読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

原田宗典

職業・肩書き
作家
ふりがな
はらだ・むねのり

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1983年
月刊プレイボーイ短篇小説賞 グランプリ
1984年
『おまえと暮らせない』第8回すばる文学賞 入選
1985年
第53回毎日広告賞 特選2席
1986年
朝日広告賞 準賞

「原田宗典」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

突如、ぼくの体から猛烈な異臭が!? “臭い”をめぐる切なくも可笑しい異色の冒険譚!

突如、ぼくの体から猛烈な異臭が!? “臭い”をめぐる切なくも可笑しい異色の冒険譚!

ある日、無嗅覚症の“ぼく”の体から、異臭が漂い始めた。まともに嗅いだものは、みな嘔吐せずにいられないほど強烈な悪臭だ。 当然、“ぼく”は一刻も早く何とかしようと躍起になるのだが、奮闘むなしく事態は悪化するばかり。そこへ、突然2人の天才少年が現れ、物語は予想もしなかった方向へと大きく動き始める…。 涙と笑いと興奮に満ち満ちた、ノンストップ傑作巨編! 本作は、文庫本にして400ページ以上あるなかなかの長編だ。正直なことを言えば、最初はiPhoneで読むことに少なからず抵抗があった(だって、なんかしんどそうだし…)。 が、そんな心配もどこへやら。 気づけばまんまと一晩で読了し、今となっては「iPhoneで読むほうがいいかもね、手が疲れないし」なんていけしゃあしゃあと人に薦めたりもしている。 いや、別にことさら電子書籍を賞賛しているつもりもなくて、「強いコンテンツはどんなメディアを通そうが、色褪せることはない」ということを改めて思い知らされたというわけです、この『スメル男』に。ユーモア溢れる筆致に、個性的で温もりを感じさせるキャラクター。 …

全文を読む

「原田宗典」のレビュー・書評をもっと見る

「原田宗典」の本・小説

吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-

吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-

作家
筒井康隆
平山夢明
中島らも
原田宗典
武者小路実篤
谷川俊太郎
森鴎外
小谷野敦
室生犀星
中谷孝雄
結城昌治
開高健
車谷長吉
穂村弘
しんくわ
寺井龍哉
みうらじゅん
横尾忠則
澁澤龍彦
三島由紀夫
川端康成
バカリズムのオールナイトニッポンGOLD
出版社
キノブックス
発売日
2018-07-29
ISBN
9784909689078
作品情報を見る
メメント・モリ

メメント・モリ

作家
原田宗典
出版社
新潮社
発売日
2015-11-20
ISBN
9784103811060
作品情報を見る
ぜつぼうの濁点

ぜつぼうの濁点

作家
原田宗典
柚木沙弥郎
出版社
教育画劇
発売日
2006-07-01
ISBN
9784774607030
作品情報を見る

「原田宗典」人気の作品ランキングをもっと見る

「原田宗典」の関連画像・写真

「原田宗典」の関連画像・写真をもっと見る