読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

溝端淳平

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
みぞばた・じゅんぺい

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1989年和歌山県生まれ。2006年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。07年より、テレビドラマ、舞台、映画と多岐にわたり活躍する。主な出演舞台に『NECK』『スマートモテリーマン講座』など。

「溝端淳平」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

坂本浩一監督&溝端淳平主演「破裏拳ポリマー」実写映画化決定に「期待しかないです!」と興奮の声続出

坂本浩一監督&溝端淳平主演「破裏拳ポリマー」実写映画化決定に「期待しかないです!」と興奮の声続出

(C)タツノコプロ

 アニメ「ガッチャマン」「キャシャーン」「タイムボカン」シリーズなどを生み出したタツノコプロが2017年で創立55周年を迎えることを記念して、アニメ「破裏拳ポリマー」の実写映画を2017年5月に公開することを決定した。監督を「仮面ライダーW」や「仮面ライダーフォーゼ」などの人気特撮作品を多数手掛ける坂本浩一が務めるということで、ファンからは「うおぉぉぉ! 坂本監督とか期待しかないです!」と興奮の声が上がっている。  「破裏拳ポリマー」は1974年10月から1975年3月までテレビで放映されていたSFアクションヒーローアニメ。カンフーなど格闘技の要素を大胆に取り入れた肉弾アクションが話題を呼び、その独特な存在感から異端のヒーローとして熱狂的なファンを抱えている。また「ガッチャマン」や「キャシャーン」の流れを受け継ぎながら、コメディの要素を取り入れたことでも好評を博した。  実写化に際し、元ストリートファイターで探偵、そして奥義“破裏拳(はりけん)”を操る拳法の達人という主人公・鎧武士(よろいたけし)を演じるのは、今回アクションに初…

全文を読む

チャンミン×妻夫木のBL映画!? 『黄金を抱いて翔べ』はBLだった

チャンミン×妻夫木のBL映画!? 『黄金を抱いて翔べ』はBLだった

 監督・井筒和幸、主演・妻夫木聡で11月3日から公開される映画『黄金を抱いて翔べ』が、早くも話題を集めている。

 髙村薫の小説が原作のこの映画は、裏社会相手の調達屋である主人公・幸田(妻夫木)が、友人の北川(浅野忠信)から銀行の金塊を強奪する計画を持ちかけられ、銀行のシステムエンジニアの野田(桐谷健太)や留学生を装った北朝鮮スパイのモモ(チャンミン)、北川の弟にあたる春樹(溝端淳平)、元エレベーター技師の爺ちゃん(西田敏行)らとともに金塊奪取に挑む……というストーリー。手に汗握る本格サスペンスの映像化、さらに豪華キャストが揃ったこともあり期待は高まるが、映画公開に向けてとくに盛り上がっているのは、なんとBL界隈。じつは髙村薫は、サスペンス小説好きのみならず、BL的な設定・描写でBLファンからも熱烈な支持を受けており、なかでもこの『黄金を抱いて翔べ』は、主人公の幸田とモモのカップリングに萌える人が続出した“名作”。実は、あの羽海野チカも髙村作品の同人マンガをいくつも描いており、なかでも『黄金を抱いて翔べ』は近年ネットオークションで高額取引されるほど…

全文を読む

「溝端淳平」のおすすめ記事をもっと見る

「溝端淳平」の関連画像・写真

「溝端淳平」の関連画像・写真をもっと見る