読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金子兜太

職業・肩書き
作家
ふりがな
かねこ・とうた

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

俳人

「金子兜太」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「俳句」とはいったいなんだろう? いとうせいこうが俳句界の巨人・金子兜太に挑む

「俳句」とはいったいなんだろう? いとうせいこうが俳句界の巨人・金子兜太に挑む

『他流試合――俳句入門真剣勝負!』(講談社) 「俳句」とはいったいなんだろう? 『大辞泉』で調べてみると「五七五の三句の定型から成り、季語を含むことを約束とする日本独自の短詩系文芸」とあった。確かに松尾芭蕉の句「古池や蛙飛び込む水の音」は「ふるいけや/かわずとびこむ/みずのおと」と五文字、七文字、五文字のかたまりで、春の季語「蛙」があり、定型と約束を守っている。では「鉄鉢の中へも霰(あられ)」と詠んだ種田山頭火や、「せきをしてもひとり」の句で知られる尾崎放哉は?

1955年に第一句集『少年』を発表した俳人であり、現代俳句協会名誉会長を務める俳句界の巨人・金子兜太は、これらは立派な俳句であるという。その巨人に「俳句とは何か?」と果敢に挑んだのが、散文の書き手である作家のいとうせいこうだ。対談は1999~2000年に行われ、2001年に単行本『他流試合――兜太・せいこうの新俳句鑑賞』として刊行された。それから15年――「続編を上梓したかった」と言ういとうは金子と2016年に改めて対談、新たな「他流試合」を追加し、過去の対談に加筆・修正を加え、2017…

全文を読む

「金子兜太」のおすすめ記事をもっと見る

「金子兜太」の本・小説

証言・昭和の俳句 増補新装版

証言・昭和の俳句 増補新装版

作家
桂 信子
鈴木 六林男
草間時彦
金子兜太
成田 千空
古舘 曹人
津田 清子
古沢太穂
沢木 欣一
佐藤 鬼房
中村 苑子
深見 けん二
三橋 敏雄
黒田 杏子
出版社
コールサック社
発売日
2021-08-05
ISBN
9784864354813
作品情報を見る
美しい日本の季語―365日で味わう

美しい日本の季語―365日で味わう

作家
金子兜太
出版社
誠文堂新光社
発売日
2010-04-01
ISBN
9784416810286
作品情報を見る
証言・昭和の俳句 増補新装版

証言・昭和の俳句 増補新装版

作家
桂 信子
鈴木 六林男
草間時彦
金子兜太
成田 千空
古舘 曹人
津田 清子
古沢太穂
沢木 欣一
佐藤 鬼房
中村 苑子
深見 けん二
三橋 敏雄
黒田 杏子
出版社
コールサック社
発売日
2021-08-05
ISBN
9784864354875
作品情報を見る
雑誌『兜太 Tota』 vol.4 〔特集・龍太と兜太――戦後俳句の総括〕

雑誌『兜太 Tota』 vol.4 〔特集・龍太と兜太――戦後俳句の総括〕

作家
黒田 杏子
筑紫 磐井
金子兜太
出版社
藤原書店
発売日
2020-03-27
ISBN
9784865782622
作品情報を見る

「金子兜太」人気の作品ランキングをもっと見る

「金子兜太」の関連画像・写真

「金子兜太」の関連画像・写真をもっと見る