読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

橋爪功

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
はしづめ・いさお

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1941年大阪府生まれ。文学座、劇団「雲」を経て、75年に仲谷昇、岸田今日子らとともに演劇集団「円」を創立(代表)。映画、ドラマ、舞台などで幅広く活躍。最近の映画出演作に『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』『奇跡』など。

「橋爪功」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

ほんらぶインタビュー あの人のトクベツな3冊 橋爪功さん

ほんらぶインタビュー あの人のトクベツな3冊 橋爪功さん

腹の底から熱くなって動かされる、そんな本と出会いたい

橋爪功 はしづめいさお●1941年、大阪府出身。文学座、劇団雲を経て、75年に演劇集団円の設立に参加。以後、映画・舞台・TVドラマ等、幅広い分野で活躍。森田芳光監督の『キッチン』(89)『おいしい結婚』(91)、鴻上尚史監督の『ジュリエット・ゲーム』(89)、ジェームス三木監督の『善人の条件』(89)では日本アカデミー賞優秀助演男優賞、和泉聖治監督の『お日柄もよくご愁傷さま』(96)では同主演男優賞を受賞。主な映画出演作に、『居酒屋ゆうれい』(94/渡邊孝好監督)、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(10/錦織良成監督)、『奇跡』(11/是枝裕和監督)などがあり、日本を代表する実力派俳優。「東京家族」では主人公・平山周吉を演じる。

「本当に舌を巻きますね、この方には。特に短編なんかは不思議なことをお書きになるし、ご本人も役者をやられますしね。いつも頭の片隅にある方なんですよ」

 唸るように、けれど声を弾ませて橋爪功さんがあげた1冊は、筒井康隆氏の『懲戒の部屋』。膨大な作品…

全文を読む

「橋爪功」のおすすめ記事をもっと見る

「橋爪功」の本・小説

  • ランキング

火垂るの墓 [新潮CD]

火垂るの墓 [新潮CD]

作家
野坂昭如
橋爪功
出版社
新潮社
発売日
2001-07-25
ISBN
9784108300675
作品情報を見る
声でたのしむ美しい日本の詩〈近・現代詩篇〉 (岩波CDブックス)

声でたのしむ美しい日本の詩〈近・現代詩篇〉 (岩波CDブックス)

作家
岸田今日子
橋爪功
大岡信
谷川俊太郎
出版社
岩波書店
発売日
1990-06-07
ISBN
9784002500041
作品情報を見る

「橋爪功」人気の作品ランキングをもっと見る

「橋爪功」の関連画像・写真

「橋爪功」の関連画像・写真をもっと見る