本医療小説大賞を受賞した『悪医』(朝日新聞出版)、ドラマ化された『破裂』『無痛』(ともに幻冬舎文庫)など、久坂部羊といえば、現場のリアルを鋭く抉るシリアスな社会派医療サスペンスの書き手という印象が強い。だが「それしか知らない」のはもったいない。『嗤う名医』(集英社)は、皮肉とブラックユーモアに満ちた、著者の別の面を味わえる一冊だ。本作があつかうテーマへの読者の関心は高く、発売してすぐに重版がかかる好調ぶりをみせている。

 収録されているのは、医療現場を舞台にした六つのミステリ。嫁の介護に不満を持つ老人の独白で構成された「寝たきりの殺意」、豊胸手術で入れたシリコンを胸から取り出したい女性を描く「シリコン」、自分にも他者にも厳しい医師が自分のミスに気付く「至高の名医」、頭蓋骨が好きでたまらない解剖学講座の技術員の思いがほとばしる「愛ドクロ」、身勝手な患者や家族に振り回されながら笑顔を絶やさない医者の裏側を綴った「名医の微笑」、そし…

全文を読む

注目の新刊 『ブラック・ジャックは遠かった 阪大医学生ふらふら青春記』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

注目の新刊 『ブラック・ジャックは遠かった 阪大医学生ふらふら青春記』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

一浪の末名門・大阪大学医学部に合格したものの、遊んでばかりで授業はサボり、暇さえあれば旅に出て、すっかり落ちこぼれに。アホで夢見がちで貧乏だけど、それでも純粋で根拠のない希望に満ちていた学生時代。医療ミステリーの名手が綴る、昭和の青春回想記。

全文を読む

「久坂部羊」のおすすめ記事をもっと見る

「久坂部羊」のレビュー・書評をもっと見る

「久坂部羊」の本・小説

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫)

医療ミステリーアンソロジー『ドクターM』 (朝日文庫)

作家
海堂尊
久坂部羊
近藤史恵
篠田節子
知念実希人
長岡弘樹
新津きよみ
山田風太郎
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-07-07
ISBN
9784022649614
作品情報を見る
MR

MR

作家
久坂部羊
出版社
幻冬舎
発売日
2021-04-14
ISBN
9784344037632
作品情報を見る
怖い患者

怖い患者

作家
久坂部羊
出版社
集英社
発売日
2020-04-03
ISBN
9784087717082
作品情報を見る
祝葬

祝葬

作家
久坂部羊
出版社
講談社
発売日
2018-02-15
ISBN
9784062207720
作品情報を見る
介護士K (角川文庫)

介護士K (角川文庫)

作家
久坂部羊
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-24
ISBN
9784041099698
作品情報を見る
カネと共に去りぬ

カネと共に去りぬ

作家
久坂部羊
出版社
新潮社
発売日
2017-11-22
ISBN
9784103358725
作品情報を見る
日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)

日本人の死に時―そんなに長生きしたいですか (幻冬舎新書)

作家
久坂部羊
出版社
幻冬舎
発売日
2007-01-01
ISBN
9784344980181
作品情報を見る

「久坂部羊」人気の作品ランキングをもっと見る