読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「高屋奈月」のレビュー・書評

『フルーツバスケット』透はどうして“彼”を選んだ? 少女マンガの「本命と当て馬」論

『フルーツバスケット』透はどうして“彼”を選んだ? 少女マンガの「本命と当て馬」論

『フルーツバスケット』(高屋奈月/白泉社)  この春、再びアニメ化することになった、高屋奈月原作の漫画『フルーツバスケット』(白泉社)。両親を亡くし、アルバイトをしながら自活する逞しい女子高生、本田透と、十二支の物の怪に憑かれた草摩家の人々との心のふれあいを描いた物語で、累計発行部数はなんと、3000万部。少女漫画史に残る大ヒット作です。  笑いあり、涙ありのストーリーの結末は、誰もが認める大団円。見事なフィナーレでした。  その一方で、ファンの…

もっと見る

乙女心くすぐること間違いなし! 胸きゅん120%の十二支ファンタジー

乙女心くすぐること間違いなし! 胸きゅん120%の十二支ファンタジー

私事でごめんなさい。だいっっすきなんですよ、このマンガ! 連載開始から『花とゆめ』本誌でずっと追いかけ続け、コミックも全巻そろえて何度も読んでいるのに、今回、電子でまた大人買い&一気読みしてしまいました……。 人の心の機微を丁寧に描いた、優しくて切なくて、それでいてギャグに笑えて、胸きゅんで死にそうになる。乙女心くすぐること間違いなしのコミックです! 異性に抱きつかれると動物に変身してしまうという十二支の呪いを受けた草摩一族。母を亡くして、どういう経緯かテント…

もっと見る