読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

広瀬アリス

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ひろせ・ありす

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1994年、静岡県生まれ。出演作にドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』『釣りバカ日誌?新入社員 浜崎伝助?』、映画『銀の匙 Silver Spoon』『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』など多数。2017年、映画『巫女っちゃけん。』や初舞台『世界』に出演。

「広瀬アリス」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

広瀬アリス「隣にいる誰かのおかげで生かされている。AI社会でアナログを貫く先輩刑事の言葉から、それを感じた。」

広瀬アリス「隣にいる誰かのおかげで生かされている。AI社会でアナログを貫く先輩刑事の言葉から、それを感じた。」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、映画『AI崩壊』で、昔気質の先輩刑事とともに事件の真相を追う若手刑事を演じた広瀬アリスさん。“異質”なマンガに惹かれてしまうという、そのわけとは?

広瀬アリスひろせ・ありす●1994年、静岡県生まれ。モデルを経て、2010年、ドラマ『明日の光をつかめ』で昼ドラ史上最年少ヒロインに。出演作に、NHK連続テレビ小説『わろてんか』、映画『銀の匙 Silver Spoon』『旅猫リポート』など。ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』出演中。 ヘアメイク:木内真奈美(OTIE) スタイリング:朝倉 豊

「昔から、王道の物語を読んでいても、正義の味方であるヒーローではなく、陰を背負った人物のほうに惹かれてしまうんです」という広瀬さんが薦めてくれたマンガは『少女不十分』。小学生の少女Uの、とある姿を目撃してしまった大学生の“僕”が、彼女に誘拐されて監禁されるという物語。

「無表情で感情の読めないUはもちろんですが、…

全文を読む

福士蒼汰・広瀬アリス・大野拓朗が同級生に! 猫の飼い主を探しに、映画 『旅猫リポート』は感涙必至

福士蒼汰・広瀬アリス・大野拓朗が同級生に! 猫の飼い主を探しに、映画 『旅猫リポート』は感涙必至

『旅猫リポート』(有川浩/講談社)

 有川浩といえば『図書館戦争』や『植物図鑑』など、手がけた作品が数多く実写化されている人気の小説家だ。有川作品の中でも特に人気が高く、ベストセラー小説となった『旅猫リポート』の実写映画化が決定。10月26日(金)より全国ロードショーされる。

『旅猫リポート』は、主人公の青年「悟」が、交通事故にあった野良猫「ナナ」を助けたことから始まる物語だ。ナナは心優しい悟に助けられ、5年間生活を共にし幸せに暮らしてきた。

 しかしある事情で、悟はナナを飼うことができなくなってしまう――。

 悟はナナと一緒に日本各地を巡り、小学校時代の親友や高校時代の初恋の人など、悟にとって大切な人の元を訪れ、ナナの新しい飼い主を探す旅を始めた。ナナの新しい飼い主を探すために始めた旅は、悟が自らの気持ちを見つめ直し、人生を振り返る旅にもなった。

 一匹の猫と青年の、種族を超えた強い絆を感じることができる本作は、涙なしでは見ることができない感動の物語だ。

 主人公の悟を実力派若手俳優・福士蒼汰が、猫のナナの声を人気女優・高畑充希が演じる。特報映像や予告編…

全文を読む

「銃」に魅せられた彼はやがて……中村文則『銃』が村上虹郎&広瀬アリスで映画化に反響続出!

「銃」に魅せられた彼はやがて……中村文則『銃』が村上虹郎&広瀬アリスで映画化に反響続出!

『銃』(中村文則/河出書房新社)

 2002年、第34回新潮新人賞に輝いた中村文則のデビュー作『銃』の映画化が決定。ネット上では早くも反響が続出している。

 同作でデビューした中村は、2005年に『土の中の子供』で芥川賞を受賞。2010年に大江健三郎賞を受賞した『掏摸(スリ)』の英訳版『THE THIEF』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で2012年のベスト10小説に選ばれた。現在では、18カ国で翻訳本が刊行される世界的な作家となっている。

 大学生の西川トオルが拳銃を河原で偶然拾い、次第に銃の魅力に取り憑かれていく姿を描いた同作。銃の美しさに心を奪われたトオルは、いつしか銃と心の中で対話するようになり、“1人の人格”として捉えるほど心酔しきっていた―。

 主演のトオルを演じるのは、日本アカデミー賞優秀助演男優賞やキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞など、弱冠21歳にして多くの受賞歴を誇る若手俳優・村上虹郎。トオルと同じ大学に通うヒロイン・ヨシカワユウコは、7月期ドラマ「探偵が早すぎる」で主演も控えている広瀬アリスが演じる。また、トオルを追いつめる刑…

全文を読む

“やられる前に、やり返す!”前代未聞、事前を未然に防ぐ探偵!?『探偵が早すぎる』ドラマ化に期待の声続出

“やられる前に、やり返す!”前代未聞、事前を未然に防ぐ探偵!?『探偵が早すぎる』ドラマ化に期待の声続出

『探偵が早すぎる』上巻(井上真偽/講談社)

 井上真偽のミステリー小説『探偵が早すぎる』が、7月から日本テレビ系で連続ドラマになることが決定。滝藤賢一と広瀬アリスのW主演という話題性も相まり、「ぜひ見てみたかったから嬉しい!」など期待の声が上がっている。

 原作の主人公は、父の死により莫大な遺産を相続した女子高生・一華。彼女は遺産狙いの一族から命を狙われているため、使用人は探偵を雇うことになった。この探偵は、事件が起きる前にトリックを見破って犯人を特定。被害を未然に防ぐことで“史上最速の解決”をしていく―。

 滝藤は本作について、「事件が起きないということですから、起承転結の“起”がないって事ですよね。こんなことは初めてです」と少し不安な気持ちを明らかにしながらも、「これから監督とセッションして、観ている方に楽しんでいただける作品にしたいと思います」と意気込みを見せている。また、同じく主演の広瀬も「一華ちゃんには全くわからないまま事件を未然に防ぐという事なので、それもすごく楽しみです」と期待を覗かせた。

 原作ファンは実写化に喜びを隠しきれないようで、…

全文を読む

テーマは「可愛い」と「大人っぽい」の両立! 白石麻衣が『with』に初登場!

テーマは「可愛い」と「大人っぽい」の両立! 白石麻衣が『with』に初登場!

『with』7月号(講談社)

 乃木坂46の白石麻衣がカバーガールを務めた『with』7月号が、2018年5月28日(月)に発売された。

 長い間ラブコールを送り続けた同雑誌に、白石が待望の初登場。撮影は、肌寒さがまだ残る4月中旬に行われた。多忙なスケジュールの合間を縫っての撮影だったが、旧知のスタッフが多い現場だったためスタジオ入りした瞬間から“まいやんスマイル”が。

 スタイリングのテーマは「可愛い」と「大人っぽい」の両立。白石自身がまさに『with』読者と同世代ということで、自身の服選びでもこのテーマは大事な問題なのだという。インタビューでは、白石が最近気になるファッションについて答えている。撮影風景が垣間見られるスペシャル動画も必見だ。

◆「まいやん直筆サイン入りポストカード」が当たるSNSキャンペーン実施中! https://withonline.jp/entertainment/ent-osyareol/NTivX  白石の特集だけではなく、夏に向けた企画も充実。AAA宇野実彩子とヘアメイクpaku☆chanのメイク特集や広瀬アリスの「…

全文を読む

山崎賢人、広瀬アリス主演で初の実写化も! 累計230万部突破、米澤穂信による大人気学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズに迫る一冊

山崎賢人、広瀬アリス主演で初の実写化も! 累計230万部突破、米澤穂信による大人気学園ミステリー小説〈古典部〉シリーズに迫る一冊

 累計230万部を突破した、米澤穂信による学園ミステリー〈古典部〉シリーズ初の映画化作品、映画『氷菓』が山崎賢人(※崎は正しくはたちさき)、広瀬アリス主演で11月3日(金)より公開される。

『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞、『満願』『王とサーカス』では「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「ミステリが読みたい!」で1位、史上初ミステリーランキング2年連続3冠を獲得した、人気ミステリー作家・米澤穂信。そんな米澤のデビュー作であり、その後6作品までが刊行されている〈古典部〉シリーズの幕開けとなったのが、今回映画化される『氷菓』だ。

 主人公は「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーとする“省エネ”少年・折木奉太郎。奉太郎は姉の命令で、高校入学と同時に部員ゼロの古典部に入らされる。そこで出会ったのは、清楚だが大きな瞳におさえきれない好奇心がにじむ少女・千反田える。中学校からの友人、福部里志と伊原摩耶花も古典部に加わり、奉太郎は仲間に依頼され、さ…

全文を読む

アメトーーク! 「本屋でマンガ大好き芸人」が大好評「年1ペースでやって欲しい企画」

アメトーーク! 「本屋でマンガ大好き芸人」が大好評「年1ペースでやって欲しい企画」

『ワンパンマン』13巻(著:村田雄介、原作:ONE/集英社)

 2017年6月29日(木)に放送されたトーク番組「アメトーーク!」では、「本屋でマンガ大好き芸人」としてマンガ好きな芸能人がトークを繰り広げた。『HUNTER×HUNTER』や『ワンパンマン』など人気漫画が次々に登場したこの企画に「マイナーどころまで出てきて面白いwww」「年1ペースでやって欲しい企画」など反響の声が続出している。

 同企画は、本屋へロケに赴いて実際に漫画を手にとりながら、おススメのマンガや好きなキャラクターなどを語り合うというもの。MCの宮迫博之、蛍原徹に加え、ケンドーコバヤシ、有吉弘行、麒麟の川島明、そして広瀬アリスの4人がゲストとして登場。マンガ雑誌や単行本についてそれぞれのこだわりを明かした。

 広瀬アリスは毎週購読しているマンガ雑誌に『ヤングジャンプ』『ヤングマガジン』『マガジン』『ジャンプ』を挙げ、さらにウェブコミックで読んでいる『ワンパンマン』が面白いと熱弁。蛍原がどういう作品か尋ねると、広瀬の代わりにケンコバが「小峠の話です」と、主人公をバイきんぐ・小峠英…

全文を読む

広瀬アリス、お風呂で漫画を10冊一気読み!『マガジン』で漫画大好きエピソードを披露!

広瀬アリス、お風呂で漫画を10冊一気読み!『マガジン』で漫画大好きエピソードを披露!

『週刊少年マガジン』21・22合併号(講談社)

 2017年4月26日(水)発売の『週刊少年マガジン』21・22合併号に広瀬アリスのグラビアが掲載。漫画好きで知られる広瀬が漫画にまつわるエピソードを語っている。

 「キレイ過ぎるお姉さん」というコンセプトで撮影された今回のグラビア。愛犬「ぱーふー」と共に映った写真や、ジェンガで遊ぶ様子など、さまざまな表情の広瀬を堪能できる。今回の衣装はかなり露出抑え目で、全体的に清楚な雰囲気。これには「水着じゃないグラビアもまたそそられるな」「自然な雰囲気がたまらない!」「こんなお姉さんが近所にいたらなぁ」と絶賛の声が。

 また、インタビューでは大好きな漫画についてコメント。2時間ほどお風呂に入っている間に10冊くらい一気読みすることもあるそう。漫画の購入の決め手は直感がほとんどで、表紙の絵、帯、あらすじなどで選んでいるとのこと。

 また、ドラマ「釣りバカ日誌」にも言及。ドラマ「釣りバカ日誌」は、これまで映画などで西田敏行が演じてきた主人公“ハマちゃん”こと浜崎伝助を濱田岳が演じ、その西田は“スーさん”こと鈴木一之助役を…

全文を読む

「広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬アリス」の本・小説

ありすずです。 (玄光社MOOK CM NOW別冊)

ありすずです。 (玄光社MOOK CM NOW別冊)

作家
広瀬アリス
広瀬すず
出版社
玄光社
発売日
2017-12-15
ISBN
9784768309230
作品情報を見る

「広瀬アリス」人気の作品ランキングをもっと見る

「広瀬アリス」の関連画像・写真

「広瀬アリス」の関連画像・写真をもっと見る