KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

呉勝浩

呉勝浩
職業・肩書き
作家
ふりがな
ご・かつひろ

「呉勝浩」のおすすめ記事・レビュー

「2023年本屋大賞」決定!! 大賞は凪良ゆう『汝、星のごとく』 全ノミネート作の順位を発表!

「2023年本屋大賞」決定!! 大賞は凪良ゆう『汝、星のごとく』 全ノミネート作の順位を発表!

『汝、星のごとく』で「2023年本屋大賞」を受賞した凪良ゆうさん

 全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞2023」の受賞作が4月12日決定した。

 20回目となる今回のノミネート作品10作の中から大賞に選ばれたのは、凪良ゆう氏の『汝、星のごとく』(講談社)!

2023年本屋大賞受賞作 『汝、星のごとく』(凪良ゆう/講談社)

『汝、星のごとく』(凪良ゆう/講談社)

【あらすじ】 風光明媚な瀬戸内の島。高校時代に恋人同士になった暁海と櫂。卒業後、次第に広がるふたりの間の溝……。途方もない痛みを抱えながら、それでも自分の人生をつかもうとあがくふたりの姿は、きっと、不器用で正しく生きられない私たちにとって、新たな救いとなるに違いない。

【著者プロフィール】 凪良ゆう●京都市在住。2007年に初著書が刊行されデビュー。BLジャンルでの代表作に21年に連続TVドラマ化された「美しい彼」シリーズなど多数。17年に『神さまのビオトープ』(講談社タイガ)を刊行し高い支持を得る。19年に『流浪の月』と『わたしの美しい庭』を刊行。20年『流浪の月』で本…

全文を読む

本日発表! 「本屋大賞2023」を受賞するのはどの作品? ノミネート10作総ざらい

本日発表! 「本屋大賞2023」を受賞するのはどの作品? ノミネート10作総ざらい

 いよいよ本日4月12日(水)、「本屋大賞2023」が発表される。全国の書店員が選ぶ「いま一番売りたい本」を決めるこの賞のノミネート作は今年も個性豊か。ハラハラドキドキのミステリーがあれば、胸を締め付けるラブストーリーも、人を感動に導く希望の物語もある。一体、どの作品が受賞するのか。大賞発表前にノミネート10作をおさらいしよう。

全文を読む

BOOK☆WALKERで話題の文芸作品をおトクに読もう! コイン最大70%還元キャンペーンを3月16日まで実施!

BOOK☆WALKERで話題の文芸作品をおトクに読もう! コイン最大70%還元キャンペーンを3月16日まで実施!

 BOOK☆WALKERでは、2023年2月13日までに配信された文芸作品の購入で、購入額の50%のコインを還元するキャンペーンを実施中だ。さらに対象作品を税抜き2万円以上購入すると、本キャンペーン購入額の20%分のコインを後日進呈する。

 対象作品は、BOOK☆WALKERで2022年文芸作品ジャンルのランキング上位作品『私の幸せな結婚 六』『黒牢城』や、「このミステリーがすごい!」(2023年版)受賞作の『爆弾』『方舟』など、そうそうたる作品をラインナップ。期間は3月16日(木)まで。話題作はもちろん、高単価作品やシリーズものをおトクに読めるこの機会をお見逃しなく!

文芸作品 コイン最大70%還元キャンペーン

全文を読む

『このミステリーがすごい!2023年版』国内編1位は、呉勝浩氏『爆弾』! 「随所に新しい試みがあった」とファン大絶賛

『このミステリーがすごい!2023年版』国内編1位は、呉勝浩氏『爆弾』! 「随所に新しい試みがあった」とファン大絶賛

『爆弾』(呉勝浩/講談社)

 2022年12月5日、『このミステリーがすごい! 2023年版』(宝島社)国内編のランキングが発表された。栄えある第1位となったのは、2022年4月20日に発売された呉勝浩氏のミステリー小説『爆弾』(講談社)。全国の書評家・書店員からも絶賛の声が相次ぐ、No.1ミステリの内容とは…。

『このミステリーがすごい! 2023年版』(『このミステリーがすごい!』編集部,宝島社)

『このミステリーがすごい!』は、34年続く新作ミステリーランキングブック。国内と海外のミステリー小説ベスト20がランキング形式で紹介され、ミステリ―小説好きはもちろん、各業界人も注目の、年末恒例の1冊となっている。『このミステリーがすごい!2023年版』では、巻頭で『ジョジョの奇妙な冒険』35周年を記念した『岸辺露伴は動かない』特集のほか、西村京太郎さん追悼企画の掲載もあり、充実の内容だ。

 そして今回、国内編ランキングのトップ10に入ったのは、以下の作品。

1位『爆弾』(呉勝浩/講談社) 2位『名探偵のいけにえ-人民教会殺人事件-』(白井智之/新潮社)…

全文を読む

執筆の原動力は、「怒り」。ムカつきが創作意欲を駆り立てる──小説家・呉勝浩インタビュー

執筆の原動力は、「怒り」。ムカつきが創作意欲を駆り立てる──小説家・呉勝浩インタビュー

『爆弾』(呉勝浩/講談社)

『羊たちの沈黙』『CURE』のようなサイコサスペンスと、『ダイ・ハード3』のスピード感を掛け合わせたら……。小説家・呉勝浩さんの最新刊『爆弾』(講談社)は、そんな着想から生まれたノンストップ・ミステリー。『スワン』『おれたちの歌をうたえ』に続く、自身の集大成だと呉さんは語る。

 そんな呉さんのデビューは、2015年のこと。第61回江戸川乱歩賞を受賞した『道徳の時間』を皮切りに、事件の解明にとどまらず、人間の深奥を鋭く見据え、本性を引きずりだすようなミステリー、それでも自らを信じて抗おうとする人物を描いてきた。特に近年はギアを一段上げ、2018年には『白い衝動』で第20回大藪春彦賞、2020年には『スワン』で第41回吉川英治文学新人賞と第73回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞。昨年は『おれたちの歌をうたえ』が第165回直木三十五賞候補にノミネートされるなど、高い評価を受けている。

 果たして、呉さんの創作の原動力はどこからきているのか。その源泉をたどっていく。

(取材・文=野本由起)

(C)村田克己 これまでの積み…

全文を読む

意識したのは、『羊たちの沈黙』×『ダイ・ハード3』。爆弾魔が東京を揺るがす、ノンストップ・ミステリー──『爆弾』呉勝浩インタビュー

意識したのは、『羊たちの沈黙』×『ダイ・ハード3』。爆弾魔が東京を揺るがす、ノンストップ・ミステリー──『爆弾』呉勝浩インタビュー

『爆弾』(呉勝浩/講談社)

 些細な傷害事件で、冴えない中年男が捕まった。その男──スズキタゴサクは、取り調べのさなかに「10時に秋葉原で爆発がある」と予言する。当初は警察も「酔っ払いの戯言」だと軽く見ていたが、スズキの予言どおりに爆発が発生。血相を変える刑事たちを前に、スズキはひょうひょうと予言を重ねる。「ここから3度、次は1時間後に爆発します」。果たして、この男は何者か。警察は爆発を食い止めることができるのか。

 呉勝浩さんの『爆弾』(講談社)は、爆弾魔と対峙するノンストップ・ミステリー。へらへら笑って自分を卑下しながら、悪意を漲らせるスズキタゴサクはどのようにして生まれたのか。執筆の動機、群像劇にした理由について話を伺った。

(取材・文=野本由起)

(C)村田克己

ノンストップ・エンタメに、超越的な悪役を入れることで化学反応を起こしたい

──『スワン』『おれたちの歌をうたえ』に続いて、とてつもない作品を執筆されましたね。まずは、この小説が生まれた経緯についてお聞かせください。

呉勝浩さん(以下、呉):『おれたちの歌をうたえ』を書いている最中に、講談社から…

全文を読む

第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

第165回芥川賞は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』、直木賞は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定!

 第165回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は7月14日(水)、都内で開催され、「芥川龍之介賞」は石沢麻依『貝に続く場所にて』、李琴峰『彼岸花が咲く島』に、「直木三十五賞」は佐藤究『テスカトリポカ』、澤田瞳子『星落ちて、なお』に決定した。

【第165回芥川賞受賞作品】

『貝に続く場所にて』(石沢麻依/講談社)

『貝に続く場所にて』(石沢麻依/講談社)

【あらすじ】 コロナ禍が影を落とす異国の街に、9年前の光景が重なり合う。静謐な祈りをこめて描く鎮魂の物語。 ドイツの学術都市に暮らす私の元に、震災で行方不明になったはずの友人が現れる。人を隔てる距離と時間を言葉で埋めてゆく、現実と記憶の肖像画。

【プロフィール】 石沢麻依(いしざわ・まい)●1980年、宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、ドイツ在住。2021年、「貝に続く場所にて」で第64回群像新人文学賞を受賞。

『彼岸花が咲く島』(李琴峰/文藝春秋)

『彼岸花が咲く島』(李琴峰/文藝春秋)

【あらすじ】 記憶を失くした少女が流れ着いたのは、ノロが統治し、男女が違う…

全文を読む

昭和・平成を振り返って未来を見る――呉勝浩の新たな代表作が登場!『おれたちの歌をうたえ』《インタビュー》

昭和・平成を振り返って未来を見る――呉勝浩の新たな代表作が登場!『おれたちの歌をうたえ』《インタビュー》

呉 勝浩 ご・かつひろ●1981年、青森県生まれ。大阪芸術大学卒。2015年に『道徳の時間』で第61回江戸川乱歩賞を獲得し作家デビューを果たす。受賞歴に『白い衝動』で第20回大藪春彦賞、『スワン』で第41回吉川英治文学新人賞及び第73回日本推理作家協会賞長編および連作短篇集部門。ミステリー界の次代を担う作家として期待される存在である。

   吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞を獲得した『スワン』に続く呉勝浩の最新作『おれたちの歌をうたえ』は、過去に遡る事件小説であり、謎解き小説の要素もあり、さらに教養小説としての側面も備わった、実に贅沢な娯楽大作だ。 「自作では過去最長です。その分量をどこまでエンターテインメントにできるかが勝負どころでした」  執筆のきっかけは、好きな作品と公言していた藤原伊織『テロリストのパラソル』への挑戦を編集者に提案されたことだという。1960年代の学生運動でドロップアウトした男が事件に関わることで自分の人生を取り戻していくという藤原作品の構造は、本作にも大きな影響を与えている。呉はここにスティーヴン・キング『…

全文を読む

「呉勝浩」のおすすめ記事をもっと見る

「呉勝浩」のレビュー・書評をもっと見る

「呉勝浩」の本・小説

素敵な圧迫

素敵な圧迫

作家
呉勝浩
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-08-30
ISBN
9784041138601
作品情報を見る
Q

Q

作家
呉勝浩
出版社
小学館
発売日
2023-11-08
ISBN
9784093866996
作品情報を見る
スワン (角川文庫)

スワン (角川文庫)

作家
呉勝浩
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-07-21
ISBN
9784041127575
作品情報を見る
爆弾

爆弾

作家
呉勝浩
出版社
講談社
発売日
2022-04-20
ISBN
9784065273470
作品情報を見る
白い衝動

白い衝動

作家
呉勝浩
出版社
講談社
発売日
2017-01-25
ISBN
9784062203890
作品情報を見る
蜃気楼の犬 (講談社文庫)

蜃気楼の犬 (講談社文庫)

作家
呉勝浩
出版社
講談社
発売日
2018-05-15
ISBN
9784062939157
作品情報を見る

「呉勝浩」人気の作品ランキングをもっと見る

「呉勝浩」の関連画像・写真

「呉勝浩」の関連画像・写真をもっと見る