読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金原ひとみ

職業・肩書き
作家
ふりがな
かねはら・ひとみ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1983年8月8日、東京生まれ。小説家。実父は、法政大学社会学部教授・児童文学研究家・翻訳家の金原瑞人氏。12歳のころから小説を書き始める。20歳の時に周囲から勧められ、すばる文学賞に応募。2003年、舌先が蛇のように割れたスプリットタンに魅了された少女が身体改造にはまっていく物語を描いたデビュー作「蛇にピアス」(2004年、集英社)で、第27回すばる文学賞を受賞。2004年には、同作品で第130回芥川賞を綿矢りさと共に受賞した。ベストセラー小説として28か国語で翻訳出版されている。また、2008年には、蜷川幸雄氏監督により映画化された。2007年には、フランツ・カフカの短編「田舎医者」をモチーフにした山村浩二氏監督のアニメ映画「カフカ 田舎医者」で初映画出演を果たした。

短編集「TRIP TRAP」(2009年、角川書店)で第27回織田作之助賞を受賞。「マザーズ」(2011年、新潮社)では、三人の若い母親が抱える孤独と焦燥を描き、同年第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した。

著書には、十代後半でストーカー化した元恋人に刺された過去を持つ女性と、その未成年の甥との関係を描いた長編小説「軽薄」(2016年、新潮社)や、「アッシュベイビー」(2004年、集英社)、「オートフィクション」(2006年、集英社)、「ハイドラ」(2007年、新潮社)、「マリアージュ・マリアージュ」(2012年、新潮社)、「クラウドガール」(2017年、朝日新聞出版)などがある。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2003年
『蛇にピアス』第27回すばる文学賞
2004年
『蛇にピアス』第130回芥川賞
2010年
『TRIP TRAP(トリップ・トラップ)』第27回織田作之助賞
2012年
『マザーズ』第22回Bunkamuraドゥマゴ文学賞

「金原ひとみ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

いつの時代も「ダメ男」本はおもしろい! 本好きに究極の選択をせまる、翻訳家・金原瑞人氏とっておきの「未翻訳本」が目白押し!

いつの時代も「ダメ男」本はおもしろい! 本好きに究極の選択をせまる、翻訳家・金原瑞人氏とっておきの「未翻訳本」が目白押し!

『サリンジャーに、マティーニを教わった』(金原瑞人/潮出版社)

 英文学翻訳家と聞いて、どんな人を思い浮かべるだろう? バイリンガルもしくは、それ並みの英語力を持ち、当然英語ペラペラ、英語も日本語も自在に駆使できる人、というのが月並みだが、まず頭に浮かぶイメージだ。恐れ入ってしまうのは私だけではないだろう。

 エッセイ集『サリンジャーに、マティーニを教わった』(潮出版社)の著者・金原瑞人氏は、30年以上のキャリアを持ち、手がけた本はゆうに450冊を越えるという、超ベテラン翻訳家だ。『蛇とピアス』(集英社)で芥川賞を受賞した金原ひとみさんの実父でもある。これはもう、すごいインテリエッセイに違いない…とおそるおそる本を開いたら、冒頭のエピソードは「昔も今も洋の東西を問わずダメ男を書いた本がなぜかおもしろい」。海外のヤングアダルト作品から近松まで、ダメ男が次々に登場する、なんとも思いがけないオープニングなのだ。最後には未翻訳本からとっておきのダメ男、ダメ人間が紹介される。これはずるい、読んでみたくなったって、翻訳されていないのだ。

 できることなら今すぐ読…

全文を読む

震災後の時間を生きる個人とその家族の運命を描いた最新作『持たざる者』【金原ひとみインタビュー】

震災後の時間を生きる個人とその家族の運命を描いた最新作『持たざる者』【金原ひとみインタビュー】

『持たざる者』(金原ひとみ/集英社)

 デビュー以来、金原ひとみさんは共同体から孤絶した個人を描き続けてきた。主人公の多くは、金原さん自身のプロフィールやイメージに重ねられてきた。『マザーズ』(2011年)で初めて家族小説に挑戦した金原さんは、六人六様の結婚生活を描いた短編集『マリアージュ・マリアージュ』(12年)を経て、震災後の時間を生きる個人とその家族の運命を描いた本作に辿り着いた。 「インタビューなどで次にどのようなものが書きたいですかと訊かれると、デビューからずっと家族小説と答えてきました。気がついたら家族小説の世界に入りこんでいた感じです。結婚、出産、子育てと、私自身の実体験とリンクさせながら書くことで、結婚後の家庭生活が小説の重要な要素として自然な形で立ちあがってきました。デビューからしばらくは恋愛が中心で、一対一の関係であったり三角関係であったり、二、三人の狭い世界を一人称の視点で書いていました。『マザーズ』辺りから、一人の視点だけで物語を成り立たせることが難しくなってきました。そうして辿り着いたのが、章ごとに語り手をチェンジさ…

全文を読む

注目の新刊 『マリアージュ・マリアージュ』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

注目の新刊 『マリアージュ・マリアージュ』 ダ・ヴィンチ2013年1月号

二十歳のとき彼に出会い、二十一で結婚した。いっときも離れたくなかった。子どもが生まれ、いつしか私たちは破綻して、外に恋人ができた。でもふと気づく、本当は夫とだけ愛しあいたい――。結婚のあとさきをめぐる女たちの心理を描いた、秀逸な短編集。

全文を読む

「金原ひとみ」のおすすめ記事をもっと見る

「金原ひとみ」の本・小説

fishy

fishy

作家
金原ひとみ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2020-09-07
ISBN
9784022517135
作品情報を見る
パリの砂漠、東京の蜃気楼

パリの砂漠、東京の蜃気楼

作家
金原ひとみ
出版社
ホーム社
発売日
2020-04-23
ISBN
9784834253375
作品情報を見る
クラウドガール

クラウドガール

作家
金原ひとみ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-01-06
ISBN
9784022514448
作品情報を見る
ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ

ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ

作家
江國香織
松浦理英子
角田光代
金原ひとみ
桐野夏生
小池昌代
島田雅彦
日和 聡子
町田康
出版社
新潮社
発売日
2008-10-31
ISBN
9784103808510
作品情報を見る
文学2018

文学2018

作家
日本文藝家協会
青山七恵
金原ひとみ
柴崎友香
高橋弘希
沼田 真佑
星野智幸
町田康
綿矢りさ
出版社
講談社
発売日
2018-04-22
ISBN
9784062210232
作品情報を見る

「金原ひとみ」人気の作品ランキングをもっと見る

「金原ひとみ」の関連画像・写真

「金原ひとみ」の関連画像・写真をもっと見る