読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「宮内悠介」の関連記事

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

 第158回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、「直木賞」は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定した。 【第158回芥川賞受賞作品】…

もっと見る

伝説の雑誌『奇想天外』。本日10月27日に奇跡の復活。新井素子、有栖川有栖、恩田 陸、京極夏彦らも小説寄稿!

伝説の雑誌『奇想天外』。本日10月27日に奇跡の復活。新井素子、有栖川有栖、恩田 陸、京極夏彦らも小説寄稿!

2017年は〈新本格〉誕生30周年に当たる。その〈新本格〉第一世代作家がまだ読者だった1970~80年代に、『奇想天外』という雑誌があった。SF・ミステリーなどのジャンルを超えた、まさに「奇想天外」な誌面。その伝説の雑誌を2017年10月27日に山口雅也が復活させる。 山口雅也 やまぐち・まさや●1954年、神奈川県生まれ。早稲田大学法学部卒。在学中より諸分野のライターとして活動後、89年に『生ける屍の死』で作家として本格デビューを果た…

もっと見る

真犯人の手記の形で事件の裏側が明らかに! 『僕だけがいない街』オリジナル小説の連載スタート

真犯人の手記の形で事件の裏側が明らかに! 『僕だけがいない街』オリジナル小説の連載スタート

『僕だけがいない街』①~⑤巻好評発売中!  2016年1月にTVアニメ化、同年春に映画化が決定した、話題のサスペンスコミック『僕だけがいない街』(三部けい/KADOKAWA)のノベライズが、電子文芸誌「文芸カドカワ」で10月10日から連載がスタートすることとなった。  ノベライズは、原作コミックスの主人公が追う真犯人の手記の形で事件の裏側を綴った、オリジナルストーリーとなっている。ノベライズ担当は、PCゲームメーカー「ニトロプラス」に所…

もっと見る

新人でいきなり直木賞にノミネート 宮内悠介って何者?

新人でいきなり直木賞にノミネート 宮内悠介って何者?

 いよいよ選考会を今夜に控えた第147回の直木賞。 そんな直木賞に今回、デビュー作でノミネートされた異例づくしの新人作家がいる。それが宮内悠介だ。 早稲田大学出身の彼は在学中ワセダミステリクラブに所属し、卒業後もワセダミステリクラブOBとして創作を続けていた。幼い頃をニューヨークで過ごし、大学卒業後はインドやアフガニスタンを放浪した後に麻雀のプロを目指したこともあり、その経験が今回の『盤上の夜』(東京創元社)に活かされている。 1人のジャーナリストの目を…

もっと見る