読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

金田淳子

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かねだ・じゅんこ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1973年富山県生まれ。東京大学の法学部を卒業。その後、文学部に学士入学し卒業。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学(社会学)。やおい・ボーイズラブ・同人誌研究家で、腐女子文化研究者、社会学者。『ユリイカ』(青土社)のボーイズラブ特集などに企画段階から協力。2014年発売の『美術手帖 2014年 12月号』では、ボーイズラブ特集の「BL座談会」などに参加。2019年に3月に更新を終了した「ホウドウキョク」内の深夜番組『真夜中のニャーゴ』に出演していた。

2007年2月に発売した、東京大学大学院教授の佐藤健二と吉見俊哉による『文化の社会学』(有斐閣)の第7章「マンガ同人誌――解釈共同体のポリティクス」にて共著。同じく2007年に発売された『ユリイカ2007年11月臨時増刊号 総特集=荒木飛呂彦 鋼鉄の魂は走りつづける』(青土社)にて、荒木飛呂彦と斎藤環と共に対談。荒木飛呂彦の作品に対し、作者に直接妄想を繰り広げたことにより読者の間で物議をかもした場面もあった。2015年発売の単行本『オトコのカラダはキモチいい』(KADOKAWA)では、AV監督の二村ヒトシと文筆家の岡田育と共に執筆。2017年に加筆を加えた増補版として文庫が発売された。

2016年には、アルテイシア著『オクテ女子のための恋愛基礎講座』(幻冬舎)の発売に合わせて、「オクテ男女の恋愛と結婚と性」について著者アルテイシア氏とニコニコチャンネルにて対談。2013年1月にTwitterアカウントを開設。2019年2月から「Hatena Blog(はてなブログ)」にてブログを執筆、日々のことやハマっている作品などについて書いている。2018年9月から「note」にて「乙女の聖典~女子こそ読みたい「刃牙」シリーズ」を連載。

「金田淳子」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

男だってBLが好き! やおい研究家・金田淳子さんに、「男子に勧めたいBL」を聞いた!

男だってBLが好き! やおい研究家・金田淳子さんに、「男子に勧めたいBL」を聞いた!

やおい研究家・金田淳子さん

 少年向け、少女向け、エログロ、ミステリー…。マンガにはありとあらゆるジャンルが存在する。そのなかでも、ここ最近着目されるようになったのが、主に女性作家が女性向けに男同士の恋愛を描いた「BL=ボーイズラブ」というジャンルだ。それらの作品を愛する「腐女子」たちの存在が一般に知られるようになって、久しくもある。しかしながら、マンガ好きのなかには、「BLはちょっと…」と拒否反応を示す人がいるのも事実。でも、声を大にして言おう。それはもったいないのだ!

 BLのなかには、男子や初心者が読んでもおもしろい作品がわんさか存在する。お腹を抱えて笑えるものもあれば、ページをめくるごとに涙が浮んでくるものだってある。それを知らずして、マンガ好きと言えるのか…!けれど、「じゃあ、なにを読んだらいいのやら」と疑問に思うのも確か。ということで今回は、『オトコのカラダはキモチいい』(二村ヒトシ・岡田育・金田淳子の共著/KADOKAWA)のなかで腐女子の生き様を爆発させたことでも知られる、やおい・ボーイズラブ・同人誌研究家の金田淳子さんにインタビ…

全文を読む

「金田淳子」のおすすめ記事をもっと見る

「金田淳子」の本・小説

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫)

オトコのカラダはキモチいい (角川文庫)

作家
二村ヒトシ
岡田育
金田淳子
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-12-21
ISBN
9784041058756
作品情報を見る
『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ

『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ

作家
金田淳子
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-26
ISBN
9784309028439
作品情報を見る

「金田淳子」人気の作品ランキングをもっと見る

「金田淳子」の関連画像・写真

「金田淳子」の関連画像・写真をもっと見る